ジョン・マカフィー:プライバシー重視の「携帯電話データ通信サービス」を発表

by BITTIMES

サイバーセキュリティの専門家であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、ユーザーのプライバシーを重視した携帯電話のデータ通信サービス「The Ghost Cell Phone Data Service」を発表しました。このサービスは"物理的なSIMカード"を必要とせずに4G回線でデータ通信を行うことができるプライバシーに配慮したデータ通信サービスとなっています。

こちらから読む:ETHが"SNSアカウント情報"だけで送金可能に「暗号資産」関連ニュース

「The Ghost Cell Phone Data Service」を発表

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏が新たに発表した「The Ghost Cell Phone Data Service」は、物理的なSIMカードを必要とせずにプライバシーを守りながらデータ通信を行うことができる携帯電話のデータ通信サービスとなっています。

「The Ghost Cell Phone Data Service」公式サイトの冒頭には、『世界中の個人はプライバシー関連の基本的な人権に関する戦争に直面している』と記されており、『全ての通信・全てのデータ転送・全ての基地局へのアクセスを追跡することによって、接続しているユーザーだけでなく、ユーザーの場所も特定することができる』と説明されています。

今やほとんどの人々が常備している「携帯電話」でプライバシーが侵害されていることを問題視しているマカフィー氏は、そのような問題を解決して人々が安心してデータ通信を行うことができるようにするために「The Ghost Cell Phone Data Service」を開発しており、具体的な機能としては以下のようなことが挙げられています。

匿名化されたインターネット接続

「The Ghost Cell Phone Data Service」を使用すれば、"人々に見られることなくインターネットにアクセスすることができる"と説明されています。全てのトラフィック(情報の流れ)は、複数の匿名化されたサーバーを経由するため、追跡することができない仕組みになっているとのことです。

SIMカードは不要

「The Ghost Cell Phone Data Service」は、"物理的なSIMカード"を必要としない「eSIM」と「QRテクノロジー」を使用して接続アクセスを提供しているため、「eSIM」に対応しているデバイスであれば、SIMカードの差し替えなどを行うことなくスムーズに回線を切り替えることが可能です。公式サイトでは『データサービスの追加は"コードのスキャン"と同じくらい簡単だ』と説明されています。

【利用可能な携帯電話(2020年7月9日時点)】
Google Pixel 3/3 XL、Google Pixel 4 / 4XL、Samsung Galaxy S20 / S20 +、Samsung Galaxy Z Flip、Samsung Galaxy Fold、iPhone 11/11 Pro / 11 Pro Max、iPhone XS / XS Max、iPhone XR

「VPN保護」

「The Ghost Cell Phone Data Service」は、ユーザーの携帯電話に「VPN保護(*1)」を提供するため、同サービスのネットワークを介して送信されるあらゆるデータは暗号化されます。
(*1)VPN(Virtual Private Network):インターネットなどに接続している利用者の間に仮想的なトンネルを構築し、プライベートなネットワークを拡張する技術のこと。VPNを利用すれば、物理的に離れている拠点のネットワークをあたかも自分の拠点と同一ネットワークかのような利便性や安全性で使用することができる。

ロケーション選択

「The Ghost Cell Phone Data Service」のユーザーは、オプションで35ヵ国以上の2,000を超えるIPアドレスから選択して、その場所からインターネットに接続しているように見せることができます。

高速なネットワーク速度

「The Ghost Cell Phone Data Service」のネットワークサービスは、"プライバシー保護機能"だけでなく「十分な帯域幅の高速4Gネットワ​​ークアクセス」を提供します。

利用可能地域は世界35ヵ国以上

「The Ghost Cell Phone Data Service」は、リリース時点で世界35ヵ国以上で利用することができ、将来的にはさらに多くの地域がサポートされると説明されています。公式サイトに記載されている情報によると、現在利用可能な地域は以下の37ヵ国とされており、これらの地域では「100%合法なサービス」として利用することができるとのことです。

【利用可能地域(2020年7月9日時点)】
アメリカ、イギリス、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ジブラルタル、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ

将来的には「53ヵ国」で展開

「The Ghost Cell Phone Data Service」のベータ版テストは2020年7月3日開始されており、グローバル市場でのリリースは2020年9月に予定されていると伝えられています。

また、マカフィー氏は2020年7月6日のツイートで今後サポートされる予定の地域として「アルゼンチン、オーストラリア、ベラルーシ、チリ、コロンビア、フェロー諸島、ジョージア、香港、インドネシア、カザフスタン、韓国、クウェート、モンテネグロ、パレスチナ、シンガポール、タイ」などの16ヵ国も挙げているため、将来的には53ヵ国で利用できるようになると予想されます。

ジョン・マカフィー氏はここ数ヶ月間でユーザーのプライバシーを保護するためのプロジェクトを複数立ち上げており、匿名取引機能を備えた暗号資産である「ゴースト(Ghost)」や、プライバシーに配慮した暗号資産取引所「Ghostx Exchange」なども発表しています。

>>「The Ghost Cell Phone Data Service」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Jasmy「サガン鳥栖ファントークンアプリローンチキャンペーン」開催|利用者全員にDDポイント付与

Jasmy「サガン鳥栖ファントークンアプリローンチキャンペーン」開催|利用者全員にDDポイント付与

一般個人向けの日本円建て前払式支払手段「JPYC(JPYCoin)」発行へ:日本暗号資産市場

一般個人向けの日本円建て前払式支払手段「JPYC(JPYCoin)」発行へ:日本暗号資産市場

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

米テキサスA&M大学「ビットコイン(BTC)に関する授業」春学期から開始

米テキサスA&M大学「ビットコイン(BTC)に関する授業」春学期から開始

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

話題のポルシェNFT「フロア価格が3倍以上に上昇」今後の計画も発表

話題のポルシェNFT「フロア価格が3倍以上に上昇」今後の計画も発表

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト

2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

カルダノDEXの「MuesliSwap・Minswap」Djed・Shen上場を発表

カルダノDEXの「MuesliSwap・Minswap」Djed・Shen上場を発表

2023年の注目すべき関連銘柄7選 - 月に到達するのは一体誰だ

2023年の注目すべき関連銘柄7選 - 月に到達するのは一体誰だ

Cardano関連ウォレット「Yoroi」ERGトークンのサポート終了へ

Cardano関連ウォレット「Yoroi」ERGトークンのサポート終了へ

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す