ビットコイン、歴史上4回目の「強気サイン」テクニカル指標3つが合流

by BITTIMES   

投資のプロフェッショナルを認定する国際資格「CFA協会認定証券アナリスト(Chartered Financial Analyst/CFA)」の資格を有しているTimothy Peterson(ティモシー・ピーターソン)氏は2020年5月22日のツイートで、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)で歴史上3回しか確認されていない強気サインが点灯したことを報告しました。

価格上昇の合図か「3つのテクニカル指標」が合流

Timothy Peterson(ティモシー・ピーターソン)氏は「Cane Island Alternative Advisors」のアナリストであり、投資のプロフェッショナルを認定する国際資格「CFA協会認定証券アナリスト」の資格を有していることでも知られています。

仮想通貨市場についても頻繁にコメントしている同氏は2020年5月22日のツイートで、ビットコイン(BTC)の価格チャート上で「メトカーフの法則・最低価格フォーワード(Lowest Price Forward)・200日間移動平均線」という3つのテクニカル指標が2020年4月29日に合流したことを報告しました。

(画像:Timothy Peterson氏Twitter)(画像:Timothy Peterson氏Twitter

「メトカーフの法則」とは"ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザ数の二乗(n2)に比例する"という法則のことであり、「最低価格フォーワード」は"下降リスクを測る際の短期で予想できる損失額の推定値"、「200日移動平均線」は"中期的な相場予測をする際に頻繁に利用される移動平均線"のことを指します。

ピーターソン氏によると、これら3つの指標が合流したのは今回が4回目のことであり『その他3回の合流時には大幅に価格が上昇した』と報告されています。

今回挙げられている3つの指標が最後に合流したのは、ビットコインが50万円台で推移していた2019年4月であり、その後急速に回復したビットコイン価格は2019年6月末に「1BTC=150万円」まで上昇しました。

Timothy Peterson氏の「BTC価格予想」

ビットコイン価格予想を以前から行っているピーターソン氏は、昨年8月に"モンテカルロ・シミュレーション(*1)"と呼ばれる方法を用いてビットコインの今後を予測した上で『ビットコインが6,000ドル(約64万円)を下回ることは二度と無い』と語っており、『もしもBTCが64万円以下に下落した場合にはたくさん買うべきだ』と語っていました。
(*1)モンテカルロ・シミュレーション:乱数をたくさん発生させて、確率実験を行なう手法のこと

ビットコイン価格は2020年3月に50万円付近まで急落したものの、その後はすぐに回復し、同氏が語っていた64万円付近のサポートラインは維持されています。

ピーターソン氏は「ビットコイン価格は長期的に上昇する」と予想してはいるものの、仮想通貨業界で語られている『今後1〜2年でBTC価格が数千万円に達する』という予想に対しては"クレイジーだ"と指摘しており、2021年のビットコイン価格に関しては「最高405万円・最悪117万円」と予想しています。

Timothy Peterson氏が以前公開したビットコイン価格予想のデータは、以下の記事で詳しく説明しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Symbol活用のJUGGLE:施設運営のDX推進ソリューション「AIR-Plate」で技術採用

Symbol活用のJUGGLE:施設運営のDX推進ソリューション「AIR-Plate」で技術採用

ビットコイン価格、半減期到来で「1,000万円」に達すると予想:独バイエルン州立銀行

ビットコイン価格、半減期到来で「1,000万円」に達すると予想:独バイエルン州立銀行

ブロックチェーンで「税金の徴収プロセス」を合理化:チリ財務局

ブロックチェーンで「税金の徴収プロセス」を合理化:チリ財務局

米財務省:仮想通貨の税金関連で新ルール提案「ウォレット・DEXのKYC必須化」を懸念する声も

米財務省:仮想通貨の税金関連で新ルール提案「ウォレット・DEXのKYC必須化」を懸念する声も

Vodafone:SNSで「ビットコイン広告」を投稿|Libra協会脱退から1ヶ月

Vodafone:SNSで「ビットコイン広告」を投稿|Libra協会脱退から1ヶ月

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

自動利回り付きのイーサリアムL2「Blast」メインネットローンチ

自動利回り付きのイーサリアムL2「Blast」メインネットローンチ

ビットコイン「日本円建ての過去最高値更新」迫る|上昇理由と専門家の価格予想

ビットコイン「日本円建ての過去最高値更新」迫る|上昇理由と専門家の価格予想

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す