Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

by BITTIMES   

株式会社ソニー・ミュージックエンターテインメント(SME)は、音楽の権利情報処理システムに「Amazon Managed Blockchain」を採用したことを発表しました。同社は改ざんができないという特徴を持つブロックチェーン技術を利用することで、クリエイターの権利を維持しながら生産性を上げ、楽曲を生み出せる環境を作り出します。

こちらから読む:ブロックチェーン活用は音楽以外の分野でも「ソニー」関連ニュース

ブロックチェーンで「楽曲の権利」を保護

Amazon(アマゾン)の関連会社である「アマゾンウェブサービスジャパン株式会社」は、2019年6月11日に「株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)」が音楽権利情報処理を容易かつ効率的に行うためのシステム基盤に「Amazon Managed Blockchain」を採用することを発表しました。

楽曲の権利保護で「Amazon Managed Blockchain」を採用しなかった場合、クリエイターは楽曲制作の他にコンテンツの権利処理にリソースを割かれてしまうため「創作活動に専念できない」という問題がありました。

しかし「Amazon Managed Blockchain」を導入すれば、楽曲の権利情報を改ざんできないようすることができるため、人手を煩わせることなく自動的に権利を保護することができるようになり、クリエイターは複雑な権利関係の処理に頭を悩ますことなく、楽曲などのコンテンツ制作に没頭することができます。

これにより生産性を向上させることができるだけでなく、よりヒットする楽曲や新世代のクリエイターを輩出することができると期待されています。

「Amazon Managed Blockchain」を選んだ理由とは?

「Amazon Managed Blockchain」は、スケーラブルなブロックチェーンネットワークを構築できるフルマネージド型のサービスです。本来、ブロックチェーンを構築しようとすると複雑な作業を必要としますが「Amazon Managed Blockchain」を利用すれば、わずか数回のクリックでブロックチェーンを構築することができます。

このシステムはソニーミュージックのような音楽業界のデジタルコンテンツの管理のみならず、仮想通貨のような金融取引の自動化をはじめ、医療分野では電子カルテの履歴管理、製造業のサプライチェーンのトレサビリティー管理でも使われています。

ソニーミュージックグループ全体の情報システムを推進・支援している「株式会社ソニー・ミュージックアクシス」の佐藤 亘宏(さとう のぶひろ)氏は「Amazon Managed Blockchain」を採用した理由について次のように語っています。

SMEが、AWSを利用している理由は、絶えずサービスコストを大幅に削減しながら、高度かつ最新技術を使ったサービスと充実したサポートを提供し続けてくれているからです。SMEは以前から、クリエイターと音楽の権利情報を守りたいと考えていましたが、AWSからAmazon Managed Blockchainが提供されたことから、本システムの開発を決断いたしました。

Amazon Managed Blockchainは高いセキュリティと可用性、柔軟性を兼ね備えていること、また他社と比較した場合に安価で開発できることが採用の決め手となりました

ブロックチェーン技術は現在、様々な企業によって開発が進められていますが、このようなシステムを1から構築するには多大な労力が必要となります。しかし現在は「技術者が不足している」とも言われているため、簡単にブロックチェーン技術を活用することができる「Amazon Managed Blockchain」のサービスは今後も幅広い分野で活用されていくことになると予想されます。

SMEがこれから展開していくブロックチェーン技術を用いたサービスとともに、「Amazon Managed Blockchain」のさらなる普及にも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

FXcoin:国内初の「XRPベース取引」開始|ビットコインキャッシュ(BCH)の取扱いも

FXcoin:国内初の「XRPベース取引」開始|ビットコインキャッシュ(BCH)の取扱いも

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

JPYC決済用いた徳島県海陽町へのふるさと納税「延期」を発表:JPYC株式会社

JPYC決済用いた徳島県海陽町へのふるさと納税「延期」を発表:JPYC株式会社

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

Huobi Japan:2,000円分の暗号資産がもらえる「のりかえ・おかえりキャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円分の暗号資産がもらえる「のりかえ・おかえりキャンペーン」開始

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

BINANCE:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

BINANCE:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

SBI VCトレード(旧TAOTAO)「暗号資産積立サービス」提供開始|主要通貨3銘柄に対応

SBI VCトレード(旧TAOTAO)「暗号資産積立サービス」提供開始|主要通貨3銘柄に対応

GMOコイン:1日に最大1億円の日本円を出金できる「大口出金」サービス提供開始

GMOコイン:1日に最大1億円の日本円を出金できる「大口出金」サービス提供開始

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」提供へ|報酬は最大年率8.88%

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」提供へ|報酬は最大年率8.88%

canow「日本モノバンドル」と業務提携|NFT実装〜トークンマーケティングまで一貫支援

canow「日本モノバンドル」と業務提携|NFT実装〜トークンマーケティングまで一貫支援

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月9日〜15日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月9日〜15日

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す