【TRON 4.0 vs Ethereum 2.0】トロンCEO、Twitter上でアンケート調査を実施

by BITTIMES   

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、2020年5月23日のツイートでTRONの新しいバージョンである「TRON 4.0」が間も無く公開される予定であることを報告しました。同氏がTwitter上で行ったアンケートでは50%以上の人々が『Ethereum 2.0よりもTRON 4.0を支持する』と回答しています。

こちらから読む:Galaxy Store、トロン関連DApps取扱い開始「Tron/TRX」関連ニュース

TRON 4.0「Ethereum 2.0」よりも高い支持を獲得

Justin Sun(ジャスティン・サン)氏は2020年5月23日のツイートで『TRON 4.0 is coming!』というシンプルなツイートを投稿し、TRONブロックチェーンの新しいバージョンが間も無く公開されることを示唆しました。

TRONとの比較で頻繁に取り上げられるイーサリアム(Ethereum/ETH)も長い間待ち望まれている「Ethereum 2.0」の公開を控えているため、コミュニティの間では「TRON4.0」と「Ethereum 2.0」を比較する議論が繰り広げられています。

「TRON 4.0」に関する詳しい情報は明らかにされていませんが、ジャスティン・サン氏が23日からTwitter上で実施している『TRON 4.0 vs Ethereum 2.0のどちらが良いか?』というアンケートでは、記事執筆時点で「TRON 4.0が 57.6%」「Ethereum 2.0が42.4%」という結果が出ており、"TRON 4.0を支持する"という意見がやや多いことが示されています。

(画像:Justin Sun氏Twitter)(画像:Justin Sun氏Twitter

イーサリアムは時価総額ランキング2位に位置付けられている代表的なアルトコインであり、現在市場に流通している多くの仮想通貨・トークンがイーサリアムの技術に基づいて構築されているほか、様々な企業のプロジェクトでもイーサリアムのブロックチェーン技術が活用されています。

一方トロンは「イーサリアムキラー」と呼ばれる仮想通貨の1つであり、分散型アプリケーション(DApps)関連の分野で広く活用されています。TRONのブロックチェーン技術を用いて開発されたゲーム・ギャンブル関連のDAppsは特に多くのユーザーに利用されていることでも知られており、取引が活発に行われていることも定期的に報告されています。

投票開始時点では「Ethereum 2.0」が優位

合計約6万回の投票が行われている2020年5月25日時点のアンケート結果は「TRON 4.0を支持する人の方が多い」という結果が出ていますが、投票数が約2万程度だった2020年5月24日時点では「TRON 4.0が27.8%」「Ethereum 2.0が72.2%」という結果になっていたことも報告されているため、残りの投票受付期間で結果が変化する可能性もあると考えられます。

早い時点での投票結果(画像:@layman_crypto氏Twitter)早い時点での投票結果(画像:@layman_crypto氏Twitter

「TRON 4.0」への投票数は1日で大幅に増加したため、コメント欄では『投票を買収したのではないか』と指摘する意見も出ていますが、現在の投票結果は僅差となっているため、最終的な投票結果にも注目です。

「TRON 4.0」へのアップデートに関する詳細は明らかにされていないものの、ジャスティン・サン氏はこのアップデートについて『スケーラビリティ・プライバシー・相互運用性・エンタープライズアプリケーションなどがキーワードになる』と語っています。

2020年5月25日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は先月末に1.77円付近まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年5月25日時点では「1TRX=1.55円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年2月25日〜2020年5月25日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月25日〜2020年5月25日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

Amazonで仮想通貨が使える「Purse」サービス終了へ

Amazonで仮想通貨が使える「Purse」サービス終了へ

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

トロン財団:TRXがもらえる「TRON 4.0 Telegramキャンペーン」開催

トロン財団:TRXがもらえる「TRON 4.0 Telegramキャンペーン」開催

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chainalysis「DASH・Zcashの追跡ツール」提供へ|匿名性に関する誤解について説明

Chainalysis「DASH・Zcashの追跡ツール」提供へ|匿名性に関する誤解について説明

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月21日〜27日

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

BITMAX「推し暗号資産」に関するTwitterアンケートの集計結果を公開

BITMAX「推し暗号資産」に関するTwitterアンケートの集計結果を公開

暗号資産5銘柄の「2020年〜2033年価格予想」を公開:Crypto Research Report

暗号資産5銘柄の「2020年〜2033年価格予想」を公開:Crypto Research Report

韓国BMW:ブロックチェーン基盤の報酬プログラム「BMW Vantage」を発表

韓国BMW:ブロックチェーン基盤の報酬プログラム「BMW Vantage」を発表

コインベース:暗号資産「コンパウンド(Compound/COMP)」の取り扱い開始

コインベース:暗号資産「コンパウンド(Compound/COMP)」の取り扱い開始

ビットコイン「本格的な強気相場到来」は近い?Willy Woo氏が新たな分析モデルで予想

ビットコイン「本格的な強気相場到来」は近い?Willy Woo氏が新たな分析モデルで予想

日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

Zaif:オリジナルグッズ・大根カレーが当たる「プレゼントキャンペーン」開始

Zaif:オリジナルグッズ・大根カレーが当たる「プレゼントキャンペーン」開始

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

人気のタグから探す