カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)がアメリカ・ワイオミング州に拠点を構える食品追跡会社「BeefChain(ビーフチェーン)」と提携を結んだことが明らかになりました。同社はブロックチェーンやIoTなどの最先端技術を活用することによって、高品質な牛肉製品を消費者へと届けるだけでなく、関係者が牛肉の情報を詳しく確認できるようにするためのトレーサビリティソリューションを提供しています。

こちらから読む:BINANCE、ADAの新たな先物商品提供へ「Cardano/ADA」関連ニュース

「牛肉製品の安全管理」などで協力

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している企業「IOHK」の最高営業責任者であるJerry Fragiskatos氏は、2020年7月20日にYouTube上で公開された「Cardano Virtual Summit 2020」の動画の中で、IOHKがアメリカ・ワイオミング州に拠点を構える食品追跡会社「BeefChain(ビーフチェーン)」と提携を結んだことを明らかにしました。

BeefChain(ビーフチェーン)は「ブロックチェーンIoTデバイス・RFID(無線周波数識別)タグ」などといった最先端技術を活用することによって、家畜に関する様々な情報を安全かつ信頼できる形で記録・管理することができるソリューションを提供しており、消費者などの関係者が牛肉の情報を追跡・確認できるようにしたり、品質にこだわりを持つ牛肉生産者がそれに見合った報酬を得られるようにするための取り組みを続けています。

牧場主が食品安全性の問題を解決できるようにするための支援を数年前から続けている同社は、昨年4月に米国農務省(USDA)から認定も受けています。

「IOHK」と「BeefChain」が関わりを持っていることは、2020年2月14日にIOHKがワイオミング大学に50万ドル(約5,500万円)相当のADAで支援金を送った際に明かされていましたが、今回の動画の中では両社が正式にパートナーシップを結んでいることが明らかにされています。両社は今回のパートナーシップを通じて以下のようなことに取り組むとされています。

  • プロセス検証プラグラムを通じて全ての基準が満たされていることを確認する
  • 牧場主と消費者を直接繋ぎ、牧場主の利益を増やす
  • 安全性を高めるために牧場から店舗まで食品を追跡する

食品の安全管理は世界中で重要な課題となっており、ここ数年では食品のサプライチェーン管理にブロックチェーン技術を活用する動きが活発化してきているため、今後はCardanoブロックチェーンを活用したサプライチェーン管理も増加する可能性があると予想されます。

IOHKが開発したカルダノネットワークのスケーリングソリューションである「Ouroboros Hydra(ウロボロス・ヒドラ)」は、理論上1秒あたり100万件のトランザクションを処理することができるとも説明されていたため、Cardanoブロックチェーンは様々な製品のサプライチェーン管理にも活用できると期待されます。

>>「IOHKが公開したYouTube動画」はこちら

2020年7月22日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、今月8日に14.38円付近まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年7月22日時点では「1ADA=12.92円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年6月22日〜2020年7月22日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年6月22日〜2020年7月22日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

ジャガー・ランドローバー:仮想通貨IOTAが稼げる「スマートウォレット」機能をテスト

ジャガー・ランドローバー:仮想通貨IOTAが稼げる「スマートウォレット」機能をテスト

DX.Exchange運営会社「破産手続き」進行中か?スタッフの給与未払いとの報告も

DX.Exchange運営会社「破産手続き」進行中か?スタッフの給与未払いとの報告も

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す