トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

by BITTIMES

トロン財団(TRON Foundation)は2020年6月7日のブログ投稿で、複数の改善・新機能を搭載した「TRON 4.0」が2020年7月7日にリリースされることを明らかにしました。TronのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は『TRON 4.0の公開によって、TRONは"業界の流行を作る存在"へと進化していく』と語っています。

こちらから読む:Ledger Live、TRXのステーキングをサポート「Tron/TRX」関連ニュース

「TRON 4.0」公開による変更点なども説明

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、先月末にTRONの新しいバージョンである「TRON 4.0」が近日中にリリースされることを明らかにしていましたが、今回の発表ではこの「TRON 4.0」が2020年7月7日にリリースされることが発表されています。

TRON財団は今回の発表で「具体的な変更内容」についても説明しています。主な変更点としては以下の4点が挙げられており、次のように説明が行われています。

  1. 仮想マシンでサポートされる最初のスマートコントラクトプライバシープロトコルを開発しました。これは現時点で最も安全で、生産性が高く、エネルギー効率の高いプライバシープロトコルでもあります。これらのプロトコルは、TRXのルールに準拠しながらプロトコルを選択する場合に、開発者に多くの可能性を提供します。
  2. DPoSとPBFTの利点を組み合わせてTPOSコンセンサスメカニズムをアップグレードし、ブロック確認時間を57秒から3秒に短縮して、ブロックチェーンの安全性と循環を強化しました。これらのアップグレードにより、TRON 4.0はその他すべてのパブリックチェーンの中でも特出して優れたものになります。
  3. 新しいTICPクロスチェーンプロトコルが導入され、TRONエコシステムにクロスチェーンの時代が到来しました。TRON 4.0がリリースされると、世界中の開発者が接続できる3つのパブリックチェーンが利用可能になります。1,000〜10,000に至るクロスチェーン通信の時代がここから始まります。
  4. 金融機関・エンタープライズ向けブロックチェーンソリューションの開発に成功しました。金融機関やビジネス開発者は、ニーズに基づいてカスタマイズされたブロックチェーンアプリケーションを迅速に展開することができます。これらのソリューションはプロジェクトの時間とコストを大幅に削減するだけでなく、新しいブロックチェーンシステムを簡単に採用できるようにします。

ジャスティン・サン氏は『TRON 4.0の正式リリースは、TRONが"ブロックチェーン中心のプロジェクト"から"業界の新たな流行を作る存在"へと変革することを意味する』と述べており、TRON 4.0が分散型アプリケーション(DApps)だけでなく「分散型金融(DeFi)」も視野に入れているということを説明しています。

TRONのブロックチェーン上にはすでに様々なDAppsが構築されており、取引も活発に行われていることが報告されているため、DeFi分野における今後の取り組みにも注目です。

>>「TRON財団」の公式発表はこちら

2020年6月8日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は今年3月に1円以下まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年6月8日時点では「1TRX=2.02円」で取引されています。

>>TRXを取り扱っている取引所「BINANCE」の公式サイトはこちら

2020年3月10日〜2020年6月8日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2020年3月10日〜2020年6月8日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産自動損益計算のクリプタクト「Bitget」に新規対応|BybitとのAPI接続も可能に

暗号資産自動損益計算のクリプタクト「Bitget」に新規対応|BybitとのAPI接続も可能に

【重要】OKCoinJapan「暗号資産入庫アドレスの切り替え」を実施|送金ミスに要注意

【重要】OKCoinJapan「暗号資産入庫アドレスの切り替え」を実施|送金ミスに要注意

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

注目度の高い仮想通貨ニュース

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

coinbook:新規口座開設で「1,000円相当のADA」プレゼント|キャンペーン開催

coinbook:新規口座開設で「1,000円相当のADA」プレゼント|キャンペーン開催

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

カルダノ基盤の分散型取引所「WingRiders」とは?基本情報や特徴を解説

カルダノ基盤の分散型取引所「WingRiders」とは?基本情報や特徴を解説

Bitget「友達招待で互いに報酬を獲得、50,000USDTを山分け」イベント開催中

Bitget「友達招待で互いに報酬を獲得、50,000USDTを山分け」イベント開催中

メタケードの強みはP2Eゲームにあり|2023年の投資を成功させよう

メタケードの強みはP2Eゲームにあり|2023年の投資を成功させよう

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

滝沢秀明氏:火山写真のNFT作品「Volcano Adventure Club」発行|OpenSeaで販売

滝沢秀明氏:火山写真のNFT作品「Volcano Adventure Club」発行|OpenSeaで販売

The Sandboxの土地販売価格を引き下げ「LAND価格見直しキャンペーン」開始:コインチェック

The Sandboxの土地販売価格を引き下げ「LAND価格見直しキャンペーン」開始:コインチェック

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す