カルダノ財団:スイスのフィンテック企業「Lykke Corp」と提携へ

by BITTIMES

カルダノ財団(Cardano Foundation)は2020年7月22日に、スイスを拠点とするフィンテック企業である「Lykke Corp(リッケ・コープ)」と複数のイニシアチブで提携する予定であることを発表しました。

こちらから読む:BINANCE、ADA関連で2つのサービス追加「Cardano」関連ニュース

「Cardano・Lykke」の専門知識を融合

カルダノ財団(Cardano Foundation)が提携を予定している「Lykke Corp(リッケ・コープ)」はスイスを拠点とするフィンテック企業であり、暗号資産ウォレットや仮想通貨取引所「Lykke Exchange」を運営している他、独自の仮想通貨である「リッケ(Lykke/LKK)」なども発行しています。

「Cardano Foundation」と「Lykke Corp」の提携は、カルダノ財団が有するブロックチェーン技術に関する経験と、Lykke Corpが有する金融関連の専門知識を組み合わせることを目的としたものであり、両社が協力することによって双方の製品が充実し、Lykkeの金融サービスや市場でのポジションも強化することができると期待されています。

「Lykke Corp」は現在、スイスの規制当局である「スイス金融市場監督局(FINMA)」にライセンス申請を行なっている過程にあるとのことで、認可を受けるとサービス幅が大幅に拡大すると説明されています。ライセンス取得を控えている「Lykke Corp」は、業界をリードしているカルダノブロックチェーンに独自のアクセスを提供することによって、今後のサービス展開を加速させることを目指しています。

カルダノ財団の会長であるNathan Kaiser(ネイサン・カイザー)氏は「Lykke Corp」との提携について次のように語っています。

私たちはスイスで最も革新的なブロックチェーン金融会社の1つである「Lykke Corp」の専門家チームと提携できることを大変嬉しく思っています。「カルダノ財団」と「Lykke Corp」は、このコラボレーションを通じて金融インフラを構築し、Cardanoエコシステムを強化して、ブロックチェーン業界を充実させるサービスを提供することを目指しています。

Lykke Corpの創設者兼CEOであるRichard Olsen(リチャード・オルセン)氏は次のように述べています。

Cardanoには、銀行が選ぶブロックチェーンになるための重要な属性がすべて備わっています。スケーラビリティ、正式な方法、およびピアレビューされたコードベースなどがそれに当たります。

カルダノ財団との協力によって、Lykkeの「組織的取引施設(Organized Trading Facility/OTF)」の提供が強化され、Cardanoで構築・展開される新しいLykke製品およびサービスへの道が開かれます。

カルダノ財団は今回の提携について『このコラボレーションは"業界のパートナーシップを促進して集団的成功を推進し、相互運用性を加速し、カルダノのすべての利害関係者の価値を引き出す"というカルダノ財団の中核となる使命に基づいている』と説明しています。

自らのプロジェクトだけで成功するのではなく「業界全体で成功すること」を目指しているカルダノは、これまでにも複数のブロックチェーンプロジェクトと協力しており、最近では牛肉製品のトレーサビリティに取り組んでいる食品追跡会社「BeefChain(ビーフチェーン)」と提携したことも報告されています。

>>「カルダノ財団」の公式発表はこちら

2020年7月23日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、今年3月に2.48円付近まで下落したものの、その後は5倍以上にまで回復しており、2020年7月23日時点では「1ADA=13.34円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年1月26日〜2020年7月23日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年1月26日〜2020年7月23日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

業界団体「ブロックチェーンコンテンツ協会」発足|自主規制ガイドライン策定へ

業界団体「ブロックチェーンコンテンツ協会」発足|自主規制ガイドライン策定へ

ビットコインが「世界で最も興味深い財産」である7つの理由|金を超える未来の資産に

ビットコインが「世界で最も興味深い財産」である7つの理由|金を超える未来の資産に

カリブ海諸国が仮想通貨決済を導入?|ビットコインリゾート

カリブ海諸国が仮想通貨決済を導入?|ビットコインリゾート

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

イタリア:ブロックチェーン技術で「デジタル学位証明書」を発行

イタリア:ブロックチェーン技術で「デジタル学位証明書」を発行

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

GMOコイン:現金プレゼント・手数料割引など「7つのキャンペーン」を同時開催

GMOコイン:現金プレゼント・手数料割引など「7つのキャンペーン」を同時開催

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す