【日本初】Brave:国内eスポーツチーム「Rush Gaming」とパートナー契約を締結

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)ブロックチェーン技術を取り入れたプライバシー重視のブラウザ「Brave(ブレイブ)」を提供している「Brave Software」が、日本国内のeスポーツチーム&ブランド「Rush Gaming(ラッシュゲーミング)」と連携した限定版のブラウザを公開したことが明らかになりました。このような取り組みは日本国内で初めてのことだと伝えられています。

こちらから読む:【日本初】デジタル地域通貨"白虎"正式運用へ「国内ニュース」

国内トップレベルのeスポーツチームとコラボ

「株式会社Rush Gaming」と「株式会社Wekids」が共同で運営しているeSportsチーム&ブランド「Rush Gaming(ラッシュゲーミング)」は2020年6月4日に、暗号資産やブロックチェーン技術を取り入れたオープンソースの次世代型ウェブブラウザ「Brave(ブレイブ)」を展開している「Brave Software」とパートナー契約を締結したことを発表しました。

「Rush Gaming」は、世界的に人気のFPSゲーム「Call Of Duty(コール・オブ・デューティー)」シリーズの国内プロリーグで活用している人気・実力ともに国内トップレベルのeスポーツチームであり、同チームに所属している選手やストリーマーは数多くのプレイ動画を投稿しており、大会やファンイベントなどでもファンを魅了し続けています。

今回発表されたパートナー契約を通じて「Brave」は、Rush Gamingファンの人々向けに開発されたカスタマイズ機能を提供します。この機能は専用URLからダウンロードすることができるようになっており、ダウンロードが完了すると新規タブページの背景やお気に入りを「Rush Gaming」に関連したものに設定できるようになります。

(画像:Rush Gaming)(画像:Rush Gaming)

「BATポイントを通じた支援」も受付開始

今回の発表では、Rush Gamingの「公式サイト」や「SNSアカウント」などでベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)を通じた支援の受付を開始することも発表されています。

Braveブラウザを利用している方は「Brave Rewardsプログラム」に参加することによって無料でポイントを貯めることができ、獲得したBATポイントを使用して「Rush Gaming」を支援することができます。

Rush Gamingは『今後もBrave Rewardsなどを活用したクリエイター/パフォーマーとファンとの新しい繋がりの形を様々な手法やプラットフォームを通じて模索していく』と説明しています。

>>「Rush Gaming」の公式発表はこちら
>>「Rush Gaming仕様のBraveブラウザ」はこちら

2020年6月6日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は先月9日に26円付近まで回復して以降は20〜25円付近での推移を続けていたものの、現在は再び回復してきており、2020年6月6日時点では「1BAT=26.41円」で取引されています。

2020年3月8日〜2020年6月6日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年3月8日〜2020年6月6日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

ベーシックアテンショントークン(BAT)を購入することができる暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号通貨ハードウォレットがAmazonベストセラー8位に!!「業界初の快挙」

暗号通貨ハードウォレットがAmazonベストセラー8位に!!「業界初の快挙」

VISA:ブロックチェーン用いた「デジタル法定通貨」の特許申請

VISA:ブロックチェーン用いた「デジタル法定通貨」の特許申請

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

LINE:仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供開始

LINE:仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供開始

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月23日〜29日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月23日〜29日

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

暗号資産取引所「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

ビットフライヤー:イーサリアムクラシック(ETC)の「預入れ」一時停止へ

ビットフライヤー:イーサリアムクラシック(ETC)の「預入れ」一時停止へ

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す