イオス(EOS)開発企業の分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」公開

by BITTIMES

イオス(EOS)の開発企業「Block.one(ブロックワン)」が開発した分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」が公開されたことが明らかになりました。Voiceの公式サイトでは既に複数の記事が公開されており、アカウントを作成していないユーザーも全ての記事を閲覧することができるようになっています。

こちらから読む:Cardano(ADA)コインベース上場の可能性「暗号資産」関連ニュース

分散型ソーシャルメディア「Voice」ついにリリース

Voice-logo

Voice(ボイス)はEOS開発企業である「Block.one(ブロックワン)」が2019年6月に発表した分散型ソーシャルメディアプラットフォームであり、ブロックチェーン技術を活用することによって「ボット」や「偽アカウント」などが存在しない"信頼できるソーシャルメディア"の実現を目指しています。

このプラットフォームは2020年7月4日に公開される予定となっていましたが先日3日には一時的にプラットフォームが公開されたことが報告されており、現在は公式サイトにアクセスすることによって、投稿されたブログ記事などを確認することができるようになっています。

VoiceのCEOであるSalah Zalatimo(サラ・ザラティモ)氏は、2020年7月4日に「Voice」のプラットフォーム上で『Voiceのプラットフォームを世界中の読者に公開したこと』を報告しています。

Voice(ボイス)が提供するサービスについて

Voice(ボイス)は生体認証技術を用いて全てのアカウントを検証しているため、作成できるアカウントは「1人につき1つ」と制限されています。プラットフォーム上で公開されているコンテンツはアカウントを作成しなくても閲覧することができますが、コメントを投稿したり、いいね!をつけるためにはアカウント作成が必要となります。

Voiceではユーザーの行動などに対して報酬を付与するための「Voiceトークン」も提供されているため、アカウント作成者はプラットフォーム内での活動を通じて「Voiceトークン」を獲得したり、残高を確認したり、獲得したトークンを使用して自分の声をより多くの人々に届けたりすることができるようになっています。

なお、本日4日以降は世界中の人々が「Voice」に投稿された記事を閲覧することができるようになっていますが、記事を公開することができるのは「登録を完了したコミュニティメンバーのみ」となっています。

「Voiceコミュニティへの参加」を希望する人々は「専用ページ」から早期アクセスを申請することができるようになっており『2020年8月15日以降は早期アクセスで登録した全てのユーザーが世界中の友達を招待してVoiceに参加し、コミュニティを構築することができるようになる』と説明されています。

>>「Voice CEOの発表記事」はこちら
>>「Voiceの早期アクセス登録申請」はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格、今後はゆっくりと「1,000万円」に|4chan匿名アナリストが予想

ビットコイン価格、今後はゆっくりと「1,000万円」に|4chan匿名アナリストが予想

ビットコイン「3.3億円相当」がハッキング被害に:英暗号資産取引所Cashaa

ビットコイン「3.3億円相当」がハッキング被害に:英暗号資産取引所Cashaa

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

【プレセール中】ユニコーン育成ゲーム『UnicornGO』

【プレセール中】ユニコーン育成ゲーム『UnicornGO』

スロベニアで仮想通貨決済の導入進む「1,000ヵ所以上」でサービス展開:GoCrypto

スロベニアで仮想通貨決済の導入進む「1,000ヵ所以上」でサービス展開:GoCrypto

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

シンボル(Symbol/XYM)英暗号資産取引所「BC Bitcoin」に上場|発表後は価格も上昇

シンボル(Symbol/XYM)英暗号資産取引所「BC Bitcoin」に上場|発表後は価格も上昇

Tesla(テスラ)「ドージコイン決済導入に向けたテスト」実施か|DOGE価格は上昇

Tesla(テスラ)「ドージコイン決済導入に向けたテスト」実施か|DOGE価格は上昇

LINE BITMAX:最大33,300円相当のLINKがもらえる「LINE BITMAX 超感謝祭」開催へ

LINE BITMAX:最大33,300円相当のLINKがもらえる「LINE BITMAX 超感謝祭」開催へ

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

ビットフライヤー「松本人志さん出演の新テレビCM」放映へ|記念キャンペーンも開催

ビットフライヤー「松本人志さん出演の新テレビCM」放映へ|記念キャンペーンも開催

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す