Cardano:スケーリングソリューション「Hydra」リリース|Visaを超える処理速度を実現

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)の開発企業である「IOHK」は、スケーリングソリューションである「Ouroboros Hydra(ウロボロス・ヒドラ)」を発表しました。これにより、CardanoはVisa(ビザ)の決済ネットワークを超えるほどの速度でトランザクションを処理することができるようになると伝えられています。

こちらから読む:財団メンバー"新型コロナウイルス研究"を支援「Cardano」関連ニュース

Hydra(ヒドラ)とは

IOHKが発表した「Hydra(ヒドラ)」は、IOHKの開発チームと英語圏で6番目に長い歴史を持つ名門大学「エディンバラ大学」のブロックチェーン研究所の協力によって作成されたオフチェーンプロトコルであり、開発には5年もの期間が費やされたと報告されています。

データ転送時の通信遅延時間を大幅短縮

Hydra(ヒドラ)はカルダノネットワークのスケーラビリティ(拡張性)をさらに高め、動作速度を向上させることができるセカンドレイヤーのスケーリングソリューションであり、Cardanoネットワークのノードでストレージをほとんど使用せずに、データ転送時の通信遅延時間を大幅に短縮することができるとされています。

少額決済・投票などの「DApps開発」にも

また、開発者の人々は「Hydra」を使用することによって「マイクロペイメント(少額決済)・投票・保険契約」などといった様々な分散型アプリケーション(DApps)を構築することもできるとされているため、今後は高性能なカルダノ関連DAppsの開発が進むことになると期待されます。

理論上「1,000,000TPS」も可能

Hydraでは、ネットワークに接続するそれぞれのユーザーが同時に10個の「Head(ヘッド)」を作成することができ、各ヘッドは1秒あたり約1,000件のトランザクションを処理することができるとされています。

1つのヘッドが処理できるトランザクション数は1,000件となっているものの、ヘッドの数が1,000個になった場合は理論的には1秒あたり100万件のトランザクションを処理することができるため、Visa(ビザ)などといった既存の決済ネットワークよりも快適な環境を実現することができるとされています。

VISAが1秒間に処理することができるトランザクション数(TPS)は、平均すると約2,000〜4,000TPSと言われているため、Hydraの処理速度がいかに高速であるかがわかります。

ブロックチェーン関連のサービスにとって「通信速度」や「処理能力」は非常に重要となる要素であるため、これらの課題を解決する画期的なソリューションが提供されることによって、Cardanoブロックチェーンの活用範囲がさらに広がり、技術活用促進につながると期待されます。

>>「Hydra」のホワイトペーパーはこちら

2020年3月26日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月13日に2.29円まで下落したものの、その後はやや回復してきており、2020年3月26日時点では「1ADA=3.29円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年2月25日〜2020年3月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月25日〜2020年3月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

【速報】FXcoin:新たに「XRP」の取り扱い開始|ダブルプレゼントキャンペーンも同時開催

【速報】FXcoin:新たに「XRP」の取り扱い開始|ダブルプレゼントキャンペーンも同時開催

先着順で「ビットコインプレゼント」恩返しキャンペーン開催へ:Huobi Japan

先着順で「ビットコインプレゼント」恩返しキャンペーン開催へ:Huobi Japan

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す