コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年7月21日に、ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)の取扱いを正式に開始したことを発表しました。BATは仮想通貨の現物取引サービスだけでなく「Coincheckつみたて」や「貸仮想通貨サービス」などでもサポートされています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

Coincheck:取扱い通貨は国内最多の「13銘柄」に

Coincheck(コインチェック)は2020年7月21日、プライバシー重視の分散型ブラウザ「Brave(ブレイブ)」で利用されている暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」の取扱いを正式に開始したことを発表しました。

BATが新たに上場したことによってコインチェックが取り扱う暗号資産は、日本国内の暗号資産交換業者で最多となる以下の13銘柄となりました。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(Ripple/XRP)
ネム(NEM/XEM)
リスク(Lisk/LSK)
ファクトム(Factom/FCT)
モナコイン(Monacoin/MONA)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
クアンタム(Qtum/QTUM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)NEW!

「貸仮想通貨・積み立てサービス」でもサポート

Coincheck(コインチェック)は、預けておくだけで最大年率5%の暗号資産が貯まる「Coincheck貸仮想通貨サービス」や、自動で日本円の入金から暗号資産の購入までを手数料無料で行うことができる暗号資産の積み立てサービス「Coincheckつみたて」でもBATをサポートしています。

「Coincheck貸仮想通貨サービス」では現在BATの貸出募集も行われており、貸出期間は「90日間(年率3.0%)、180日間(年率4.0%)、365日間(年率5.0%)」の3つから選択できるようになっています。

「Coincheckつみたて」を利用すれば、相場の急変動に左右されにくい長期的な資産運用方法として知られる「ドルコスト平均法」でBATを積み立てることが可能です。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

2020年7月21日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格に今のところ大きな変化は見られておらず、2020年7月21日時点では「1BAT=28.09円」で取引されています。なお、過去3ヶ月間におけるBATの最高値は先月27日に記録した「1BAT=30.63円」となっています。

2020年4月22日〜2020年7月21日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年4月22日〜2020年7月21日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

BATの取り扱いを開始した暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

暗号資産で「金・銀」が取引可能に|仮想通貨取引所Bitpanda、新サービスを発表

暗号資産で「金・銀」が取引可能に|仮想通貨取引所Bitpanda、新サービスを発表

OpenSea「NFT関連の詐欺・盗難防止システム」を導入|不正URLの検知機能など

OpenSea「NFT関連の詐欺・盗難防止システム」を導入|不正URLの検知機能など

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

Coinbase Pro:ステーブルコイン「Tether(USDT)」取扱いへ|合計6ペアを追加

Coinbase Pro:ステーブルコイン「Tether(USDT)」取扱いへ|合計6ペアを追加

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説