KUAILIAN(クアイリアン)世界中にブロックチェーン技術をもたらす革新的エコシステム

by BITTIMES   

ビットコインが誕生してブロックチェーン技術が使用され始めてから10年の時が経過しましたが、これらの技術は常に進化を続けています。ブロックチェーン技術は新しいアプリケーションの開発やコンピューターシステムの改善に活用されているだけでなく、"仮想通貨マイニングを通じた報酬"の面で大企業と個人の両方に大きなチャンスを与えており、競争力のある市場を創出していますが、その一方で個々のユーザーは"従来のマイニング市場"から徐々に除外されてきています。今回はそのような問題を解決するマイニング関連サービスも含めた様々なサービスを提供する「KUAILIAN(クアイリアン)」のエコシステムを紹介します。

KUAILIAN(クアイリアン)とは?

Kuailianの画像

KUAILIAN(クアイリアン)は、仮想通貨の世界に簡単に参加することができる様々なツールを提供している分散型エコシステムです。KUAILIANが提供するツールの1つである「クリプトバンク(仮想通貨銀行)」では、仮想通貨を購入したり、取引したりすることができます。

ブロックチェーン関連分野で最も先進的な国の1つであるエストニアに登録されている「KUAILIAN」は、ブロックチェーン技術に基づいた市場リソースを全てのユーザーに提供しつつ、全てのシステム管理を引き受けることによって、専門的な知識や大量の仮想通貨を必要とせずに様々なサービスにアクセスできる環境を提供しています。

KUAILIAN(クアイリアン)の主な特徴

KUAILIAN(クアイリアン)が提供する包括的なエコシステムを一言で表現するのは非常に困難ですが、同社が「ブロックチェーン技術そのものの利点を活かして会社の運営に誠実さと透明性を与えている」という点は非常に重要です。

KUAILIANのエコシステムは改竄不可能なパブリックブロックチェーンを基盤としているため、エコシステム参加者は会社の運営や活動状況をリアルタイムで確認し、仮想通貨が機能して結果を生み出していることを確認することができます。

必要に応じてエストニアの法的登録機関に相談することも可能であり、「エストニアにおける同社の法的記録」や「同国の金融規制当局によって発行された2つのライセンス」を確認することもできます。

「Smart Pool・Proof of Stake」を活用したサービス

ビットコインが登場したことによって「プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work/PoW)」のアルゴリズムに基づいたマイニングが始まりましたが、PoWのマイニングには"短期間で陳腐化する強力なコンピューター機器"が必要であり、毎日休むことなくマイニングを行う場合は膨大なエネルギーを消費するため、そのような仕組みを問題視する意見は数多くでています。

しかし、全ての仮想通貨がプルーフ・オブ・ワークの検証システムを使用している訳ではありません。別のケースでは「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)」や「プルーフ・オブ・パーティシペーション(Proof of Participation/PoP)」と呼ばれるマイニングの仕組みが採用されています。

これらのシステムは、一定量の仮想通貨を保有する人々が取引の検証作業に参加して報酬を得ることができる仕組みとなっているため、膨大なエネルギーを消費することもなく、高性能なコンピューター機器を有していなくても気軽に検証作業に関わることができる仕組みとなっています。KUAILIANはこのような仕組みを取り入れた大規模な仮想通貨取引サービスを構築することによって、その大規模なエコシステムを支えています。

しかし、技術の進歩は止まらないため「KUAILIAN」も成長を続けています。最も近代的でパワフルなネットワークは、新しいコンセンサスプロトコルを使用しています。「KUAILIAN」のことを知っている人々の多くは、同社の主要製品の1つが「マスターノード」であることをすでに認識しています。マスターノードは分散管理される仮想通貨のネットワークの中で、特別な役割や機能を与えられたノードであり、主な製品の1つですが、現在「KUAILIAN」では以下のような様々なコンセンサス技術もサポートされています。

【KUAILIANがサポートしているコンセンサス技術】
PROOF OF STAKE・DELEGATED PROOF OF STAKE・THRESHOLDED PROOF OF STAKE・MASTERNODES・PROFIT SHARE・PROOF OF AGREEMENT・PROOF OF HISTORY・PROOF OF AUTHORITY・TENDERMIT・HIGHWAY・BYZANTINE FAULT TOLERANCE(BFT)・NON-BFT・SHOW・MULTI-BFT BFT・ASYNCHRONOUS BFT
(将来的にはCASPERやOUROBOROSも)

これこそが仮想通貨の量とそれを展開するために必要な知識の両方を有する「KUAILIAN」の大きな特徴であり、これによって他のサービスでは真似できないサービスを一般の人々に提供しています。「KUAILIAN」はこのようにして、1,000日間の長期的なステーキング戦略と簡単な方法のステーキング(Stake/Unstake)を使用します。

Kuailianの画像

「KUAILIANの参加方法」と「自動化されたシステム」

KUAILIAN(クアイリアン)は、全てのユーザーがマスターノードにアクセスできるようにするために、マスターノードをグループ化して分割し「Smart Pool」によって生成された報酬の一部にアクセスできるようにしています。

次に「KUAILIAN」への簡単なエントリープロセスについて説明します。

  1. KUAILIANのアカウントを作成します
  2. 本人確認手続きを完了し(*1)、登録料として50.95ドル相当のEtherを支払います(*1:EUで合法的に登録された会社であるため)
  3. 希望するKuaisをそれぞれ100ドル相当のEtherで購入します。Kuaiはトークンではなく、仮想通貨でもありません。これはソフトウェアを1,000日間運営するライセンスのステーキング容量を測定するための単位です。ライセンス数が多いほど収益が高くなります。
  4. 毎日分配される利益を受け取るためのイーサリアムウォレットを指定します。

Kuaisの有用性は注目に値します。一方は低コストであるため誰でも利用することができるようになっており、もう一方ではユーザーの仮想通貨を「Smart Pool(KUAILIANがユーザーの仮想通貨とマスターノードの自動管理のために開発したシステム)」にチャネリングできます。したがって、新規ユーザーと既存ユーザーの両方が取得した新しいライセンスを通じて、新しいマスターノードを毎週展開できるようになります。

ユーザーが行った全ての貢献は、仮想通貨市場で分析を行う機械学習システムによって管理され、その結果に基づいて最も収益性の高い流動的なマスターノードを設定します。言い換えるならば、あなたの報酬はビットコインと交換したり、イーサリアムに転送したりすることができます。

最後にもう一つ重要な点としては「ユーザーの貢献によって生み出された利益は、毎日自動的にユーザーのウォレットへと直接配布される」ということが挙げられます。一般的なプラットフォームでは、出金を行う際に最低限の金額が指定されていたり、支払いに遅延が生じたり、承認が必要になったりする場合があるため、これは大きな利点であると言えます。

透明性の実現に向けて明確な取り組みを進めている「KUAILIAN」は、イーサリアムネットワークで開発された「スマートコントラクト」と呼ばれる自動分散システムを採用しているため、エラーや詐欺の可能性を排除しつつ毎日利益を分配することができるようになっており、ユーザーもイーサリアムのブロックチェーンエクスプローラーを通じてその内容を確認することができます。

補足:「Smart Pool」や「Kuailian Bank」およびその他のサービスでは"アフィリエイトプログラム"が提供されているため、同社サービスのユーザーは他の人々を招待することによって利益を得ることができます。

「Kuailian Bank」と「その先にあるイノベーション」

KUAILIAN(クアイリアン)は、完全なエコシステムを構築するために様々なパートナーとのコラボレーションを前提として金融サービスを提供しています。現在は「法定通貨」を使用した仮想通貨取引サービスを提供していますが、その他の金融サービスの中で「独自ウォレット・デビットカード・デジタル決済端末」なども追加する予定です。

さらに「Smart Pool」は進化を止めておらず「高頻度取引(HFT)」や「アービトラージシステム」などといった新しいオプションも開発されています。これらはエコシステムを管理する同じ機械学習システムによって全て管理されます。

成長を続ける「KUAILIANエコシステム」

KUAILIAN(クアイリアン)は単なる金融エコシステムではなく、ブロックチェーン技術と同様に常に進化を続けています。「KUAILIAN」の主な目的は、ブロックチェーン技術を用いてそれらの技術に基づく既存の市場リソースを互いに近づけ、効率性と透明性を高め、これまでにないユーザー体験を実現することです。

同社は将来的に"金融分野"の枠を超えたサービスである「KUAILIAN旅行システム」の提供なども予定していますが、それらは間違いなく旅行市場の前を後をマークし、KUAILIANをブロックチェーン業界のベンチマークとすることになるでしょう。

まとめ

もしもあなたが仮想通貨・ブロックチェーンの世界により簡単にアクセスできる企業を探しているのであれば、「KUAILIAN」はあなたにとって最高の味方となるでしょう。

公式リンク

公式ウェブサイト
公式インスタグラム
Enterprise Ethereum Allianceの正式メンバー


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ヴィタリック・ブテリン「天才イーサリアム開発者の歴史」

ヴィタリック・ブテリン「天才イーサリアム開発者の歴史」

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

コインベース:IPO(株式公開)関連で「Goldman Sachs」と協力か=報道

コインベース:IPO(株式公開)関連で「Goldman Sachs」と協力か=報道

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

コイネージ「選べる銀座の高級和牛プレゼントキャンペーン」開催【A5ランクの仙台牛】

コイネージ「選べる銀座の高級和牛プレゼントキャンペーン」開催【A5ランクの仙台牛】

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット「デジタル資産・暗号資産の価値交換システム」に関する特許取得

ディーカレット「デジタル資産・暗号資産の価値交換システム」に関する特許取得

メキシコ3位の億万長者:Twitterプロフィールに「ビットコイン」のハッシュタグ追加

メキシコ3位の億万長者:Twitterプロフィールに「ビットコイン」のハッシュタグ追加

無期限契約、先物、契約、、難解な用語ばかりで混乱していますか?

無期限契約、先物、契約、、難解な用語ばかりで混乱していますか?

Moonstakeウォレット「セントラリティ(CENNZ)のステーキング」まもなく対応へ

Moonstakeウォレット「セントラリティ(CENNZ)のステーキング」まもなく対応へ

ビル・ゲイツ氏「現在はビットコインに中立的」否定的な見方に変化

ビル・ゲイツ氏「現在はビットコインに中立的」否定的な見方に変化

Socios.com:9万枚のファントークンを無料配布「Token Hunt Explosion」開催

Socios.com:9万枚のファントークンを無料配布「Token Hunt Explosion」開催

Goldman Sachs「暗号資産トレーディングデスク再開」の可能性=ロイター報道

Goldman Sachs「暗号資産トレーディングデスク再開」の可能性=ロイター報道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月14日〜20日

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

MicroStrategy:ビットコインに「1,000億円」を追加投資|保有量は9万BTC以上に

MicroStrategy:ビットコインに「1,000億円」を追加投資|保有量は9万BTC以上に

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

Liquid Global:日本円ステーブルコイン「GYEN」取り扱いへ【世界初】

Liquid Global:日本円ステーブルコイン「GYEN」取り扱いへ【世界初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す