BINANCE:VISAカード用いた暗号資産購入「世界180ヵ国以上」で利用可能に

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年6月19日に、世界180ヵ国以上のユーザーがVISA(ビザ)のクレジットカードやデビットカードで暗号資産(仮想通貨)を直接購入できるようになったことを発表しました。

こちらから読む:Ripple、世界共通の送金ID"PayID"を発表「暗号資産」関連ニュース

世界180ヵ国以上で「VISAカードでの直接購入」が可能に

BINANCE(バイナンス)は以前から、世界中の人々が気軽に暗号資産(仮想通貨)を売買できる環境を提供するための取り組みを続けており、世界各国の法定通貨をサポートしていく計画などを明らかにしていましたが、先日19日には「世界180ヵ国以上のユーザーがVISAのクレジットカードやデビットカードを用いて暗号資産を直接購入できるようになったこと」が発表されました。

バイナンスによると、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)
テザー(Tether/USDT)
・バイナンスUSD(Binance USD/BUSD)
などの暗号資産はクレジットカード・デビットカードで直接購入することができ、購入後は数秒以内にBinanceアカウントへと暗号資産が入金されると説明されています。

VISAカードに既に対応している地域としては「欧州諸国英国ロシアウクライナ・ラテンアメリカ・カリブ海諸国・北米」などが挙げられており、2020年6月22日〜23日頃には「アジア太平洋・中東・アフリカ」などの地域でも対応する予定だとされています。

ただし「オーストラリアブラジルカナダコンゴ北朝鮮シリアアメリカジンバブエ・ベラルーシ・クリミア・キューバ・イラン・イラク・スーダン」などの国ではこれらのサービスは"許可されていない"と説明されています。

「Binance.com」は再び日本語対応

BINANCE(バイナンス)が提供している本家の暗号資産取引所「Binance.com」は、記事執筆時点で再び"日本語"にも対応しています。

同社は以前に日本側からの指摘を受けて「日本語ページ」を削除したことを明らかにしていましたが、現在は公式サイトの「言語切り替えボタン」から「日本語」を選択することによって、日本語表示に切り替えることができるようになっています。

暗号資産メディア「コインテレグラフ」の報道によると、バイナンスは「日本語表示に対応した理由」について『日本に住んでいない日本語を話すユーザーに向けたサービスを意図している』と説明しているとのことです。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック「最大20,000円」キャッシュバック!新規登録キャンペーン開催中

コインチェック「最大20,000円」キャッシュバック!新規登録キャンペーン開催中

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

DeCurret:仮想通貨決済プラットフォーム開発に向け「総額34億円」の資金調達

DeCurret:仮想通貨決済プラットフォーム開発に向け「総額34億円」の資金調達

強盗殺人・ビットコイン詐取の男性「無期懲役」確定へ|最高裁判所が上告を棄却

強盗殺人・ビットコイン詐取の男性「無期懲役」確定へ|最高裁判所が上告を棄却

仮想通貨プロジェクトLibraに「大手銀行関係者」を採用|規制の懸念に対処:Facebook

仮想通貨プロジェクトLibraに「大手銀行関係者」を採用|規制の懸念に対処:Facebook

SBI:デジタル通貨発行基盤「Sコインプラットフォーム」の実証実験開始

SBI:デジタル通貨発行基盤「Sコインプラットフォーム」の実証実験開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

米通貨監督庁第32代長官に「Coinbase元幹部」を指名:トランプ大統領

米通貨監督庁第32代長官に「Coinbase元幹部」を指名:トランプ大統領

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

カナダ天然資源省:ブロックチェーン基盤の「電気自動車充電管理プロジェクト」に資金提供

カナダ天然資源省:ブロックチェーン基盤の「電気自動車充電管理プロジェクト」に資金提供

KuCoin:ハッキングで影響を受けた暗号資産の「84%」を回収

KuCoin:ハッキングで影響を受けた暗号資産の「84%」を回収

Ripple社が支援するゲーム関連企業「Forte」新たに4社とのパートナーシップを発表

Ripple社が支援するゲーム関連企業「Forte」新たに4社とのパートナーシップを発表

LINE:BITMAX Walletに「ブロックチェーンサービス(DApps)リスト」を追加

LINE:BITMAX Walletに「ブロックチェーンサービス(DApps)リスト」を追加

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

ブロックチェーンとAIで「日本マンガの多言語翻訳+収益還元」Gaudiy×Mantra

ブロックチェーンとAIで「日本マンガの多言語翻訳+収益還元」Gaudiy×Mantra

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す