ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のトランザクション手数料は半減期前から徐々に上昇しており、先日14日には一時的に約5ドル(約530円)にまで増加しました。2020年4月の平均トランザクション手数料と比較すると、この時点で手数料は10倍近くまで高騰していることになります。

こちらから読む:3年後には"1BTC=800万円"に?「ビットコイン」関連ニュース

BTCの平均トランザクション手数料「約530円」に

ビットコイン(BTC)のトランザクション手数料は2020年4月時点では0.5ドル(約53円)前後で推移していたものの、半減期が近づくにつれて徐々に高額になり、半減期前の5月8日時点では3.19ドル(約342円)にまで増加したことが報告されていました。

しかし半減期後もトランザクション手数料は上昇し続けており、先日14日には4月の平均手数料の約10倍となる約5ドル(約530円)にまで達したことが報告されています。

2019年11月19日〜2020年5月17日 ビットコインの平均トランザクション手数料(画像:bitinfocharts.com)2019年11月19日〜2020年5月17日 ビットコインの平均トランザクション手数料(画像:bitinfocharts.com

トランザクション手数料増加の原因は?

ビットコインのトランザクション手数料とは、BTC取引を処理するマイナー(採掘者)に対する報酬として支払われる手数料のことであり、BTCの送金者は送金を行う際に自分でトランザクション手数料を設定できるようになっています。

マイナーの人々は手数料が高いものから取引を処理しているため、ビットコイン取引が増加して、より早く送金したいユーザーが増加した場合などにはトランザクション手数料が上昇する傾向があります。

現在報告されている「トランザクション手数料の上昇」は、ビットコインが半減期を過ぎたことによってビットコインへの関心が高まり、ビットコインを売買・送金している人々の数が増加しているためだと考えられます。

最近では、半減期前後のタイミングで仮想通貨取引所を通じてビットコインを購入していた人々が「取引所ウォレット」から「外部ウォレット」へとビットコインを移動する動きが強まっていることなども報告されていたため、そのような動きによってBTCの送金が活発化し、トランザクション手数料の上昇につながった可能性もあると考えられます。

ビットコイン価格が過去最高値(約220万円)に到達した2017年末頃のトランザクション手数料は一時的に55ドル(約5,900円)付近まで上昇していたため、この時の手数料に比べると現在の手数料は比較的安価であるとも考えられますが、今後もビットコインの取引が活発化した場合には、トランザクション手数料がさらに高額になり、送金がスムーズにできなくなる可能性もあるため注意が必要です。

2020年5月18日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は今月8日頃から106万円付近の抵抗線を突破できずに停滞していたものの、現在は再びこの価格帯まで回復してきており、2020年5月18日時点では「1BTC=1,056,482円」で取引されています。

半減期後の動きに関しては"短期的な急落"を警告する意見も出ていましたが、過去数ヶ月間の動きと比べると現在は回復傾向がやや強まってきているため、現在の価格帯を突破することができれば大幅な回復が見られる可能性もあると考えられます。

前回の半減期では"半減期を過ぎた約1ヶ月後"に大幅な急落が見られていたため、今後も警戒は必要であると考えられますが、短期的にはさらなる回復が見られる可能性も高まってきているように感じられます。

2020年4月18日〜2020年5月18日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月18日〜2020年5月18日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

ビットコイン裏付けステーブルコイン「Wrapped Bitcoin/WBTC」を発表 ー BitGo

ビットコイン裏付けステーブルコイン「Wrapped Bitcoin/WBTC」を発表 ー BitGo

NEM新チェーンSymbol「スナップショット実施日・メインネット公開日」が決定

NEM新チェーンSymbol「スナップショット実施日・メインネット公開日」が決定

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

アゼルバイジャンの仮想通貨取引所「Cross exchange」11月25日オープン|XRPも上場

アゼルバイジャンの仮想通貨取引所「Cross exchange」11月25日オープン|XRPも上場

注目度の高い仮想通貨ニュース

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す