ウォレットを超えたXRP Ledger銀行アプリ「Xumm」を紹介:リップル投資部門

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社の投資・支援部門である「Xpring」は2020年5月23日に、XRP Ledgerを用いて開発されたバンキングアプリ「Xumm」に関する紹介記事を公開し、『Xummは"ユーザー個人の銀行"として機能する様々な機能を搭載した革新的アプリである』ということ説明しています。

「ユーザー個人の銀行」として機能する革新的アプリ

XUMM-App-iOS-Android

Ripple(リップル)社の投資・支援部門である「Xpring」は2020年5月23日のブログ投稿で、同社が支援しているXRP関連アプリ開発ラボ「XRPL Labs」が開発を進めているバンキングアプリ「Xumm」の紹介を行いました。

「Xumm」は仮想通貨XRPの基盤となっている分散型台帳技術「XRP Ledger」を用いて開発されたアプリであり、仮想通貨XRPなどを保管することができるアプリとして知られていますが、Ripple社のデベロッパー関連責任者であるWarren Paul Anderson(ウォーレン・ポール・アンダーソン)氏は『Xummは一般的な仮想通貨ウォレットとは違い、それぞれのユーザーが"自分の銀行"を持てるようにするための様々な機能を提供している』と説明しています。

一見すると「Xumm」はXRPを保管するための一般的な仮想通貨ウォレットのように見えます。しかし熟練された目で見ると、Xummのプラットフォームには「何千ものユーザーそれぞれに"自分の銀行"を提供するための様々な機能が搭載されている」ということがわかるでしょう。

XRP Ledgerを用いて「様々な資産を一括管理」

「XRPL Labs」は、Xummの最終目標として「金融機関のサポートを必要とせずに、人々がドル・ユーロ・XRPなどといった様々な通貨を節約して使用できる方法を提供すること」を掲げています。

「Xumm」のアプリでは、自分のウォレットを作成する際に「A・B・C・D・E・F・G・H」という合計8つの項目ごとに6つのランダムな数字が生成され、「合計48個(8×6=48)」の数字をユーザーに記録させることによって、ウォレットを復元する際などに使用する"秘密鍵"を発行する仕組みを採用しています。

この「秘密鍵の書き留め作業」と「確認のための再入力」が完了すると、資金を受け取るための"パブリックアドレス"が生成されるため、ユーザーはこのアドレスを用いて他のアドレスなどからXRP・米ドル・ユーロなどの資産を受け取ることができます。

Xummでは「XRP Ledger」に組み込まれている"分散型取引"の機能も活用することによって米ドルやユーロなどの法定通貨を保管できるようにしているとのことで、XRP Ledgerにおいて「Issued Currencies」と呼ばれるこれらの法定通貨に裏付けられた通貨は『テザー(Tether/USDT)のようなステーブルコインに似ている』と説明されています。

Xummアプリはこの「Issued Currencies」として外部の様々な資産をアカウントに追加できるように設計されているため、一般的なウォレットアプリでは保管できない法定通貨などの資産と仮想通貨を一括管理して、XRP Ledgerの特徴である"安い手数料"でそれらの資産を送受信することができるとのことです。

「Issued Currencies」として発行される通貨は中央集権型取引所のような仕組みで「仮想通貨XRP」と相互交換することができますが、これらの交換は基本的には「12drops(0.000012XRP)」の手数料しかかからないとされています。「XRP Ledger」でアカウントを有効化するためには"スパム防止"などのために「20XRP」が必要となりますが、その後の取引手数料の安さなどを踏まえて考えると、総合的にかかる料金は非常に安いと言えるでしょう。

「iOS・Android向けのベータ版」公開中|日本語にも対応

XRP-Banking-App-XUMM

「Xumm」アプリは2020年3月末から「App Store」と「Google Play」の両方で"ベータ版"としてリリースされており、日本でもダウンロードすることができるようになっています。

なお、アプリをインストールした後に画面右下の「Setting(設定)」を選択して「General」に移動し「Language(言語)」を「Japanese(日本語)」に変更すれば、日本語でアプリを利用することも可能です。

ただし「Xumm」は現時点で"ベータ版"として提供されており、同アプリの開発者であるWietse Wind氏も『大量の資金を転送しないように』と警告しているため、実際に利用する場合には少額の資金で利用することが重要です。

>>「Xpring」の紹介記事はこちら
>>「Xumm」の公式サイトはこちら
>>「Xumm iOS版」のダウンロードはこちら
>>「Xumm Android版」のダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

半減期前にして「ビットコインクジラ」急増中|1,000BTC以上の大口取引も多数報告

半減期前にして「ビットコインクジラ」急増中|1,000BTC以上の大口取引も多数報告

BINANCE:ミームコイン「PEPE・FLOKI」取扱開始|上場発表で価格急騰

BINANCE:ミームコイン「PEPE・FLOKI」取扱開始|上場発表で価格急騰

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す