EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

by BITTIMES

仮想通貨イオス(EOS)の開発を行っていることで知られる「Block.one(ブロックワン)」が、"トークンを用いてSNSの投稿を収益化させる技術"で特許を取得したことが明らかになりました。

こちらから読む:サトシ・ナカモトの特定は簡単?「仮想通貨」関連ニュース

「SNS投稿を利用した広告表示」で収益化

イオス(EOS)の開発元である「Block.one(ブロックワン)」が2019年5月に申請を行った「ソーシャルメディアプラットフォームの投稿への入札」という題名の特許技術が、米国特許商標庁(USPTO)によって2020年4月28日に承認されました。

この特許技術は、「"ソーシャルメディアプラットフォームへの投稿"を第三者がトークンで入札することによって、自分のプロフィールを落札した投稿の上部に表示することができる技術」となっており、投稿が落札されたユーザーは落札者からトークンで収益を得ることができる仕組みとなっています。

この技術が実用化されることによって、注目度の高い投稿を行っているSNS利用者は自分の投稿で収益化を図ることができ、投稿の落札者は自分が落札した投稿と一緒に自分のプロフィールを拡散することができるようになると期待されます。

なお、投稿の入札に使用されるトークンはプラットフォーム上で発行されることになっており、入札によって生成された資金は「投稿の作成者・以前の高額入札者・プラットフォームの管理者」に配布されると説明されています。

投稿されたデータはブロックチェーン上に記録される設計となっており、入札時には「投稿内容が投稿者のオリジナルであるかどうか」を確認するための検証が行われるとのことです。

EOS基盤のSNSプラットフォーム「Voice」に実装か

「Block.one」は2019年6月に「Voice(ボイス)」と呼ばれるSNSサービスを発表しているため、今回明らかになった特許技術は「Voice」に実装される可能性があると予想されています。

同社のCEOであるBrendan Blumer(ブレンダン・ブルマー)氏は「Voice」の発表を行った際に『従来のSNSサービスはユーザーのコンテンツ・データ・関心を利用して"プラットフォーム側"が報酬を得る仕組みになっている』と指摘していたため、今後は今回発表された特許技術やVoiceを活用することによって、「SNSユーザーが自分のコンテンツ・データで収益化を図ることができるサービス」が提供されることになると予想されます。

Voice(ボイス)は現在"ベータ版"として公開されているため、今後の正式リリースにも期待が高まります。

>>「公開された特許書類」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

本田圭佑×ブロックチェーン=「本田通貨」|有言実行男、引退後のビジョン

本田圭佑×ブロックチェーン=「本田通貨」|有言実行男、引退後のビジョン

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

ブロックチェーン基盤の「実践型スポーツゲーム」にアドバイザリーサービス提供へ:EMURGO

ブロックチェーン基盤の「実践型スポーツゲーム」にアドバイザリーサービス提供へ:EMURGO

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

FCバルセロナ:スタジアムで流す曲「ブロックチェーン投票アプリSocios」で決定へ

FCバルセロナ:スタジアムで流す曲「ブロックチェーン投票アプリSocios」で決定へ

ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」を完了|今後はBCHNが主流に?

ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」を完了|今後はBCHNが主流に?

My Crypto Heroes:ガバナンストークン「MCH Coin(MCHC)」発行開始

My Crypto Heroes:ガバナンストークン「MCH Coin(MCHC)」発行開始

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

ベネズエラ政府運営の送金プラットフォーム「暗号資産2銘柄」サポートへ

ベネズエラ政府運営の送金プラットフォーム「暗号資産2銘柄」サポートへ

ロシア大手銀行子会社:スイス規制当局から「暗号資産交換業」のライセンス取得

ロシア大手銀行子会社:スイス規制当局から「暗号資産交換業」のライセンス取得

複数の暗号資産送金を迅速かつ低コストに「BitPay Send」提供開始:決済大手BitPay

複数の暗号資産送金を迅速かつ低コストに「BitPay Send」提供開始:決済大手BitPay

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

【Chiliz&Socios】トルコのサッカークラブ「イスタンブールBBSK」のファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】トルコのサッカークラブ「イスタンブールBBSK」のファントークン発行へ

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す