ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

by BITTIMES

"暗号資産・ブロックチェーンの伝道師"とも呼ばれているサイバーセキュリティの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2020年6月20日のツイートで『私は暗号資産に投資していない』と発言しました。同氏は『暗号資産に投資していない』と語ってはいるものの『暗号資産を使用している』とも述べており、"投資するのと使用するのには大きな違いがある"と説明しています。

こちらから読む:ビットコインの"GiveAway詐欺"止まらず「暗号資産」関連ニュース

投資ではなく「使用」していると強調

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は「暗号資産・ブロックチェーンの伝道師」とも呼ばれていた人物であり、以前までは『ビットコイン価格は2020年末までに100万ドル(約1億円)に達する』との強気予想を強調していたことでも知られていましたが、2020年1月にはこの予想を撤回した上で『ビットコインは"真のクソコイン"だ』とも発言していました。

マカフィー氏はビットコインを否定した後に匿名通貨「GHOST」などを発表していましたが、先日20日のツイートでは「マカフィー氏が今は暗号資産に投資していない」ということが明らかにされています。マカフィー氏は『暗号資産に投資していない』としているものの、それと同時に『暗号資産を使用している』と述べており、『投資するのと使用するのには大きな違いがある』と説明しています。

(画像:John McAfee氏Twitter)(画像:John McAfee氏Twitter

私は暗号資産に投資していません。
暗号資産を使用しています。
これは大きな違いです。

マカフィー氏が使用する「暗号資産2銘柄」

マカフィー氏はTwitter上で別のユーザーから「関心を持っている暗号資産」について尋ねられた際に「モネロ(Monero/XMR)」と「ダイ(Dai/DAI)」の2銘柄を挙げており、これらの暗号資産を"機会があれば常に使っている"と語っています。

同氏がこれらの暗号資産を使用する理由は「匿名性」の面で利点を有しているからであり、分散型金融「MakerDAO」のステーブルコインである「DAI」に関しても、直接的なプライバシー機能は搭載されていないものの、"一度DAIを保有した後に別の通貨へと交換すると、同じような効果が得られる"と説明されています。

マカフィー氏は「これまでの歴史から判断すると犯罪組織が最も早く最先端技術を受け入れているため、現代社会ではダークウェブで何が使用されているかを観察すると"次にどの技術が普及するか"を判断することができる」と述べており、ダークウェブ上でBTCの代わりに99%の取引で受け入れられている"XMR・DAI"を有望な通貨として支持しています。

「ビットコイン投資家の増加」という悲劇

ビットコイン(BTC)のような暗号資産は数年前までは「匿名性の高い状態で取引できる通貨」として一般の人々に認識されていましたが、現在は暗号資産取引所などのサービスで「本人確認(KYC)」などの手続きが必須化されてきているため、実際には「誰がどれくらいのBTCを保有しているか・誰に送金したか」などの情報は追跡できると言われています。

マカフィー氏は「ビットコインのような暗号資産は元々、経済的な奴隷制度から人々を解放するために設計された"黄金の鍵"のようなものであるものの、現在人々はそのような黄金の鍵を"投資目的"で保有しようとしている」と指摘しており、そのような状況を悲劇だとして嘆いています。

このような考えを持つマカフィー氏は、以前から匿名性を重視した暗号資産関連のツールを多数公開しており、今年4月にはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用した匿名性の高い暗号資産「Ghost(ゴースト)」なども発表されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア民間商業銀行:ブロックチェーン活用した「公共料金決済システム」を開発

ロシア民間商業銀行:ブロックチェーン活用した「公共料金決済システム」を開発

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

Tron(TRX)「最も革新的なパブリックチェーン賞」を受賞

Tron(TRX)「最も革新的なパブリックチェーン賞」を受賞

BINANCE:シータネットワーク(THETA)の「先物取引」提供へ|価格は4倍以上に上昇中

BINANCE:シータネットワーク(THETA)の「先物取引」提供へ|価格は4倍以上に上昇中

ビットコイン暴落予測「インサイダー取引が行われるかもしれない」

ビットコイン暴落予測「インサイダー取引が行われるかもしれない」

ビットコインを収集できるFPSゲーム「Bitcoin Bounty Hunt」登場:Donnerlab

ビットコインを収集できるFPSゲーム「Bitcoin Bounty Hunt」登場:Donnerlab

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

【NEM】Symbol(XYM)受け取りに必要な申請手続き「9月15日」から受付開始へ

【NEM】Symbol(XYM)受け取りに必要な申請手続き「9月15日」から受付開始へ

フィスコ仮想通貨取引所「株式会社 Zaif」に商号変更へ

フィスコ仮想通貨取引所「株式会社 Zaif」に商号変更へ

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

Hyperledgerメンバーに「VISA・EMURGO」など8社が新規参加

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

ウルトラ(Ultra/UOS)動画配信プラットフォーム「Theta Network」と提携

ウルトラ(Ultra/UOS)動画配信プラットフォーム「Theta Network」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す