Brave Software:広告契約の取引所「NYIAX(ナイアックス)」と提携

by BITTIMES

暗号資産やブロックチェーン技術を取り入れた次世代型ブラウザ「Brave(ブレイブ)」を提供する「Brave Software」は、2020年7月9日に広告契約のマッチングエンジンを提供する「NYIAX(ナイアックス)」と提携したことを発表しました。今回の提携によって、Braveブラウザの広告枠が「NYIAX」のプラットフォームで取引できるようになりました。

こちらから読む:ダークウェブ上に"150億以上の認証情報"流出「暗号資産」関連ニュース

NYIAX(ナイアックス)とは?

NYIAX-logo

ナイアックス(NYIAX/The New York Interactive Advertising Exchange)は、米国の大手証券取引所「Nasdaq(ナスダック)」の技術を活用した広告契約に特化したブロックチェーン基盤の取引所であり、出版社・広告主・メディアバイヤーなどが将来利用される広告枠を売買するための取引市場を提供しています。

同社は「広告枠を提供するコンテンツクリエイター」と「広告を掲載したい広告主」をマッチングさせることによって、広告主に広告を消費者へと届ける機会を提供し、コンテンツクリエイターには広告掲載による安定した収益を提供しています。

「Brave Software」と「NYIAX」が提携したことによって、Braveブラウザ上で提供されている「Brave Ads」の広告枠を、NYIAXのプラットフォーム上で取引することができるようになりました。

広告掲載予約も「追加料金無し」で

Brave(ブレイブ)は、暗号資産やブロックチェーン技術を取り入れた次世代型ブラウザとして世界的に注目されているプライバシー重視の分散型ブラウザであり、現在は急速にユーザー数を増やしています。また、Braveブラウザには広告表示を許可したユーザーに対して独自の仮想通貨「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」で報酬を支払う仕組みも搭載されているため、ブラウザ利用者にも魅力的なブラウザとなっています。

「NYIAX」の取引所を使用する広告主は前払いで広告枠を購入することができるため、『家電企業がホリデーシーズン中にBraveの広告効果を試してみたい場合には、そのための広告枠を追加料金なしで予約しておくこともできる』と説明されています。

Braveブラウザの「Brave Ads」キャンペーンは2020年7月9日時点で世界183ヵ国に展開されており、広告クリック率(CTR)は90日間の平均で「9%」と業界平均の2%よりも遥かに高い数値になっていると報告されています(特定のブランドでは最大15%のクリック率)。

また、これまでに広告が閲覧された件数は10億件を超えているとも報告されており、2019年10月の広告閲覧数である9,700万件から930%増加しているとされているため、Braveブラウザは広告を掲載したい企業にとって魅力的なブラウザであると考えられます。

>>「Brave」の公式発表はこちら

2020年7月11日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は今年3月に11円台まで下落したものの、その後は2倍以上にまで回復しており、2020年7月11日時点では「1BAT=27.49円」で取引されています。

2020年1月14日〜2020年7月11日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年1月14日〜2020年7月11日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

ベーシックアテンショントークン(BAT)を購入することができる暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IBMのブロックチェーン技術で「鶏肉ブランド」の安全保証|フランス小売大手カルフール

IBMのブロックチェーン技術で「鶏肉ブランド」の安全保証|フランス小売大手カルフール

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

LINEが仮想通貨交換所「BITBOX」を発表!7月中に開始予定

LINEが仮想通貨交換所「BITBOX」を発表!7月中に開始予定

CMEのビットコインオプション取引高「過去最高」を記録

CMEのビットコインオプション取引高「過去最高」を記録

IOTA財団:農業のデジタル化目指す業界団体「Future Farm」コンソーシアムと提携

IOTA財団:農業のデジタル化目指す業界団体「Future Farm」コンソーシアムと提携

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引に「マイナス手数料」を導入【日本国内初】

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引に「マイナス手数料」を導入【日本国内初】

Twitter「アカウント乗っ取り事件」について公式発表|標的は130人、個人情報漏洩も

Twitter「アカウント乗っ取り事件」について公式発表|標的は130人、個人情報漏洩も

【Cardano/ADA】Shelleyハードフォーク・メインネット公開の「カウントダウン」開始

【Cardano/ADA】Shelleyハードフォーク・メインネット公開の「カウントダウン」開始

コインチェック:10,000円が当たる「MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)」開催

コインチェック:10,000円が当たる「MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)」開催

LayerX×Uhuru「ブロックチェーン・IoT」分野で協業|安全・安心なデータ流通実現へ

LayerX×Uhuru「ブロックチェーン・IoT」分野で協業|安全・安心なデータ流通実現へ

BINANCE:バンドプロトコル(Band Protocol/BAND)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:バンドプロトコル(Band Protocol/BAND)の「永久先物取引」提供へ

Bybit:過去最大の仮想通貨トレードバトル「World Series of Trading(WSOT)」を発表

Bybit:過去最大の仮想通貨トレードバトル「World Series of Trading(WSOT)」を発表

Twitter:暗号資産のウォレットアドレス「再び投稿可能」に

Twitter:暗号資産のウォレットアドレス「再び投稿可能」に

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月12日〜18日

ビットコインボルト(BTCV)価格「40,000円」突破|取り扱う暗号資産取引所も増加

ビットコインボルト(BTCV)価格「40,000円」突破|取り扱う暗号資産取引所も増加

カルダノ財団:スイスのフィンテック企業「Lykke Corp」と提携へ

カルダノ財団:スイスのフィンテック企業「Lykke Corp」と提携へ

GMOコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

GMOコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す