Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の開発者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、2020年5月7日にYouTube上で公開した動画の中で『将来的にはアフリカ大陸で汎用的な新しい通貨が誕生するだろう』と予想した上で、その通貨がカルダノエコシステム上に構築される可能性があることを語りました。

こちらから読む:BINANCE、レンディングサービスにADA追加「Cardano」関連ニュース

将来開発される「アフリカ通貨」を視野に

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、2020年5月7日にYouTube上で公開した動画の中で「Cardanoの技術採用」や「ブロックチェーン技術の重要性」などについて語り、カルダノの技術が世界に真の価値を提供していることを説明しました。

同氏はカルダノプロジェクトが「発展途上国の人々を貧困から救うための新しい金融システムを構築すること」に焦点を当てていることを語っており、銀行口座を持たない人が非常に多く存在していることで知られるアフリカ地域をターゲットにしていると述べています。

ホスキンソン氏はアフリカの将来について『欧州連合でユーロが使用されているように、今後30年以内には"汎用的なアフリカ通貨"が誕生するだろう』との予想を語り、その通貨が"仮想通貨"になる可能性があると付け加えました。

カルダノのプロジェクトチームは以前からアフリカ大陸に焦点を当てて様々なプロジェクトに取り組んでいますが、ホスキンソン氏はこの"汎用的なアフリカ通貨"について、カルダノチームが早い時期に参入できれば汎用的なアフリカ通貨が"カルダノエコシステム上"で構築される可能性があるとも語っています。

高性能ネットワークの構築に向けて

ホスキンソン氏はこの他にも、カルダノチームが何百万人もの人々が取引を行うことができるような高性能なネットワークを開発するために取り組んでいることも説明しています。実際に今年3月に発表されたスケーリングソリューション「Hydra(ヒドラ)」は"理論的には1秒あたり100万件のトランザクションを処理することができる"と伝えられていました。

アフリカ地域に住む数十億人の人々が日常的に使用するデジタル通貨を支えるためには膨大な量の取引にも対応できる高性能な基盤システムが必要不可欠となりますが、カルダノのスケーリングソリューションが実際にこの性能を発揮することができれば、カルダノブロックチェーンはデジタル通貨を構築するために使用するシステムの有力候補になると期待されます。

カルダノブロックチェーンは「技術的な面や性能で非常に優れている」として高い評価を獲得していますが、ホスキンソン氏は今回の動画の中で『技術採用への道はマーケティング会社を雇ったり、プレスリリースを配信したりすることによって達成されるのではなく、"より良い未来を築くために一生懸命取り組む何百万人もの人々"によって達成される』と語っています。

2020年5月8日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は2020年3月13日以降は徐々に上昇してきており、先月末には5.80円まで回復しました。その後は横ばいの状態が続いていたものの、現在は再び上昇傾向が強まっており、2020年5月8日時点では「1ADA=5.50円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年2月8日〜2020年5月8日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月8日〜2020年5月8日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジャガー・ランドローバー:仮想通貨IOTAが稼げる「スマートウォレット」機能をテスト

ジャガー・ランドローバー:仮想通貨IOTAが稼げる「スマートウォレット」機能をテスト

ブロックチェーンコンテンツ協会:ガイドライン第1版に関する「意見募集」開始

ブロックチェーンコンテンツ協会:ガイドライン第1版に関する「意見募集」開始

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

CARDANO(ADA)11%上昇!coinbaseが上場予定の仮想通貨5種類を発表

CARDANO(ADA)11%上昇!coinbaseが上場予定の仮想通貨5種類を発表

ビットコイン(BTC)価格「再び下落」今後どこまで下がるのか?

ビットコイン(BTC)価格「再び下落」今後どこまで下がるのか?

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano Shelleyの「公開予定日」が明らかに|具体的なスケジュール公表

Cardano Shelleyの「公開予定日」が明らかに|具体的なスケジュール公表

ブレイブブラウザ:参加無制限のビデオ通話機能「Brave Together」を発表

ブレイブブラウザ:参加無制限のビデオ通話機能「Brave Together」を発表

Libra公式ウォレット「Novi(ノヴィ)」へと名称変更

Libra公式ウォレット「Novi(ノヴィ)」へと名称変更

テレグラム:110%払い戻しの延期提案「米国の投資家」には適用できず

テレグラム:110%払い戻しの延期提案「米国の投資家」には適用できず

Amazon:ブロックチェーン基盤の「商品認証システム」で特許取得

Amazon:ブロックチェーン基盤の「商品認証システム」で特許取得

ライトコイン財団:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携

ライトコイン財団:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

「ビットコインについて教えて」ハリー・ポッター作者の質問に業界著名人が回答

「ビットコインについて教えて」ハリー・ポッター作者の質問に業界著名人が回答

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

ダッパーラボ:新作ブロックチェーンゲーム「NBA TopShot」のベータ版公開

ダッパーラボ:新作ブロックチェーンゲーム「NBA TopShot」のベータ版公開

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す