ビットコイン「本格的な強気相場到来」は近い?Willy Woo氏が新たな分析モデルで予想

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)の暴落・高騰予想を的中させていることでも知られる著名アナリストのWilly Woo(ウィリー・ウー)氏は、2020年6月27日にビットコイン(Bitcoin/BTC)の新しい分析モデルを公開し、『今後1ヶ月ほどで指数関数的な強気相場が始まる』との予想を示しました。

こちらから読む:豪州の郵便局でBTCが購入可能に「ビットコイン」関連ニュース

今後1ヶ月ほどで「指数関数的な強気相場」突入か

Willy Woo(ウィリー・ウー)氏は2020年6月27日のツイートで、ビットコイン(BTC)の新しい分析モデルを公開し、『今後1ヶ月ほどで指数関数的な新しい強気相場が訪れる』との予想を示しました。

同氏は『ビットコインは新型コロナウイルスの影響で価格上昇が終了するまで強気相場入りの準備を進めていた』と述べており、『来月頃には新しい強気相場が始まるだろう』と説明しています。

これは私が取り組んでいる新しいモデルであり、指数関数的な強気相場の開始時期を正確に示しています。

1)ビットコインは新型コロナウイルスがパーティーを強制終了させるまで強気相場入りの準備をしていました。

2)このモデルは新しい強気相場が近いことを示しています。おそらく新しい強気相場は別の月になるでしょう。

「長く続く蓄積期間」は最終的に良いこと?

Willy Woo氏が掲載している画像では、画像下部に記載されている「緑の線」に接触したタイミングで新しい強気相場が始まることが示されています。画像内に記されている「NEXT BULLISH MOVE?(次の強気相場の始まり?)」は2020年6月〜7月頃の期間を示しているため、このモデルに基づいて判断すると、「ビットコインは7月頃まで下落または横ばいの動きを続け、緑線に接触したタイミングで価格上昇を開始する可能性がある」と考えられます。

さらに同氏は、このツイートに続ける形で『強気相場の始まりまでに時間がかかるほど、ピーク時の価格は高くなる』と述べており、『長く続く横ばいの蓄積期間は、最終的には良いことだ』とも語っています。

ビットコイン価格は2020年3月半ばから4月末頃にかけて大幅に回復したものの、その後5月頃からは100万円前後での推移を続けています。別のアナリストからは『BTC価格は強気相場突入前に6,000ドル(約64万円)付近まで下落する可能性がある』との意見も出ていますが、そのようなアナリストも含めて多くのアナリストは『今後数ヶ月ほどでビットコインは新たな強気相場に突入する』と予想しています。

2020年6月29日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は今年5月頃から100万円前後での推移を続けており、2020年6月29日時点では「1BTC=975,066円」で取引されています。

2020年1月2日〜2020年6月29日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年1月2日〜2020年6月29日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

米格付け機関が選ぶ「ビットコインよりも優れた仮想通貨」

米格付け機関が選ぶ「ビットコインよりも優れた仮想通貨」

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

Weiss Ratings:仮想通貨の「人気調査」結果報告|Ripple(XRP)がダントツ1位を獲得

Weiss Ratings:仮想通貨の「人気調査」結果報告|Ripple(XRP)がダントツ1位を獲得

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「各種証明書をデジタル化」福岡県飯塚市・Chaintopeなどが協力

ブロックチェーンで「各種証明書をデジタル化」福岡県飯塚市・Chaintopeなどが協力

Huobi Japan:独自の暗号資産フォビトークン(HT)の「取り扱い開始日」を発表

Huobi Japan:独自の暗号資産フォビトークン(HT)の「取り扱い開始日」を発表

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月28日〜7月4日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月28日〜7月4日

トロン財団:TRXがもらえる「TRON 4.0 Telegramキャンペーン」開催

トロン財団:TRXがもらえる「TRON 4.0 Telegramキャンペーン」開催

Twitter:Tron関連の「絵文字表示機能」追加|Apple製品が当たるキャンペーンも開催

Twitter:Tron関連の「絵文字表示機能」追加|Apple製品が当たるキャンペーンも開催

マネックス証券:暗号資産4銘柄の「差金決済取引(CFD)」提供へ=日経報道

マネックス証券:暗号資産4銘柄の「差金決済取引(CFD)」提供へ=日経報道

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

ファイルコイン(FIL)メインネット「2020年夏」にも公開へ|Q&Aセッションも開催予定

ファイルコイン(FIL)メインネット「2020年夏」にも公開へ|Q&Aセッションも開催予定

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の課題」などまとめたレポート公開|実証実験も視野に

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の課題」などまとめたレポート公開|実証実験も視野に

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す