イーサリアム:100ETH以上保有するアドレス数「過去最高値」を更新

by BITTIMES

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)を100ETH以上保有しているアドレスの数が、過去最高値である「47,722」に到達したことが明らかになりました。

こちらから読む:ビットバンク、ETH/JPYの通貨ペア追加「イーサリアム」関連ニュース

100ETH以上保有のアドレス数「47,722」に到達

仮想通貨・ブロックチェーンのデータ分析企業である「Glassnode(グラスノード)」のデータに基づいてアラートを発信しているTwitterアカウント「glassnode alerts(@glassnodealerts)」は2020年5月23日のツイートで、イーサリアム(ETH)を100ETH以上保有しているアドレス数が"過去最高値"である「47,722」に到達したことを報告しました。

今回公開されたデータでは「100ETH以上保有するアドレスの数」は2016年から順調に増加し続けており、過去2年間でやや停滞しつつも、再び徐々に増加し始めていることが示されています。

イーサリアム(ETH)を100枚以上保有しているアドレス数は過去最高値である「47,722.000」に到達しました。

以前の過去最高値「47,714.000」は2020年5月21日に観測されました。

イーサリアムは大型アップグレードとなる「Ethereum 2.0」への移行に向けた準備を進めており、現在採用されているプルーフ・オブ・ワーク(PoW)のコンセンサスメカニズムをプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へと移行することを計画しています。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)はすでに複数のブロックチェーンで採用されているコンセンサスメカニズムであり、特定の仮想通貨を保有することによってブロックチェーンネットワークの管理に貢献し、その対価として報酬が得られる「ステーキング」が可能になるためETH保有者にとっても魅力的な仕組みとなっています。

「Ethereum 2.0」へのアップグレードはすでに何度か延期されていますが、"100ETH以上保有するアドレス数が増加し続けている"というデータはアップグレードの遅延に関わらずイーサリアムの関心が高まっていることを示していると考えられます。

ETH価格も今年3月頃からは徐々に回復してきているため今後の動きにも注目です。

2020年5月24日|イーサリアム(ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先月末に24,000円付近まで回復して以降は横ばいの状態が続いており、2020年5月24日時点では「1ETH=22,619円」で取引されています。

2020年2月24日〜2020年5月24日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月24日〜2020年5月24日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

開発者の関わり方が「仮想通貨価格」にも影響か|複数銘柄のリターンに一定の相関性

開発者の関わり方が「仮想通貨価格」にも影響か|複数銘柄のリターンに一定の相関性

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す