ビットコイン価格「0円は不可能である」と証明:著名投資家Alistair Milne

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)に対して否定的な人々の間では『BTC価格は将来的に"ゼロ"になる』という予想が語られていますが、ビットコイン強気派として知られる投資家のAlistair Milne(アリスター・ミルン)氏は、2020年7月9日のツイートで「BTC価格がゼロにならないこと」を証明しました。

こちらから読む:ビットコイン財団会長、米大統領選に立候補「ビットコイン」関連ニュース

「BTC供給量以上の買い注文」でサポート

ビットコイン価格に関する予想は様々であり、強気な予想では『今後数年で数千万〜数億円に達するだろう』といった意見も出ていますが、その一方ではビットコインに否定的な著名人などから『ビットコイン価格は最終的に"ゼロ"になる』との声も出ています。

しかし、ビットコイン強気派としても知られる投資家のAlistair Milne(アリスター・ミルン)氏は、2020年7月9日のツイートで『私はたとえビットコインが下落しても0.01ドル(約1円)で全てのBTCを購入する』と説明し、『ビットコインの価値が"ゼロ"にならないことを証明する』と発言しています。

同氏は、暗号資産取引所「Bitfinex(ビットフィネックス )」で現在のビットコイン供給量を超える1,852万BTC以上の注文を出したことを報告しているため「Milne氏がこの注文を撤回しない限り、少なくともBitfinexではBTCの価値が0.01ドルを下回ることはない」ということになります。

私はビットコインの価値が"ゼロ"にならないことをここで証明します(少なくともBitfinexでは)

全て0.01ドルで購入します🤣

Alistair Milne氏は「1,852万BTCの買い注文」を0.01ドルで出しているため、日本円換算で「約1,980万円相当のBTC買い注文」を出していることになります。現在の価格で1,852万BTCを購入しようとすると約18兆円ほどのお金が必要となりますが、Milne氏のように『安値で全てのBTCを買い占める』という人々が今後も増加することになれば、BTC価格が0円になる可能性は限りなく低くなると考えられます。

なお、投資のプロフェッショナルを認定する国際資格「CFA協会認定証券アナリスト(Chartered Financial Analyst/CFA)」の資格を有しているTimothy Peterson(ティモシー・ピーターソン)氏は、乱数をたくさん発生させて、確率実験を行なう手法である「モンテカルロ・シミュレーション」を用いてBTC価格を予想した際に『BTC価格が6,000ドル(約64万円)を下回ることは二度と無い』という結論を導き出しています。

2020年7月10日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は先月2日に110万円付近まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年7月10日時点では「1BTC=981,029円」で取引されています。

2020年1月13日〜2020年7月10日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年1月13日〜2020年7月10日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

FCバルセロナの公式ファントークン「2時間で完売」明日には再販開始【Chiliz】

FCバルセロナの公式ファントークン「2時間で完売」明日には再販開始【Chiliz】

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

【要注意】コインチェック装った「フィッシング詐欺・なりすまし行為」複数確認

【要注意】コインチェック装った「フィッシング詐欺・なりすまし行為」複数確認

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引「イスラム法の範囲内」でも容認する方針:マレーシア証券取引委員会

暗号資産取引「イスラム法の範囲内」でも容認する方針:マレーシア証券取引委員会

ビットコインがもらえる「Coincheckでんき・ガス新規申込キャンペーン」開催

ビットコインがもらえる「Coincheckでんき・ガス新規申込キャンペーン」開催

ESPN Global:ビットコイン決済対応の「ゲームプラットフォーム」を発表

ESPN Global:ビットコイン決済対応の「ゲームプラットフォーム」を発表

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

カルダノ財団:日本で行われている「不審な投資勧誘」について注意喚起

カルダノ財団:日本で行われている「不審な投資勧誘」について注意喚起

【Huobi Japan上場コイン投票】テゾス(Tezos/XTZ)が優勢でスタート

【Huobi Japan上場コイン投票】テゾス(Tezos/XTZ)が優勢でスタート

Bitfinex「カルダノ(Cardano/ADA)」取扱い開始|3つの取引ペアを提供

Bitfinex「カルダノ(Cardano/ADA)」取扱い開始|3つの取引ペアを提供

ブロックチェーン技術GLS開発企業「アーリーワークス」約1億円の資金調達

ブロックチェーン技術GLS開発企業「アーリーワークス」約1億円の資金調達

LayerX×Uhuru「ブロックチェーン・IoT」分野で協業|安全・安心なデータ流通実現へ

LayerX×Uhuru「ブロックチェーン・IoT」分野で協業|安全・安心なデータ流通実現へ

コイネージ(COINAGE)「ビットコイン現物販売所」のサービス開始|キャンペーンも開催

コイネージ(COINAGE)「ビットコイン現物販売所」のサービス開始|キャンペーンも開催

暗号資産が「SNSアカウント情報」だけで送金可能に|LINE・Twitterなど11種類に対応

暗号資産が「SNSアカウント情報」だけで送金可能に|LINE・Twitterなど11種類に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す