NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

by BITTIMES

ネム(NEM/XEM)は2020年5月29日に「NEMエコシステムに関連する新しいウェブサイト」を公開したことを発表しました。今回はこれに合わせて「2020年のマーケティングプラン」も公開されています。

こちらから読む:GMOコイン、仮想通貨FXに"XEM"追加「NEM/XEM」関連ニュース

NEM・Symbolに関する「3つのウェブサイト」を公開

ネム(NEM/XEM)は2020年5月29日に、NEMエコシステムに関連する新しいウェブサイトを公開したことを発表しました。今回発表されたウェブサイトは以下の3つとなっており、「現行のNEMブロックチェーン(NIS1)に関するウェブサイト・NEMエコシステムに関するウェブサイト・シンボル(Symbol/XYM)に関するウェブサイト」の3つに分類されています。

【Nemplatform.com】
・NIS1に関するすべての情報を提供する最新のWebサイト

【Nem.io】
・NEMエコシステムについて説明し、NEMエコシステムへのアクセスを共有するための新しいWebサイト。「NIS1」と「Symbol」の機能の違いについても説明。

【Symbolplatform.com】
・シンボル(Symbol/XYM)の最新情報・リソース・サポートを全て備えた新しいWebサイト

これらのウェブサイトは、サイト訪問者が「NEMの新たなブロックチェーンである"Symbol"と現行のNEMブロックチェーンである"NIS1"の類似点・相違点」や「NEMエコシステムの連携方法」を理解できるように設計されていると説明されています。

「Nem.io」と「Symbolplatform.com」に関してはどちらも"第一段階のバージョン"であるため、2020年7月〜8月頃にはさらなる更新を行う予定だと報告されています。

「2020年のマーケティングプラン」も公開

ネム(NEM/XEM)は2020年5月29日に「2020年のマーケティングプラン」も発表しています。2020年のマーケティングで焦点を当てる項目としては、以下のような点が挙げられています。

  • NEMエコシステムに関する認知度・理解を深め、NEMを「ブロックチェーンの次世代革命」として位置付ける
  • コミュニティの意見に耳を傾けることによって必要とされているものを理解し、コミュニティ戦略と計画を共同で作成する
  • Symbolの立ち上げや企業・団体向けのプラットフォーム採用などをサポートする

2020年に予定されている具体的な活動内容としては、以下のスケジュール表が掲載されています。

(画像:NEM Official/Mediumブログ)(画像:NEM Official/Mediumブログ)

なお、今回発表された「Symbolのウェブサイト」に関しては、第3四半期のアップデートで日本語・中国語・ロシア語・スペイン語・イタリア語のバージョンが公開されると説明されています。

>>「Nem.io」の公式サイトはこちら
>>「Nemplatform.com」の公式サイトはこちら
>>「Symbolplatform.com」の公式サイトはこちら
>>「ウェブサイト公開」に関する発表はこちら
>>「マーケティングプラン」に関する発表はこちら

2020年5月29日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は今年3月に3円付近まで下落して以降は4円前後での推移を続けており、2020年5月29日時点では「1XEM=4.45円」で取引されています。

2020年2月29日〜2020年5月29日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月29日〜2020年5月29日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)

ネム(NEM/XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DMMビットコイン:5,000円が当たる「入金&取引キャンペーン」開始

DMMビットコイン:5,000円が当たる「入金&取引キャンペーン」開始

Tron・Refereumなどが協力|ゲーム動画視聴者に「仮想通貨報酬」提供へ

Tron・Refereumなどが協力|ゲーム動画視聴者に「仮想通貨報酬」提供へ

Ripple社訴訟の「取下げ」求める請願書、米SEC委員長に提出へ|3万以上の署名を獲得

Ripple社訴訟の「取下げ」求める請願書、米SEC委員長に提出へ|3万以上の署名を獲得

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

「サトシ・ナカモトは女性です」|ニューヨーク州議会議員

「サトシ・ナカモトは女性です」|ニューヨーク州議会議員

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

Bitget:ワールドカップ期間中にFTT保有者に200万USDの報酬を伴うSeed NFTをエアドロップ

Bitget:ワールドカップ期間中にFTT保有者に200万USDの報酬を伴うSeed NFTをエアドロップ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月13日〜19日

コインチェック:GameFi関連NFTプロジェクトの「IEO・INO案件」募集開始

コインチェック:GameFi関連NFTプロジェクトの「IEO・INO案件」募集開始

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

関東財務局:FTX Japanの業務停止命令「2023年3月」まで延長|資産の国内保有命令も

関東財務局:FTX Japanの業務停止命令「2023年3月」まで延長|資産の国内保有命令も

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

ビットバンク「FLRトークンの取扱い・XRP保有者に対する配布」を正式発表

ビットバンク「FLRトークンの取扱い・XRP保有者に対する配布」を正式発表

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す