【重要】BitMEX:日本居住者のサービス利用「禁止」へ|5月からアクセス制限

by BITTIMES   

仮想通貨取引所「BitMEX(ビットメックス)」は2020年4月28日に、日本居住者のアクセスを2020年5月1日から制限することを発表しました。これにより、5月以降はBitMEXに新規登録したり、新規ポジションを取得したりすることはできなくなります。

こちらから読む:BITMAX、LINE Payからの入金手数料を無料化「取引所」関連ニュース

法改正に伴い「日本居住者のアクセス」を制限

BitMEX(ビットメックス)は2020年4月28日のブログ投稿で『2020年5月1日をもって日本居住者のアクセスを制限する』と発表しました。新規登録に関しては「日本時間2020年4月30日23時00分から」、既存ユーザーに関しては「日本時間2020年5月1日00時00分から」アクセスが制限されることになっています。

アクセス制限が適用されることによって、日本に住む人々はBitMEXで取引することができなくなり、既にBitMEXに登録しているユーザーも新規ポジションを取得したり、既存のポジションを拡大する取引を発注できなくなります。

ただし『既に保有しているポジションが影響を受けることはない』とも説明されており、『それらのポジションは関連する契約約款に従い継続される』と補足されています。

今回の対応は「金融商品取引法」と「資金決済法」が2020年5月1日に改正されることを受けて決定されたものであり、BitMEXは『暗号資産商品に関して規範を定立し、急速に拡大するアセットクラスの発展を支えようとされる当局の努力を支持する』と述べています。

また、BitMEXはこれに合わせて『当局との協議を継続したいと考えている』とも述べており、進展があった場合は改めて報告すると説明されています。

>>「BitMEX」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットメイン:モンゴル施設内の「マイニングマシン1万台」が行方不明に

ビットメイン:モンゴル施設内の「マイニングマシン1万台」が行方不明に

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

乗車するとNFTがもらえる「JobTribesタクシー」2週間限定で都内を走行:DEA社

乗車するとNFTがもらえる「JobTribesタクシー」2週間限定で都内を走行:DEA社

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

日本を世界的「ブロックチェーン・リーダー」に:元マウントゴックスCEO

日本を世界的「ブロックチェーン・リーダー」に:元マウントゴックスCEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説