Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

by BITTIMES   

BINANCE(バイナンス)の仮想通貨・ブロックチェーン分析部門である「Binance Research(バイナンス・リサーチ)」は、先月公開したLibra(リブラ)に関するレポートの中で『Libraは決済業界で革新的な存在になる可能性がある』と述べています。

こちらから読む:Libra協会に"新たな決済企業"が参加「Libra」関連ニュース

Libraが「決済分野のSpaceX社」に?

Binance Research(バイナンス・リサーチ)は先月22日に公開した最新のレポートで、ここ最近で計画の一部に複数の変更を加えている「Libraプロジェクト」について改めて説明を行い、プロジェクトの概要や具体的な内容説明、以前からの変更点などについて詳しく解説を行いました。

Libraプロジェクトは2019年の公式発表直後から世界各国の規制当局や政府関係者から多くの批判を受けており、規制面でも特に厳しい監視の目を向けられているため、現在は当初の計画に複数の変更が加えられていますが、「Binance Research」はそのような変更点も考慮した上で『Libraはグローバル決済の分野で革新的な存在になる可能性がある』との見解を示しています。

「Binance Research」は今回のレポートの中で、Elon Musk(イーロン・マスク)氏が設立した民間のロケット・宇宙船開発企業「SpaceX(スペースX)社」を例に挙げて「Libraプロジェクト」を説明しており、『Libraが想定しているグローバル決済システムは、SpaceXが宇宙業界に対して行ったことを決済業界にもたらすものであり、高い参入障壁を持つ確立された分野の基盤を揺るがすものである』と述べています。

2002年に設立されたSpaceX社は巨大な宇宙関連部門に2000年代に進出した民間宇宙ベンチャーの1社ですが、100億円以上のロケットが主流だった時代に約70億円ほどの高性能ロケットを導入したことなどによって急速に成長を遂げており、現在は新興企業にも関わらず商業衛星市場で大きなシェアを獲得しています。

Libraプロジェクトで開発が進められている「グローバルなステーブルコイン」や「各国の法定通貨に対応したステーブルコイン」などは現時点ではまだ正式に発行されていないものの、これらの仮想通貨が正式に利用可能になった場合には世界中の人々が気軽に低コストで資金を移動したり、支払いを行ったりすることができるようになるため、SpaceXの登場で人工衛星打ち上げビジネスに価格破壊が起こったように、Libraの登場で決済関連ビジネスに大きな変化がもたらされる可能性があると考えられます。

『数十億人の人々に力を与えるシンプルでグローバルな決済システムと金融インフラを実現する』という目標を掲げているLibraについて様々な観点から分析を行っている「Binance Research」は『Libraがサードパーティへのオープンアクセスとユーザーフレンドリーなインターフェースの維持の両方を管理できれば、金融包摂への利益は大きなものとなり、最終的には世界の決済業界を再形成する可能性がある』と述べています。

BINANCEも独自開発したブロックチェーン技術を用いてステーブルコインを発行していますが、同社のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は昨年「Bull.io」のインタビューに答えた際に"多数のユーザーを引き付けるプロジェクトはサポートする"との方針に基づいて『Libraもそれに該当するのであればBINANCEでもサポートする』との考えを語っています。

>>「Binance Research」が公開したレポートはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

仮想通貨投資で成果を出すために知っておくべきこと

仮想通貨投資で成果を出すために知っておくべきこと

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

シンガポール大手銀行:暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」設立を公式発表

シンガポール大手銀行:暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」設立を公式発表

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

注目度の高い仮想通貨ニュース

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

PayPal(ペイパル)アイルランドで「暗号資産関連の人材募集」=報道

PayPal(ペイパル)アイルランドで「暗号資産関連の人材募集」=報道

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

PayPal(ペイパル)「仮想通貨機能備えたアプリウォレット」今後数ヶ月で公開予定

PayPal(ペイパル)「仮想通貨機能備えたアプリウォレット」今後数ヶ月で公開予定

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す