Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

by BITTIMES

BINANCE(バイナンス)の仮想通貨・ブロックチェーン分析部門である「Binance Research(バイナンス・リサーチ)」は、先月公開したLibra(リブラ)に関するレポートの中で『Libraは決済業界で革新的な存在になる可能性がある』と述べています。

こちらから読む:Libra協会に"新たな決済企業"が参加「Libra」関連ニュース

Libraが「決済分野のSpaceX社」に?

Binance Research(バイナンス・リサーチ)は先月22日に公開した最新のレポートで、ここ最近で計画の一部に複数の変更を加えている「Libraプロジェクト」について改めて説明を行い、プロジェクトの概要や具体的な内容説明、以前からの変更点などについて詳しく解説を行いました。

Libraプロジェクトは2019年の公式発表直後から世界各国の規制当局や政府関係者から多くの批判を受けており、規制面でも特に厳しい監視の目を向けられているため、現在は当初の計画に複数の変更が加えられていますが、「Binance Research」はそのような変更点も考慮した上で『Libraはグローバル決済の分野で革新的な存在になる可能性がある』との見解を示しています。

「Binance Research」は今回のレポートの中で、Elon Musk(イーロン・マスク)氏が設立した民間のロケット・宇宙船開発企業「SpaceX(スペースX)社」を例に挙げて「Libraプロジェクト」を説明しており、『Libraが想定しているグローバル決済システムは、SpaceXが宇宙業界に対して行ったことを決済業界にもたらすものであり、高い参入障壁を持つ確立された分野の基盤を揺るがすものである』と述べています。

2002年に設立されたSpaceX社は巨大な宇宙関連部門に2000年代に進出した民間宇宙ベンチャーの1社ですが、100億円以上のロケットが主流だった時代に約70億円ほどの高性能ロケットを導入したことなどによって急速に成長を遂げており、現在は新興企業にも関わらず商業衛星市場で大きなシェアを獲得しています。

Libraプロジェクトで開発が進められている「グローバルなステーブルコイン」や「各国の法定通貨に対応したステーブルコイン」などは現時点ではまだ正式に発行されていないものの、これらの仮想通貨が正式に利用可能になった場合には世界中の人々が気軽に低コストで資金を移動したり、支払いを行ったりすることができるようになるため、SpaceXの登場で人工衛星打ち上げビジネスに価格破壊が起こったように、Libraの登場で決済関連ビジネスに大きな変化がもたらされる可能性があると考えられます。

『数十億人の人々に力を与えるシンプルでグローバルな決済システムと金融インフラを実現する』という目標を掲げているLibraについて様々な観点から分析を行っている「Binance Research」は『Libraがサードパーティへのオープンアクセスとユーザーフレンドリーなインターフェースの維持の両方を管理できれば、金融包摂への利益は大きなものとなり、最終的には世界の決済業界を再形成する可能性がある』と述べています。

BINANCEも独自開発したブロックチェーン技術を用いてステーブルコインを発行していますが、同社のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は昨年「Bull.io」のインタビューに答えた際に"多数のユーザーを引き付けるプロジェクトはサポートする"との方針に基づいて『Libraもそれに該当するのであればBINANCEでもサポートする』との考えを語っています。

>>「Binance Research」が公開したレポートはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DeCurret「デジタル通貨の処理自動化」に向け共同検証|ウェブマネー・KDDIなどと協力

DeCurret「デジタル通貨の処理自動化」に向け共同検証|ウェブマネー・KDDIなどと協力

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

Binance Charity:日本の新型コロナウイルス対策支援で「募金キャンペーン」開始

Binance Charity:日本の新型コロナウイルス対策支援で「募金キャンペーン」開始

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

コインチェック「NEM・QTUMの自動積立サービス」提供開始|上限金額も引き上げ

コインチェック「NEM・QTUMの自動積立サービス」提供開始|上限金額も引き上げ

注目度の高い仮想通貨ニュース

送金ミスした暗号資産を回収できる「取引キャンセル技術」開発:イスラエル企業Kirobo

送金ミスした暗号資産を回収できる「取引キャンセル技術」開発:イスラエル企業Kirobo

ビットバンク:ドメイン登録サービスへの「不正アクセス」について報告

ビットバンク:ドメイン登録サービスへの「不正アクセス」について報告

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月21日〜27日

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型ID管理システム「ION」ベータ版を公開

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型ID管理システム「ION」ベータ版を公開

ロシア・モスクワ「ブロックチェーン電子投票システム」を活用|憲法改正の国民投票で

ロシア・モスクワ「ブロックチェーン電子投票システム」を活用|憲法改正の国民投票で

ビットコインボルト(BTCV)の価格上昇続く|約3ヶ月間で「14倍」に

ビットコインボルト(BTCV)の価格上昇続く|約3ヶ月間で「14倍」に

Huobi Japan:独自の暗号資産フォビトークン(HT)の「取り扱い開始日」を発表

Huobi Japan:独自の暗号資産フォビトークン(HT)の「取り扱い開始日」を発表

積水ハウス:ブロックチェーンで「賃貸入居手続き」を簡素化|内覧も立ち合い無しで

積水ハウス:ブロックチェーンで「賃貸入居手続き」を簡素化|内覧も立ち合い無しで

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の課題」などまとめたレポート公開|実証実験も視野に

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の課題」などまとめたレポート公開|実証実験も視野に

エストニア:暗号資産関連企業「500社以上」のライセンス取り消し=Bloomberg報道

エストニア:暗号資産関連企業「500社以上」のライセンス取り消し=Bloomberg報道

【Chiliz】FCバルセロナの公式ファントークン「BAR」の販売・取引開始日が判明

【Chiliz】FCバルセロナの公式ファントークン「BAR」の販売・取引開始日が判明

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

人気のタグから探す