BINANCE:VISAカード用いた暗号資産購入「世界180ヵ国以上」で利用可能に

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年6月19日に、世界180ヵ国以上のユーザーがVISA(ビザ)のクレジットカードやデビットカードで暗号資産(仮想通貨)を直接購入できるようになったことを発表しました。

こちらから読む:Ripple、世界共通の送金ID"PayID"を発表「暗号資産」関連ニュース

世界180ヵ国以上で「VISAカードでの直接購入」が可能に

BINANCE(バイナンス)は以前から、世界中の人々が気軽に暗号資産(仮想通貨)を売買できる環境を提供するための取り組みを続けており、世界各国の法定通貨をサポートしていく計画などを明らかにしていましたが、先日19日には「世界180ヵ国以上のユーザーがVISAのクレジットカードやデビットカードを用いて暗号資産を直接購入できるようになったこと」が発表されました。

バイナンスによると、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)
テザー(Tether/USDT)
・バイナンスUSD(Binance USD/BUSD)
などの暗号資産はクレジットカード・デビットカードで直接購入することができ、購入後は数秒以内にBinanceアカウントへと暗号資産が入金されると説明されています。

VISAカードに既に対応している地域としては「欧州諸国英国ロシアウクライナ・ラテンアメリカ・カリブ海諸国・北米」などが挙げられており、2020年6月22日〜23日頃には「アジア太平洋・中東・アフリカ」などの地域でも対応する予定だとされています。

ただし「オーストラリアブラジルカナダコンゴ北朝鮮シリアアメリカジンバブエ・ベラルーシ・クリミア・キューバ・イラン・イラク・スーダン」などの国ではこれらのサービスは"許可されていない"と説明されています。

「Binance.com」は再び日本語対応

BINANCE(バイナンス)が提供している本家の暗号資産取引所「Binance.com」は、記事執筆時点で再び"日本語"にも対応しています。

同社は以前に日本側からの指摘を受けて「日本語ページ」を削除したことを明らかにしていましたが、現在は公式サイトの「言語切り替えボタン」から「日本語」を選択することによって、日本語表示に切り替えることができるようになっています。

暗号資産メディア「コインテレグラフ」の報道によると、バイナンスは「日本語表示に対応した理由」について『日本に住んでいない日本語を話すユーザーに向けたサービスを意図している』と説明しているとのことです。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

ザイフ:仮想通貨決済サービス「Zaif Payment」再開へ|BTC・MONAに対応

ザイフ:仮想通貨決済サービス「Zaif Payment」再開へ|BTC・MONAに対応

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版サービス提供開始

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版サービス提供開始

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

注目度の高い仮想通貨ニュース

前澤友作氏「MZDAO」の初期メンバー募集開始|数時間で登録者数1万人超え

前澤友作氏「MZDAO」の初期メンバー募集開始|数時間で登録者数1万人超え

Palette:PLTステーキングでNFTがもらえる「ジェネシスブロックデー記念キャンペーン」開催

Palette:PLTステーキングでNFTがもらえる「ジェネシスブロックデー記念キャンペーン」開催

BNB Chain:詐欺警告機能などを備えた新プラットフォーム「DappBay」を発表

BNB Chain:詐欺警告機能などを備えた新プラットフォーム「DappBay」を発表

Zaif:1,000円相当分のCICCがもらえる「コイン積立対象暗号資産追加キャンペーン」開始

Zaif:1,000円相当分のCICCがもらえる「コイン積立対象暗号資産追加キャンペーン」開始

GMOインターネット:NFTドメイン紹介・登録サービス「CryptoName byGMO」提供開始

GMOインターネット:NFTドメイン紹介・登録サービス「CryptoName byGMO」提供開始

【国内初】暗号資産自動両替機「BTM」のサービス提供開始:株式会社ガイア

【国内初】暗号資産自動両替機「BTM」のサービス提供開始:株式会社ガイア

Chiliz&Socios「バルサ・スタジオ」に1億ユーロを投資|FCバルセロナのWeb3戦略を加速

Chiliz&Socios「バルサ・スタジオ」に1億ユーロを投資|FCバルセロナのWeb3戦略を加速

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

分散型音楽配信の「Audius」ハッキング被害で約8億円相当のトークン流出

分散型音楽配信の「Audius」ハッキング被害で約8億円相当のトークン流出

日本初のフィジカルNFTギャラリー「NOX」渋谷区富ヶ谷にオープン|展示作品も募集

日本初のフィジカルNFTギャラリー「NOX」渋谷区富ヶ谷にオープン|展示作品も募集

GMOコイン:18銘柄の手数料が最大半額「取引所(現物取引)手数料キャンペーン」開始

GMOコイン:18銘柄の手数料が最大半額「取引所(現物取引)手数料キャンペーン」開始

Epic Games CEO:MinecraftのようなNFT禁止「絶対にしない」とコメント

Epic Games CEO:MinecraftのようなNFT禁止「絶対にしない」とコメント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す