トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

by BITTIMES

トロン財団(TRON Foundation)は2020年6月7日のブログ投稿で、複数の改善・新機能を搭載した「TRON 4.0」が2020年7月7日にリリースされることを明らかにしました。TronのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は『TRON 4.0の公開によって、TRONは"業界の流行を作る存在"へと進化していく』と語っています。

こちらから読む:Ledger Live、TRXのステーキングをサポート「Tron/TRX」関連ニュース

「TRON 4.0」公開による変更点なども説明

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、先月末にTRONの新しいバージョンである「TRON 4.0」が近日中にリリースされることを明らかにしていましたが、今回の発表ではこの「TRON 4.0」が2020年7月7日にリリースされることが発表されています。

TRON財団は今回の発表で「具体的な変更内容」についても説明しています。主な変更点としては以下の4点が挙げられており、次のように説明が行われています。

  1. 仮想マシンでサポートされる最初のスマートコントラクトプライバシープロトコルを開発しました。これは現時点で最も安全で、生産性が高く、エネルギー効率の高いプライバシープロトコルでもあります。これらのプロトコルは、TRXのルールに準拠しながらプロトコルを選択する場合に、開発者に多くの可能性を提供します。
  2. DPoSとPBFTの利点を組み合わせてTPOSコンセンサスメカニズムをアップグレードし、ブロック確認時間を57秒から3秒に短縮して、ブロックチェーンの安全性と循環を強化しました。これらのアップグレードにより、TRON 4.0はその他すべてのパブリックチェーンの中でも特出して優れたものになります。
  3. 新しいTICPクロスチェーンプロトコルが導入され、TRONエコシステムにクロスチェーンの時代が到来しました。TRON 4.0がリリースされると、世界中の開発者が接続できる3つのパブリックチェーンが利用可能になります。1,000〜10,000に至るクロスチェーン通信の時代がここから始まります。
  4. 金融機関・エンタープライズ向けブロックチェーンソリューションの開発に成功しました。金融機関やビジネス開発者は、ニーズに基づいてカスタマイズされたブロックチェーンアプリケーションを迅速に展開することができます。これらのソリューションはプロジェクトの時間とコストを大幅に削減するだけでなく、新しいブロックチェーンシステムを簡単に採用できるようにします。

ジャスティン・サン氏は『TRON 4.0の正式リリースは、TRONが"ブロックチェーン中心のプロジェクト"から"業界の新たな流行を作る存在"へと変革することを意味する』と述べており、TRON 4.0が分散型アプリケーション(DApps)だけでなく「分散型金融(DeFi)」も視野に入れているということを説明しています。

TRONのブロックチェーン上にはすでに様々なDAppsが構築されており、取引も活発に行われていることが報告されているため、DeFi分野における今後の取り組みにも注目です。

>>「TRON財団」の公式発表はこちら

2020年6月8日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は今年3月に1円以下まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年6月8日時点では「1TRX=2.02円」で取引されています。

>>TRXを取り扱っている取引所「BINANCE」の公式サイトはこちら

2020年3月10日〜2020年6月8日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2020年3月10日〜2020年6月8日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エアドロップで無料配布された暗号資産に「税金」はかかるのか?注意点などを紹介

エアドロップで無料配布された暗号資産に「税金」はかかるのか?注意点などを紹介

コインチェック:貸仮想通貨サービスの最低貸付金額を「1万円」に引き下げ

コインチェック:貸仮想通貨サービスの最低貸付金額を「1万円」に引き下げ

米議員「アルゴリズム型ステーブルコインの発行禁止する法案」準備か=報道

米議員「アルゴリズム型ステーブルコインの発行禁止する法案」準備か=報道

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

フィナンシェ:パルコの親会社「J.フロントリテイリング」と資本業務提携の協議開始

フィナンシェ:パルコの親会社「J.フロントリテイリング」と資本業務提携の協議開始

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)ETFの実現に向けて「ShibArmy」が署名活動を開始

シバイヌ(SHIB)ETFの実現に向けて「ShibArmy」が署名活動を開始

CoinGecko「分散型取引所(DEX)のデータにアクセスできるAPI」提供開始

CoinGecko「分散型取引所(DEX)のデータにアクセスできるAPI」提供開始

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

Symbol活用したフードNFTの交換イベント「春のフードNFT交換まつり!」開催へ

Symbol活用したフードNFTの交換イベント「春のフードNFT交換まつり!」開催へ

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す