ブロックチェーンで「音楽作品の独創性」を検証・記録|アリババが米国で特許取得

by BITTIMES

中国のeコマース大手である「Alibaba(アリババ)」が、音楽業界で重要な課題となっている"盗用問題"を解決することを目的としたブロックチェーンソリューションの特許を米国で取得したことが明らかになりました。

こちらから読む:大手会計事務所がEOSの技術を活用「ブロックチェーン」関連ニュース

ブロックチェーンで音楽作品の「著作権侵害」を防止

米国特許商標庁(USPTO)が2020年4月21日に公開したAlibabaの特許技術に関する資料には「ブロックチェーンを基盤とした音楽の独創性分析方法と装置」という見出しが付けられており、音楽作品の独創性を分析した上でそれらの分析結果をブロックチェーン上で管理・活用する方法が説明されています。

具体的には、検証ノードが曲の歌詞やテンポなどといった様々なデータを分析し、得られたデータを音楽カタログと比較することによって楽曲がオリジナル作品がどうかを判断する仕組みが採用されています。

ブロックチェーン技術はそれらのデータを記録するためなどに活用されており、記録されたデータを活用しながら様々な音楽的要因を分析するその他のノードで一連のプロセスを繰り返すことによって最終的に楽曲の独創性が検証できる仕組みとなっています。

Alibabaは「現在の音楽業界には、盗作や模倣された作品を識別するために使用できるプラットフォームはまだ存在していないため、音楽作品の数がこれからさらに増加すると音楽作品の著作権を保護するのが難しくなる」と指摘しており、同社が開発した特許技術を使用すれば、著作権侵害につながる楽曲盗用などの問題を防ぐことができると説明してます。

>>「公開された特許資料」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coincheck IEO第2弾:FiNANCiEの「フィナンシェトークン」発売へ

Coincheck IEO第2弾:FiNANCiEの「フィナンシェトークン」発売へ

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

韓国の新韓銀行「ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会」に参加

韓国の新韓銀行「ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会」に参加

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「クロスリンク」スマホアプリ正式リリース

放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「クロスリンク」スマホアプリ正式リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説