NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

by BITTIMES

ネム(NEM/XEM)は2020年5月29日に「NEMエコシステムに関連する新しいウェブサイト」を公開したことを発表しました。今回はこれに合わせて「2020年のマーケティングプラン」も公開されています。

こちらから読む:GMOコイン、仮想通貨FXに"XEM"追加「NEM/XEM」関連ニュース

NEM・Symbolに関する「3つのウェブサイト」を公開

ネム(NEM/XEM)は2020年5月29日に、NEMエコシステムに関連する新しいウェブサイトを公開したことを発表しました。今回発表されたウェブサイトは以下の3つとなっており、「現行のNEMブロックチェーン(NIS1)に関するウェブサイト・NEMエコシステムに関するウェブサイト・シンボル(Symbol/XYM)に関するウェブサイト」の3つに分類されています。

【Nemplatform.com】
・NIS1に関するすべての情報を提供する最新のWebサイト

【Nem.io】
・NEMエコシステムについて説明し、NEMエコシステムへのアクセスを共有するための新しいWebサイト。「NIS1」と「Symbol」の機能の違いについても説明。

【Symbolplatform.com】
・シンボル(Symbol/XYM)の最新情報・リソース・サポートを全て備えた新しいWebサイト

これらのウェブサイトは、サイト訪問者が「NEMの新たなブロックチェーンである"Symbol"と現行のNEMブロックチェーンである"NIS1"の類似点・相違点」や「NEMエコシステムの連携方法」を理解できるように設計されていると説明されています。

「Nem.io」と「Symbolplatform.com」に関してはどちらも"第一段階のバージョン"であるため、2020年7月〜8月頃にはさらなる更新を行う予定だと報告されています。

「2020年のマーケティングプラン」も公開

ネム(NEM/XEM)は2020年5月29日に「2020年のマーケティングプラン」も発表しています。2020年のマーケティングで焦点を当てる項目としては、以下のような点が挙げられています。

  • NEMエコシステムに関する認知度・理解を深め、NEMを「ブロックチェーンの次世代革命」として位置付ける
  • コミュニティの意見に耳を傾けることによって必要とされているものを理解し、コミュニティ戦略と計画を共同で作成する
  • Symbolの立ち上げや企業・団体向けのプラットフォーム採用などをサポートする

2020年に予定されている具体的な活動内容としては、以下のスケジュール表が掲載されています。

(画像:NEM Official/Mediumブログ)(画像:NEM Official/Mediumブログ)

なお、今回発表された「Symbolのウェブサイト」に関しては、第3四半期のアップデートで日本語・中国語・ロシア語・スペイン語・イタリア語のバージョンが公開されると説明されています。

>>「Nem.io」の公式サイトはこちら
>>「Nemplatform.com」の公式サイトはこちら
>>「Symbolplatform.com」の公式サイトはこちら
>>「ウェブサイト公開」に関する発表はこちら
>>「マーケティングプラン」に関する発表はこちら

2020年5月29日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は今年3月に3円付近まで下落して以降は4円前後での推移を続けており、2020年5月29日時点では「1XEM=4.45円」で取引されています。

2020年2月29日〜2020年5月29日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月29日〜2020年5月29日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)

ネム(NEM/XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

Zaif:チャットへの意見投稿で「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催へ

Zaif:チャットへの意見投稿で「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催へ

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

Socios.com:スペイン・プロサッカーリーグ「LaLiga(ラ・リーガ)」と提携

Socios.com:スペイン・プロサッカーリーグ「LaLiga(ラ・リーガ)」と提携

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

エルサルバドル「ビットコイン法」正式に施行|BTC価格は下落傾向

エルサルバドル「ビットコイン法」正式に施行|BTC価格は下落傾向

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す