ビットコイン価格=5,000万円「長期的には達成可能」ベテラン投資家Raoul Pal

by BITTIMES

投資家情報を発信しているデジタルメディア企業「Real Vision Group(リアルビジョングループ)」の共同創設者兼CEOでありながら、ベテラン投資家・ゴールドマンサックス元幹部などとしても知られるRaoul Pal(ラウル・パル)氏は、2020年5月14日公開されたMax Keiser(マックス・カイザー)氏とのインタビュー動画の中で『ビットコイン価格は長期的には簡単に476,000ドル(約5,100万円)に達する可能性がある』との考えを語りました。

こちらから読む:BTCが稼げる放置型GPS連動ゲーム近日公開「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン時価総額「10兆ドル到達」の可能性

ビットコイン(BTC)は今月12日に3度目となる「半減期」を迎えたため、仮想通貨業界では今後の価格上昇を期待する意見が数多く出ており『BTC価格は数千万円に達する』という予想も増えてきています。

Max Keiser(マックス・カイザー)氏も、そのような"ビットコイン強気派"の1人として知られていますが、今回の動画に出演したベテラン投資家のRaoul Pal(ラウル・パル)氏も『ビットコイン価格は長期的には簡単に476,000ドル(約5,100万円)に達する可能性がある』との考えを語っています。

Max Keiser氏やRaoul Pal氏は「ビットコインが金(ゴールド)の市場を追い抜き、強力なエコシステムの中で運営されることになれば、ビットコイン価格は簡単に5,000万円まで上昇する」と予想しており、ラウル・パル氏は『ビットコインはその他のエコシステムを全体を巻き込んでいく中で時価総額10兆ドルを簡単に達成するだろう』と語っています。

ビットコインがエコシステムとなり、私たちが信じているようにその他のエコシステム全体を巻き込んでいくことになれば、そのプロセスの中で「時価総額10兆ドル」という数字は簡単に達成することができるでしょう。

476,000ドル(約5,100万円)という価格は「10兆ドル」という金額をビットコインの総発行枚数である「2,100万」で割ることによって導き出されています。金の時価総額は現時点で約9兆ドルだとされているため、ビットコインが金の時価総額を上回った時にこの価格が達成されることになります。

「デジタルゴールド」と「金」の比較について

仮想通貨関連のデータを配信している「CoinMarketCap」のデータによると、記事執筆時点でのBTC時価総額は約1,740億ドル(18兆円)となっており、仮想通貨市場全体の時価総額も2,577億ドル(約27兆円)となっているため、金の時価総額に追いつくまでにはまだまだ時間がかかると考えられますが、ビットコインの時価総額は誕生から約10年ほどの期間でこの規模にまで成長しているため「今後のさらなる成長によって金の時価総額に到達する可能性は高い」と予想する意見は多数でています。

「ビットコインは"デジタルゴールド"になるか」という件に関しては未だに意見が分かれていますが、ビットコインを支持する人々は『ビットコインは金よりも持ち運びが楽で、購入・送金も簡単に行うことができる』と主張し、金を支持する人々は『金は価値の保存手段としてだけでなく"電子機器の重要な部品"としても必要とされている』と主張しています。

基本的にビットコインは"電子機器"を通じて取引・保管・管理されているため、金の存在あってこそのビットコインであるとも考えられますが、"BTC時価総額の今後の成長"に関しては『世界経済が不安定な状況にある中で、人々が自分の資産をビットコインに交換するようになれば、BTC時価総額は急激に増加する可能性がある』といった意見も出ています。

ラウル・パル氏は『BTC価格が高くなるほど市場に人々を呼び込むことができる』と述べており、『半減期後のビットコイン市場にどれだけでの資本がもたらされるのかを見るのは非常に興味深い』と語っています。

2020年5月15日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は今月8日に106万円付近まで回復して以降は100万円前後で横ばいの状態が続いており、2020年5月15日時点では「1BTC=1,017,967円」で取引されています。

主要な抵抗線となっている106万円のラインを突破することができれば、大幅な回復が見られると予想されますが、仮想通貨業界の著名なトレーダーやアナリストからは「短期的な下落」を予想する意見も多数出ているため、今後の動きには注意が必要であると考えられます。

2020年4月15日〜2020年5月15日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月15日〜2020年5月15日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

【日本セキュリティトークン協会】大手総合建設コンサルタント会社「長大」が入会

【日本セキュリティトークン協会】大手総合建設コンサルタント会社「長大」が入会

Chiliz&Socios:NFL・MLSチーム「New England Patriots & Revolution」と提携

Chiliz&Socios:NFL・MLSチーム「New England Patriots & Revolution」と提携

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

NFTクリエイターとファンを繋ぐメタバースコミュニティ「ReCone」β版提供へ

NFTクリエイターとファンを繋ぐメタバースコミュニティ「ReCone」β版提供へ

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す