Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の開発企業として知られる「IOHK」が、ブロックチェーン・分散型台帳技術のオープンソースソフトウェアを開発している「Hyperledger Project(ハイパーレジャー・プロジェクト)」と、Web技術の標準化を行う非営利団体である「World Wide Web Consortium(W3C)」に参加することが明らかになりました。

こちらから読む:Cardano創設者、90年代のRPGゲームを買収「Cardano」関連ニュース

IOHK「Hyperledger Project・W3C」参加へ

IOHKは、カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担っていることで知られるエンジニアリング企業であり、カルダノエイダコイン(ADA)の開発者として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏がCEOを務めています。

同社は「Cardano Foundation(カルダノ財団)」との間で"2020年までカルダノの開発を行う"という契約を交わしてカルダノプロジェクトの開発を担当していますが、仮想通貨メディア「Cointelegraph」の報告によると、チャールズ・ホスキンソン氏は最近のインタビューで同社が「Hyperledger Project(ハイパーレジャープロジェクト)」と「World Wide Web Consortium(W3C)」に参加することを明らかにしたと伝えられています。

Hyperledger Project(ハイパーレジャー・プロジェクト)とは、「Linux Foundation」によって設立された企業向けにブロックチェーン・分散型台帳技術のオープンソースソフトウェアを開発しているコミュニティであり、IBMを開発主体とする「Hyperledger fabric」、Intelを開発主体とする「Hyperledger Sawtooth Lake」、ソラミツを開発主体とする「Hyperledger Iroha」などといった複数のプロジェクトが展開されています。

World Wide Web Consortium(W3C)は、インターネット上で提供されているハイパーテキストシステム「World Wide Web」で使用される各種技術の標準化を推進する為に設立された標準化団体・非営利団体であり、ホームページを作成する際の基盤となるルール作りなどを行う役割を担っています。

カルダノの「企業向けバージョン」作成に向けて

「カルダノ財団」と「IOHK」の契約は2020年末で満了となるため、その際にはカルダノコミュニティに対して「IOHKとの契約を更新するか」といった内容の提案が行われることになりますが、この提案を行う際には「"Cardanoの企業向けバージョン"をどのように作成するか」という提案も行われると報告されています。

私たちが探求することの1つは「カルダノのエンタープライズバージョンをどのように作成するか」ということです。私たちは年末に「今後5年間のカルダノとIOHKの契約更新」に関する提案を行いますが、その更新の中には"エンタープライズ向けバージョン"に関する項目が含まれることになるでしょう。

私たちはその運用方法を「Linux Foundation」のグループを通じて追求したいと思っています。

ホスキンソン氏はこの他にも、Cardanoブロックチェーンが「許可を必要としない"パーミッションレス型"」と「許可を必要とする"パーミッション型"」の両方に簡単に切り替えることができる設計になっていることも強調しています。

ビットコインなどのパブリックブロックチェーンは、誰もが許可なく参加することができる「パーミッションレス型」のブロックチェーンとなっていますが、企業などで採用されるブロックチェーンはセキュリティ面などを考慮した上でネットワークに参加する際に許可が必要となる「パーミッション型(許可型)」の設計となっています。

Hyperledgerプロジェクトで展開されているブロックチェーンは「企業向けのパーミッション型ブロックチェーン」として広く採用されているため、IOHKはHyperledgerプロジェクトに参加することによって「企業向けのパーミッション型Cardanoブロックチェーン」を展開することを計画していると考えられます。

ブロックチェーン技術は世界中の様々な企業で活用され始めていますが「Hyperledger」関連のブロックチェーン・分散型台帳技術は大手企業などで特に広く採用されているため、Hyperledgerプロジェクトで企業向けにカルダノブロックチェーンが展開されれば、カルダノの技術採用がさらに進み、認知度や信頼性の向上などにもつながると期待されます。

>>「Cointelegraph」の報道はこちら

2020年5月21日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今年3月に2.29円付近まで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年5月8日時点では「1ADA=6.07円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年2月21日〜2020年5月21日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月21日〜2020年5月21日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Hyperledgerのブロックチェーンプロジェクトに「Alibaba Cloud」など12社が参加

Hyperledgerのブロックチェーンプロジェクトに「Alibaba Cloud」など12社が参加

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:初の「F1チーム公式ファントークン発行」が決定|2チームと提携

Chiliz&Socios:初の「F1チーム公式ファントークン発行」が決定|2チームと提携

クリプトジャッキングとは?被害を防ぐ対策法を紹介します

クリプトジャッキングとは?被害を防ぐ対策法を紹介します

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

国内初「ステーブルコイン決済による賃貸借契約」を締結:株式会社Zofuku

国内初「ステーブルコイン決済による賃貸借契約」を締結:株式会社Zofuku

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Bursaspor」の公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Bursaspor」の公式ファントークン発行へ

テゾス(Tezos/XTZ)F1チーム「Red Bull Racing Honda」と提携|初のNFT発行へ

テゾス(Tezos/XTZ)F1チーム「Red Bull Racing Honda」と提携|初のNFT発行へ

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

Cardano(ADA)の「ERC20コンバータ」テストネットで稼働へ|トークンを簡単に変換

Cardano(ADA)の「ERC20コンバータ」テストネットで稼働へ|トークンを簡単に変換

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す