Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

by BITTIMES

支払いサービス「Omise(オミセ)」やイーサリアム・ブロックチェーンネットワークを開発・運営する「OMG Network」などを子会社に持つフィンテック企業「SYNQA(シンカ)」が、トヨタファイナンシャルサービス(TFS)や三井住友銀行などから8,000万ドル(約85億円)の資金を調達したことが明らかになりました。同社は決済アプリなどでTFSと協業すると伝えられています。

こちらから読む:BTCのGiveAway詐欺、数億円の被害報告も「暗号資産」関連ニュース

日本・アジア地域のキャッシュレス化を推進

SYNQA(シンカ)は、オンライン決済サービス「Omise(オミセ)」や暗号資産プロジェクト「OmiseGo(オミセゴー)」の親会社にあたるフィンテック企業であり、今年4月末の社名変更以前は「Omise Holdings(オミセ・ホールディングス)」として知られていました。

同社は2020年6月22日の発表で「トヨタファイナンシャルサービス(TFS)」や「三井住友銀行」などといった複数の企業からシリーズCの資金調達で8,000万ドル(約85億円)の資金を調達したことを明らかにしました。出資を行った企業の中には以下のような企業が含まれているとされています。
・SCB 1OX(タイのサイアム商業銀行傘下の企業)
・スパークス・グループ(未来創生ファンド・2号)
・トヨタファイナンシャルサービス(TFS)
・三井住友銀行
・SMBCベンチャーキャピタル
・あいおいニッセイ同和損害保険
・非公開の投資家

SYNQAは今回調達した資金を用いて、企業サービスのデジタル化などに役立つエンタープライズ向けのソリューションや製品を展開していくことを計画しており、日本やアジア地域のキャッシュレス化を推進していくことを予定しています。

今回出資を行った「トヨタファイナンシャルサービス(TFS)」は、決済アプリである「トヨタウォレット(TOYOTA Wallet)」にSYNQAのブロックチェーン技術や決済基盤を活用しているとのことで、シンカは調達資金を日本タイでの技術者採用や他のフィンテック企業へとの出資に充てると伝えられています。

タイに本拠を構えている「SYNQA(シンカ)」は、同国を中心とする複数の国でECサイト(電子商取引)向けの決済システムを展開しており、決済処理が高速であることなどから、タイのマクドナルド(McDonald's)や通信大手などでも活用されています。

ここ最近では新型コロナウイルスなどの影響などによってECサイトや決済アプリの需要も高まってきているため、今後は日本・インドネシアなどの東南アジア地域でシステム提供先を増やしていく方針だとされています。

>>「SYNQA」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Telegramに「調達資金17億ドルの財務報告」求める:米国証券取引委員会(SEC)

Telegramに「調達資金17億ドルの財務報告」求める:米国証券取引委員会(SEC)

仮想通貨決済大手BitPay「XRPサポート」を正式発表

仮想通貨決済大手BitPay「XRPサポート」を正式発表

ベネズエラ:仮想通貨の需要高まる|インフレ率100万%に

ベネズエラ:仮想通貨の需要高まる|インフレ率100万%に

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

ビットポイント「恩をADAで返す!総額1億円キャンペーン」開始|約定金額の1%還元

ビットポイント「恩をADAで返す!総額1億円キャンペーン」開始|約定金額の1%還元

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す