暗号資産・株式トークン投資アプリ「Abra(アブラ)」に罰金命令:米SEC・CFTC

by BITTIMES

米国の証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)は2020年7月13日に、暗号資産(仮想通貨)やトークン化された株式に投資することができるアプリ「Abra(アブラ)」の運営会社とその関連企業である「Plutus Technologies Philippines Corp.」に対して、合計30万ドル(約3,200万円)の罰金を科したことを発表しました。

こちらから読む:三菱UFJ、デジタル通貨2020年下期発行へ「暗号資産」関連ニュース

「トークン化された株式の販売」も違法と判断

Abra(アブラ)は「暗号資産」や「トークン化された株式」に投資することができる仮想通貨ウォレットアプリであり、"200種類以上の暗号資産を保管できるだけでなく、ビットコインを使用して「Apple・Amazon・Google・Facebook」などといった有名企業の株式トークンに投資することもできるアプリ"として世界的に注目を集めていました。

同社のサービスは株式に直接投資するものではなく「対象となる株式の価値に連動したトークンを発行し、それらのトークンに投資することができるサービス」となっていましたが、米国証券取引委員会は『これらの契約は米国証券法の対象になる』と説明しています。

具体的には「Abra」とフィリピンの提携企業である「Plutus Technologies」が、正式な法的登録を行わずに米国の個人投資家に有価証券のデリバティブ商品を提供していたことや、ライセンスを持つ取引所で取引を行なっていなかったことなどが問題視されています。

Abraの「サービス運営方法」に対する指摘も

米国証券取引委員会(SEC)は今回の発表の中で『Abraは2019年2月に米国を含めた全世界のユーザー向けにサービス提供を開始したが、アプリをダウンロードしたユーザーが証券法で定義されている"適格な契約参加者"であるかどうかを判断するための措置を講じていなかった』と指摘しています。

Abraは2019年にSECのスタッフと対話を行った後に「米国ユーザーへのサービス提供を制限する」などの対策を講じ、特定の事業を米国外へと移動していましたが、SECは『カリフォルニアの従業員が取引契約の設計・販売を行い、ユーザーの適格審査や承認作業を行なっていた』と指摘しており、『Abraの米国を拠点とする従業員が契約をヘッジするために米国で何千もの株式とETFの購入に影響を与えたことがわかった』とも説明されています。

これらの内容について、SECの合成金融商品部門責任者であるDaniel Michael(ダニエル・マイケル)氏は『証券関連のサービスを提供している企業が米国でビジネスの基幹部分を担っている場合、米国以外の個人投資家と取引を行い、外国法人を設立するだけでは連邦証券法を回避することはできない』と説明しています。

米国証券取引委員会の発表によると、「Abra」と「Plutus Technologies」は今回の摘発内容について承認も否認もせずに「中止命令」と「それぞれ15万ドル(約1,600万円)ずつの罰金支払い命令」に同意したとされています。これに伴い、米国商品先物取引委員会(CFTC)も両社との和解を発表したと説明されています。

>>「米国証券取引委員会」の公式発表はこちら
>>「米国商品先物取引委員会」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

【Cardano/ADA】過去最高値ライン「140円」に到達|時価総額ランキングでは3位に

【Cardano/ADA】過去最高値ライン「140円」に到達|時価総額ランキングでは3位に

タクシー運転手の副業はビットコイン販売?ロンドンで密かに話題の「Crypto Cabbie」

タクシー運転手の副業はビットコイン販売?ロンドンで密かに話題の「Crypto Cabbie」

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

コイントレード×モッピー「XRP・LTC・BCHとモッピーポイントの交換サービス」開始

コイントレード×モッピー「XRP・LTC・BCHとモッピーポイントの交換サービス」開始

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す