Twitter「アカウント乗っ取り事件」について公式発表|標的は130人、個人情報漏洩も

by BITTIMES

Twitter(ツイッター)は2020年7月18日に、先日発生した著名人などの「公式アカウント乗っ取り事件」に関する社内調査の経過を公表し、被害状況や今後の対応などについて説明を行いました。同社の報告によると、ハッカーの攻撃を受けたアカウントは130件に上っており、そのうちの45件がパスワードをリセットされて暗号資産(仮想通貨)のギブアウェイ詐欺などに悪用されたと報告されています。

こちらから読む:Twitter上で「アカウントの乗っ取り」相次ぐ|暗号資産詐欺に悪用

「アカウント乗っ取り事件」に関する調査経過を報告

Twitter(ツイッター)はこれまで「Twitter Support(@TwitterSupport)」のアカウントを通じて定期的に調査状況や対応などを報告していましたが、今回は「Twitterの公式ブログ」で社内調査の途中経過情報や今後の対応などについての説明が行われています。

報告によると、同社は2020年7月15日にTwitterでセキュリティ上の異変を検出したとのことで、その後は24時間体勢でこれらの問題を解決するための対応を行なってきたとされています。ただし今回の報告内容は2020年7月17日時点での状況をまとめたものであるため、今後の調査が進むに連れて内容が変更される可能性があり、セキュリティを保護するために公開できない情報も複数存在すると説明されています。

「アカウント乗っ取りの原因と被害」について

今回発生した「公式アカウント乗っ取り」の原因については、心理的な隙やミスにつけ込んで機密情報を漏らすよう仕向ける「ソーシャルエンジニアリング」と呼ばれる手法を用いて、少数の従業員から社内システムにアクセスするための資格情報が盗み出された可能性があることが説明されています。

ハッカーは従業員から盗み出した資格情報を使用して「Twitterの内部システム」にアクセスしており、社内のサポートチームだけが利用できるツールにアクセスして、認証済みアカウントを含めた合計130のTwitterアカウントを標的に攻撃を行なったとされています。これらのアカウントの中の45個がパスワードをリセットされ、アカウントにログインできるようにされていたため、このアカウントが今回報じられた暗号資産関連の詐欺行為に悪用されたとのことです。

Twitterは今回の発表では被害を受けた個人や団体名などを公表していませんが、過去の報道では「イーロン・マスク氏、ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏、バラク・オバマ氏」などといった著名人のアカウントだけでなく、「BINANCEGeminiCoinbase、Coindesk、KuCoin、Ripple」などといった仮想通貨関連企業のアカウントも乗っ取られていたと報告されています。

さらに最大8つのアカウントに関しては、アカウント所有者にTwitterアカウントの詳細や過去の活動記録などを提供するためのツールである「Twitterデータ」を介してアカウント情報をダウンロードするためのステップも取られていたとも報告されています。なお、この8つのアカウントは「認証されていないアカウント(青バッジがついていないアカウント)だったとのことで、アカウント所有者には直接連絡が行われているとされています。

「ハッカーがアクセスした情報」などについて

Twitterユーザーが今回の事件で最も気になる点は『攻撃者は私たちの個人情報を見たのか?』という点であると考えられますが、これについてTwitter側は『大多数のユーザーの個人情報は見られていないと信じている』と語っています。

しかし、攻撃の対象となった130のアカウントに関しては「メールアドレス」や「電話番号」などの個人情報を閲覧することができる状態にあったとのことです。

以前のアカウントのパスワード情報はプレーンテキスト(暗号化されていない文字列)では保存されておらず、攻撃で使用されたツールでは入手できないようになっていたため、攻撃者は以前のアカウントのパスワードを表示することはできなかったとのことです。

ただし、パスワードがリセットされて乗っ取られたアカウントに関しては「その他の個人情報」が漏れた可能性があるため、現在も調査が進められているとされています。

「Twitter側の対応と対策」について

Twitter側は2020年7月15日時点で攻撃者からの行動に気付いたため、迅速に対応して乗っ取られたアカウントをロックし、制御を取り戻したと報告しています。また、対策チームは攻撃者がシステムや個々のアカウントにアクセスするのを防止するために、内部システムへのアクセスを保護および取り消したとも報告されています。

またTwitterは、詐欺行為を拡大するのを防ぐために「ツイートの禁止・パスワードの変更」などといったアカウント機能を制御するための予防措置を講じたとも説明しています。しかし15日の終わりには多くアカウントで「ツイート機能」を復旧させており、現在は所有者のパスワードを変更してロックされていたアカウントのほとんどが復元されていると報告されています。

Twitterは現在もこの事件の調査を継続しており、法執行機関と協力してシステムのセキュリティを向上させるための長期的な行動を行なっていると説明しています。さらに同社は『今回のような被害を防止するために全社で追加のトレーニングを実施する』とも説明しています。

Twitterは今回の発表の最後で『私たちは当惑し、失望し、そして何よりも申し訳なく思っている』と述べており、Twitterユーザーとの信頼関係を再構築するために尽力すると説明しています。

>>「Twitter」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新型コロナ以降「高齢世代のビットコイン投資」が倍増|Google検索にも変化

新型コロナ以降「高齢世代のビットコイン投資」が倍増|Google検索にも変化

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

仮想通貨アプリ開発者に期待|Appleガイドライン改訂の裏側

仮想通貨アプリ開発者に期待|Appleガイドライン改訂の裏側

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

楽天ポイント運用サービス「ポイントビットコインby楽天PointClub」提供開始

楽天ポイント運用サービス「ポイントビットコインby楽天PointClub」提供開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

Galaxy Digital創設者「Cardano/ADA」に関心|今後の投資に期待する声も

Galaxy Digital創設者「Cardano/ADA」に関心|今後の投資に期待する声も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す