テレグラム:110%払い戻しの延期提案「米国の投資家」には適用できず

by BITTIMES

Telegram(テレグラム)は独自ブロックチェーンであるTelegram Open Network(TON)の投資家に対して「投資金額の72%を投資家に返却する」という従来の計画に加えて「公開時期を2021年4月までさらに延期し、公開できなかった場合には110%の払い戻しを行う」という別のオプションも提供すると伝えられていましたが、このオプションは米国の投資家には提供されないと報告されています。

こちらから読む:女性・若者の間で関心増加「仮想通貨」関連ニュース

TON公開時期の延期提案「米投資家」には適用できず

Telegram(テレグラム)は2020年4月30日に予定されていた「Telegram Open Network(TON)」の立ち上げが延期された後にTON投資家へとメッセージを送り、「即座に投資金額の72%で払い戻しを受ける」もしくは「2021年4月30日までの延期に同意して公開できなかった場合には110%の払い戻しを受ける」という2つのオプションを提案していました。

同社は「TON」と「Gram」の公開時期が2020年4月30日まで延期になった時点で投資家に提案を行い、同意を得た上で「即座に投資金額の72%で払い戻しを行う」ということを決定していましたが、この公開時期がさらに延期となったことを受けて"TONへの信頼に対する感謝の印"として「110%払い戻し」という新しい選択肢を提供していました。

しかしロシアメディアである「RBC」の報道によると、テレグラムは先日投資家に向けて送ったメッセージの中で『米国の投資家は"もう1年待つ"という選択肢を選ぶことはできない』と説明していると報告されています。つまり、米国のTON投資家は「2021年まで待って110%の払い戻しを受ける」というオプションを選ぶことはできず、「投資金額の72%で払い戻しを受ける」ということしかできないということになります。

RBCは「このことが記されたメッセージのコピーを保有している」と述べており、別のロシアメディアである「THE BELL」も同様の内容を報告しているため、これらの情報の信頼性は高いと考えられます。

米国の「不明瞭な規制環境」が影響

「RBC」や「THE BELL」の報告によると、テレグラムは米投資家に「110%払い戻し」のオプションを提供できない理由として『米国の規制が不明瞭であること』を挙げています。

残念ですが、関係当局や私たちの弁護士と議論を行った結果、このオプション(110%払い戻し)を米国の投資家に適用しないという厳しい決断に至りました。これは米国の規制が曖昧であるためです。

これらの変更によってご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。しかし、不必要な規制リスクを減らすことはすべての関係者の利益になると信じています。

テレグラムは元々、2019年10月に「Telegram Open Network(TON)」と「Gram(グラム)」を立ち上げることを予定していましたが、公開直前に米国証券取引委員会(SEC)が緊急声明を発表し『仮想通貨Gramは未登録証券である』との判断を下したため、その後は延期が続いています。

同社は現在2021年4月末までに「TON」と「Gram」を公開することを目指していますが、度重なる延期に対する批判的な意見も出ており、ビットコイン強気派として知られるMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は『テレグラムは独自ブロックチェーンの開発をやめて、ビットコインやステーブルコインを取り入れるべきだ』と指摘しています。

>>「RBC」の報道はこちら
>>「THE BELL」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン証明書の「発行・管理システム」で特許出願:LasTrust株式会社

ブロックチェーン証明書の「発行・管理システム」で特許出願:LasTrust株式会社

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

NEMブロックチェーン活用した投げ銭サービス「エンゲート」iOS版アプリをリリース

NEMブロックチェーン活用した投げ銭サービス「エンゲート」iOS版アプリをリリース

AKONが仮想通貨

AKONが仮想通貨"未来都市"を建設「エイコイン」がアフリカの救世主に

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

オンライン銀行アプリ「Revolut」日本で口座開設が可能に|仮想通貨機能は未対応

オンライン銀行アプリ「Revolut」日本で口座開設が可能に|仮想通貨機能は未対応

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

コインチェック:イーサリアムクラシック(ETC)の取扱い「一時停止」を発表

コインチェック:イーサリアムクラシック(ETC)の取扱い「一時停止」を発表

コインチェック:暗号資産「アイオーエスティー(IOST)」取扱いへ【日本国内初】

コインチェック:暗号資産「アイオーエスティー(IOST)」取扱いへ【日本国内初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す