ブレイブブラウザ:参加無制限のビデオ通話機能「Brave Together」を発表

by BITTIMES   

仮想通貨・ブロックチェーン技術を取り入れたプライバシー重視の分散型ブラウザである「Brave(ブレイブ)」は、2020年5月27日のツイートでブレイブの開発・テスト用バージョン「Brave Nightly」に"無制限の人々が同時参加できるビデオ通話機能"である「Brave Together」が搭載されたことを明らかにしました。

暗号化された「参加無制限のビデオ通話機能」を開発

Brave(ブレイブ)は仮想通貨やブロックチェーン技術を取り入れたプライバシー重視の分散型ブラウザであり、広告表示を許可することなどによって独自仮想通貨「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」を獲得したり、自分が保有しているBATを使用してコンテンツ制作者に寄付したりできる機能などが搭載されています。

今回の発表では、Braveの開発・テスト用バージョンである「Brave Nightly」に暗号化された"無制限の人々が同時参加可能なビデオ通話"機能である「Brave Together」が搭載されたことが報告されています。

「Brave Together」では、サービスの管理者・インターネットサービスプロバイダ・第三者が通信内容を盗聴できないようにする技術である"エンドツーエンド暗号化"を採用することによってプライバシーとセキュリティを確保していますが、現時点で「Brave Together」はまだ開発の途中段階であるため、まだ"不完全なテストモード"であると説明されています。

そのため現段階では"1対1の呼び出しのみでのみ暗号化が有効になる"と伝えられていますが、今後開発が進み「正式版」がリリースされる頃には"無制限の参加者で暗号化されたビデオ通話"ができるようになると期待されます。

なお「Brave Together」を利用するためにはBraveブラウザを利用する必要がありますが、"アカウント登録"などは必要ないと伝えられています。最近では、新型コロナウイルスなどの影響によって「オンラインミーティング」などを活用する企業が増えてきているため、「Brave Together」がリリースされれば多くのユーザーに利用されることになると期待されます。

>>「Brave Software」の公式発表はこちら

2020年5月28日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は今年3月に10円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年5月28日時点では「1BAT=22.27円」で取引されています。

2020年2月28日〜2020年5月28日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年2月28日〜2020年5月28日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン分析企業「TokenAnalyst」サービス終了を発表

ブロックチェーン分析企業「TokenAnalyst」サービス終了を発表

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

米Kraken「チリーズ(Chiliz/CHZ)」取扱い開始|カナダ・オーストラリアでも

米Kraken「チリーズ(Chiliz/CHZ)」取扱い開始|カナダ・オーストラリアでも

Chiliz:トルコの強豪サッカークラブ「Trabzonspor」と提携|TRAトークン発行へ

Chiliz:トルコの強豪サッカークラブ「Trabzonspor」と提携|TRAトークン発行へ

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す