【日本初】Brave:国内eスポーツチーム「Rush Gaming」とパートナー契約を締結

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)ブロックチェーン技術を取り入れたプライバシー重視のブラウザ「Brave(ブレイブ)」を提供している「Brave Software」が、日本国内のeスポーツチーム&ブランド「Rush Gaming(ラッシュゲーミング)」と連携した限定版のブラウザを公開したことが明らかになりました。このような取り組みは日本国内で初めてのことだと伝えられています。

こちらから読む:【日本初】デジタル地域通貨"白虎"正式運用へ「国内ニュース」

国内トップレベルのeスポーツチームとコラボ

「株式会社Rush Gaming」と「株式会社Wekids」が共同で運営しているeSportsチーム&ブランド「Rush Gaming(ラッシュゲーミング)」は2020年6月4日に、暗号資産やブロックチェーン技術を取り入れたオープンソースの次世代型ウェブブラウザ「Brave(ブレイブ)」を展開している「Brave Software」とパートナー契約を締結したことを発表しました。

「Rush Gaming」は、世界的に人気のFPSゲーム「Call Of Duty(コール・オブ・デューティー)」シリーズの国内プロリーグで活用している人気・実力ともに国内トップレベルのeスポーツチームであり、同チームに所属している選手やストリーマーは数多くのプレイ動画を投稿しており、大会やファンイベントなどでもファンを魅了し続けています。

今回発表されたパートナー契約を通じて「Brave」は、Rush Gamingファンの人々向けに開発されたカスタマイズ機能を提供します。この機能は専用URLからダウンロードすることができるようになっており、ダウンロードが完了すると新規タブページの背景やお気に入りを「Rush Gaming」に関連したものに設定できるようになります。

(画像:Rush Gaming)(画像:Rush Gaming)

「BATポイントを通じた支援」も受付開始

今回の発表では、Rush Gamingの「公式サイト」や「SNSアカウント」などでベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)を通じた支援の受付を開始することも発表されています。

Braveブラウザを利用している方は「Brave Rewardsプログラム」に参加することによって無料でポイントを貯めることができ、獲得したBATポイントを使用して「Rush Gaming」を支援することができます。

Rush Gamingは『今後もBrave Rewardsなどを活用したクリエイター/パフォーマーとファンとの新しい繋がりの形を様々な手法やプラットフォームを通じて模索していく』と説明しています。

>>「Rush Gaming」の公式発表はこちら
>>「Rush Gaming仕様のBraveブラウザ」はこちら

2020年6月6日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は先月9日に26円付近まで回復して以降は20〜25円付近での推移を続けていたものの、現在は再び回復してきており、2020年6月6日時点では「1BAT=26.41円」で取引されています。

2020年3月8日〜2020年6月6日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年3月8日〜2020年6月6日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

ベーシックアテンショントークン(BAT)を購入することができる暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

米上院銀行委員会「ブロックチェーン・仮想通貨規制」の公聴会、今月30日開催へ

米上院銀行委員会「ブロックチェーン・仮想通貨規制」の公聴会、今月30日開催へ

仮想通貨の税制変更「金融庁からも国税庁に要望提出すべき」藤巻議員

仮想通貨の税制変更「金融庁からも国税庁に要望提出すべき」藤巻議員

仮想通貨マイニングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨マイニングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

砂漠の仮想通貨都市実現に向けネバダ州に「独自行政組織」の設立申請:Blockchains社

砂漠の仮想通貨都市実現に向けネバダ州に「独自行政組織」の設立申請:Blockchains社

TAOTAO:仮想通貨の入金&レバレッジ取引で「最大10,000円」が貰えるキャンペーン開催

TAOTAO:仮想通貨の入金&レバレッジ取引で「最大10,000円」が貰えるキャンペーン開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

Square・TwitterのCEO「ビットコインの分散型取引所(DEX)構築」を計画

Square・TwitterのCEO「ビットコインの分散型取引所(DEX)構築」を計画

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

PayPal:英国の全ユーザー向けに「仮想通貨取引サービス」提供開始

PayPal:英国の全ユーザー向けに「仮想通貨取引サービス」提供開始

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す