ブレイブブラウザ:参加無制限のビデオ通話機能「Brave Together」を発表

by BITTIMES   

仮想通貨・ブロックチェーン技術を取り入れたプライバシー重視の分散型ブラウザである「Brave(ブレイブ)」は、2020年5月27日のツイートでブレイブの開発・テスト用バージョン「Brave Nightly」に"無制限の人々が同時参加できるビデオ通話機能"である「Brave Together」が搭載されたことを明らかにしました。

こちらから読む:MP3音楽配信老舗、独自トークンをリリース「仮想通貨」関連ニュース

暗号化された「参加無制限のビデオ通話機能」を開発

Brave(ブレイブ)は仮想通貨やブロックチェーン技術を取り入れたプライバシー重視の分散型ブラウザであり、広告表示を許可することなどによって独自仮想通貨「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」を獲得したり、自分が保有しているBATを使用してコンテンツ制作者に寄付したりできる機能などが搭載されています。

今回の発表では、Braveの開発・テスト用バージョンである「Brave Nightly」に暗号化された"無制限の人々が同時参加可能なビデオ通話"機能である「Brave Together」が搭載されたことが報告されています。

「Brave Together」では、サービスの管理者・インターネットサービスプロバイダ・第三者が通信内容を盗聴できないようにする技術である"エンドツーエンド暗号化"を採用することによってプライバシーとセキュリティを確保していますが、現時点で「Brave Together」はまだ開発の途中段階であるため、まだ"不完全なテストモード"であると説明されています。

そのため現段階では"1対1の呼び出しのみでのみ暗号化が有効になる"と伝えられていますが、今後開発が進み「正式版」がリリースされる頃には"無制限の参加者で暗号化されたビデオ通話"ができるようになると期待されます。

なお「Brave Together」を利用するためにはBraveブラウザを利用する必要がありますが、"アカウント登録"などは必要ないと伝えられています。最近では、新型コロナウイルスなどの影響によって「オンラインミーティング」などを活用する企業が増えてきているため、「Brave Together」がリリースされれば多くのユーザーに利用されることになると期待されます。

>>「Brave Software」の公式発表はこちら

2020年5月28日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は今年3月に10円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年5月28日時点では「1BAT=22.27円」で取引されています。

2020年2月28日〜2020年5月28日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年2月28日〜2020年5月28日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

ベーシックアテンショントークン(BAT)を購入することができる暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月29日〜4月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月29日〜4月4日

仮想通貨などのソースコード公開の場GitHubをMicrosoftが買収

仮想通貨などのソースコード公開の場GitHubをMicrosoftが買収

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トロン財団:TRXネットワークの「重大な脆弱性」を報告|アクセス不能の危機を回避

トロン財団:TRXネットワークの「重大な脆弱性」を報告|アクセス不能の危機を回避

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

ビットコイン「新たな強気相場」突入か|著名アナリストPlanB氏が予想

ビットコイン「新たな強気相場」突入か|著名アナリストPlanB氏が予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

Huobi Japan:独自の暗号資産フォビトークン(HT)の「取り扱い開始日」を発表

Huobi Japan:独自の暗号資産フォビトークン(HT)の「取り扱い開始日」を発表

BINANCE:オミセゴー(OmiseGO/OMG)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:オミセゴー(OmiseGO/OMG)の「永久先物取引」提供へ

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

BINANCE:コンパウンド(Compound/COMP)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:コンパウンド(Compound/COMP)の「永久先物取引」提供へ

Binance Charity:日本の新型コロナウイルス対策支援で「募金キャンペーン」開始

Binance Charity:日本の新型コロナウイルス対策支援で「募金キャンペーン」開始

イーサリアム基盤の「eスポーツプラットフォーム」を共同開発:ConsenSys×NACL

イーサリアム基盤の「eスポーツプラットフォーム」を共同開発:ConsenSys×NACL

金融庁:無登録の暗号資産交換業者リストに「Bitforex・AMANPURI」を追加

金融庁:無登録の暗号資産交換業者リストに「Bitforex・AMANPURI」を追加

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

2020年米国大統領選挙に「暗号資産・ブロックチェーン業界の超大物」が立候補

2020年米国大統領選挙に「暗号資産・ブロックチェーン業界の超大物」が立候補

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認をNEW

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す