ビットコイン、ついに「上昇トレンド」突入か|S2Fモデルで強気相場前のシグナル点灯

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想などを定期的に発信していることで知られる有名な匿名アナリストPlanB(@100trillionUSD)氏は、2020年6月1日に「ストック・フローモデル(S2F)」と呼ばれる価格予想モデル上で価格上昇を示す"赤点"が点灯したことを報告しました。

S2Fモデル上で「赤点」が点灯:PlanB

ビットコイン(BTC)の価格予想や市場の状況などをTwitter上で定期的に発信している匿名アナリストPlanB(@100trillionUSD)氏は、2020年6月1日のツイートで同氏が活用している「ストック・フローモデル(S2F)」と呼ばれる価格予想モデル上で半減期後の価格上昇時に点灯していた"赤点(Red Dot)"が点灯したことを報告しました。

ビットコインのS2Fチャートアップデート..赤点が点灯しました!

ストック・フローモデル(S2F)とは、金(ゴールド/Gold)やビットコイン(BTC)などの価格予想などで使用されている"希少性"を測るための指標であり、需要と供給のバランスなどに基づいて価格予想が行われています。PlanB氏はこのモデルをビットコインに適用したこと知られるアナリストであり、これまでにも精度の高い予想を行っているため仮想通貨業界で注目を集めています。

ビットコインは半減期で供給量が半分になるため、S2Fモデルを用いた場合でも半減期が価格上昇につながる重要な要因だと考えられていますが、過去の例では半減期の数ヶ月後に価格上昇が始まっているため正確にトレンド転換のタイミングを見極めるのは困難です。PlanB氏が公開している画像は、そのタイミングを見極める際の判断材料の1つとして活用することができます。

赤点の点灯は「強気相場突入」のサイン?

PlanB氏が掲載している画像の"カラフルな点"は「BTC/USDにおける実際の価格」を示しており、"点の色"は「次の半減期までの月数」を示しています。この色は、黒が半減期を示しており、赤→黄色→緑→青になるにつれて次の半減期が迫っていることを表しています。

過去のデータを見てみると、"半減期直後"を示している「赤」の部分で価格上昇が起こり、「オレンジ」付近で最高値を記録、「黄色」ではやや下落・停滞し、「緑色」でさらに下落、「青色」で少し回復するも停滞するといった傾向が見られています。

(画像:PlanB氏Twitter)(画像:PlanB氏Twitter)

ビットコイン誕生初期である2010年〜2012年頃には「黄色・緑」でも価格が上昇していますが、その後は基本的に先述したサイクルを繰り返しているため、今回の「赤点点灯」も"上昇トレンド突入のサイン"になると考えられています。

「強気サイン点灯」の報告は他にも

PlanB氏は以前からストック・フローモデル(S2F)に基づいたビットコイン価格予想を行っており、過去の予想では
・2021年には10万ドル(約1,070万円)
・2024年には288,000ドル(約3,100万円)
・2025年には1,000,000ドル(約1億700万円)
といった予想が語られていました。

先月22日には、投資のプロフェッショナルを認定する国際資格「CFA協会認定証券アナリスト(Chartered Financial Analyst/CFA)」の資格を有しているTimothy Peterson(ティモシー・ピーターソン)氏も"ビットコインの歴史上3回しか確認されていない強気サインが点灯したこと"を報告しているため、今後の動きには期待が高まっています。

2020年6月1日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は先月8日に106万円付近まで回復して以降は横ばいの状態が続いており、2020年6月1日時点では「1BTC=1,027,708円」で取引されています。

2020年3月3日〜2020年6月1日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年3月3日〜2020年6月1日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BitPay「SHIB対応」を正式発表|Cardano(ADA)のサポートを求める声も

BitPay「SHIB対応」を正式発表|Cardano(ADA)のサポートを求める声も

Socios.com:スペイン・プロサッカーリーグ「LaLiga(ラ・リーガ)」と提携

Socios.com:スペイン・プロサッカーリーグ「LaLiga(ラ・リーガ)」と提携

Huobi Japan:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

Huobi Japan:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

JPYCがAvalanche(アバランチ)に対応「AVAXプレゼントキャンペーン」も開始

JPYCがAvalanche(アバランチ)に対応「AVAXプレゼントキャンペーン」も開始

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」でSHIB決済が可能に|Flexaがシバイヌに対応

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」でSHIB決済が可能に|Flexaがシバイヌに対応

ディープコイン(DEP)が稼げる新作ゲーム「BouncyBunny」今冬リリースへ

ディープコイン(DEP)が稼げる新作ゲーム「BouncyBunny」今冬リリースへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

Symbol活用のNFTDriveEX「イーサリアム・ポリゴン」に対応|JPYCなど複数の仮想通貨をサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「イーサリアム・ポリゴン」に対応|JPYCなど複数の仮想通貨をサポート

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す