Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

by BITTIMES

カルダノ財団(CardanoFoundation)は2020年4月30日に、カルダノコミュニティの発展・教育を促進するための「アンバサダープログラム"第2弾"」を開始しました。カルダノ財団の公認アンバサダーとして認定を受けた人々は、カルダノコミュニティの成長・発展につながる活動を行うことによって「金銭的報酬」と「非金銭的報酬」の両方を受けることができるとされています。

こちらから読む:BINANCEで"ADAの貸出"が可能に「Cardano」関連ニュース

カルダノの「アンバサダープログラム」とは

カルダノ財団(CardanoFoundation)が開催している「アンバサダープログラム」は、カルダノプロジェクトに関するコミュニティの理解を深め、技術採用を促進することなどを目的として2018年に開始されたプロジェクトであり、カルダノプロジェクトに関する様々な情報を世界各国で発信する大使が募集されています。

公式発表によると「このプログラムでは現時点で世界26ヵ国に住む様々な年齢・職業の個人58名が認定されている」と報告されていますが、過去2年間で"アンバサダー認定"を受けるために申請を行なった個人の数は100人を超えるとのことです。

アンバサダーとして正式に認定を受けた個人は、カルダノコミュニティのさらなる発展を支援するために「様々な言語で作成された関連コンテンツの作成・翻訳」などを含めた様々な手段を通じてCardanoの採用を促進することになります。

コミュニティの関わり・成長をさらに強化

今回発表された"フェーズ2"には「金銭的報酬」と「非金銭的報酬」の両方が含まれているため、認定されたアンバサダーは仮想通貨カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)で報酬を受け取ることができるとのことです。

カルダノ財団のHinrich Pfeifer(ヒンリヒ・プファイファー)氏は『アンバサダープログラム第2弾を通じてアンバサダーの貢献に報酬を付与することによってアンバサダーとカルダノの絆を強め、コミュニティの関わりと成長をさらに強化したいと考えている』と説明しており、『アンバサダープログラムの最新フェーズは、コミュニティの拡大とその将来の重要なマイルストーンになる』と述べています。

日本でもすでに複数の個人がカルダノ財団から"公式アンバサダー"として認定を受けており、公式アンバサダーの1人である「YUTA氏(@yuta_cryptox)」は、TwitterやYouTubeなどを通じて定期的にカルダノ関連の情報を初心者にもわかりやすく配信しています。

>>「カルダノ財団」の公式発表はこちら

2020年5月1日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格はここ最近の上昇によって先日30日には5.80円まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年5月1日時点では「1ADA=5.35円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年4月1日〜2020年5月1日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月1日〜2020年5月1日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

5年後、世界中で「現金使用禁止」に?仮想通貨の需要増加は中国・インドから:Arthur Hayes

5年後、世界中で「現金使用禁止」に?仮想通貨の需要増加は中国・インドから:Arthur Hayes

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

ビットコインは今後どこまで下がるのか?著名トレーダーのBTC価格予想

ビットコインは今後どこまで下がるのか?著名トレーダーのBTC価格予想

OpenSea:Seaportで「Polygon・MATIC」をサポート|複数の新機能を追加

OpenSea:Seaportで「Polygon・MATIC」をサポート|複数の新機能を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

カナダの上場企業「ビットコイン財務戦略」を採用|約11億円相当のBTC購入報告も

カナダの上場企業「ビットコイン財務戦略」を採用|約11億円相当のBTC購入報告も

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

OKCoinJapan:ネオ(NEO)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:ネオ(NEO)取扱いへ【国内初上場】

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

ビットトレード:アプトス(APT)・トンコイン(TON)取扱いへ

ビットトレード:アプトス(APT)・トンコイン(TON)取扱いへ

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

Base Dawgzが2週間で170万ドル達成!一部の投資家は今後の大きな成長を予想

Base Dawgzが2週間で170万ドル達成!一部の投資家は今後の大きな成長を予想

コインチェック:BRILのIEO「過去最高の申込金額」を記録|NFT先着販売は明日から

コインチェック:BRILのIEO「過去最高の申込金額」を記録|NFT先着販売は明日から

ゲーム特化型仮想通貨、弱気相場でも驚異的なパフォーマンス|PlayDogeのICOは500万ドル達成間近

ゲーム特化型仮想通貨、弱気相場でも驚異的なパフォーマンス|PlayDogeのICOは500万ドル達成間近

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

ビットレンディング:金連動型暗号資産キンカゴールド(Kinka Gold/XNK)取扱開始

ビットレンディング:金連動型暗号資産キンカゴールド(Kinka Gold/XNK)取扱開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す