カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)がアメリカ・ワイオミング州に拠点を構える食品追跡会社「BeefChain(ビーフチェーン)」と提携を結んだことが明らかになりました。同社はブロックチェーンやIoTなどの最先端技術を活用することによって、高品質な牛肉製品を消費者へと届けるだけでなく、関係者が牛肉の情報を詳しく確認できるようにするためのトレーサビリティソリューションを提供しています。

こちらから読む:BINANCE、ADAの新たな先物商品提供へ「Cardano/ADA」関連ニュース

「牛肉製品の安全管理」などで協力

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している企業「IOHK」の最高営業責任者であるJerry Fragiskatos氏は、2020年7月20日にYouTube上で公開された「Cardano Virtual Summit 2020」の動画の中で、IOHKがアメリカ・ワイオミング州に拠点を構える食品追跡会社「BeefChain(ビーフチェーン)」と提携を結んだことを明らかにしました。

BeefChain(ビーフチェーン)は「ブロックチェーンIoTデバイス・RFID(無線周波数識別)タグ」などといった最先端技術を活用することによって、家畜に関する様々な情報を安全かつ信頼できる形で記録・管理することができるソリューションを提供しており、消費者などの関係者が牛肉の情報を追跡・確認できるようにしたり、品質にこだわりを持つ牛肉生産者がそれに見合った報酬を得られるようにするための取り組みを続けています。

牧場主が食品安全性の問題を解決できるようにするための支援を数年前から続けている同社は、昨年4月に米国農務省(USDA)から認定も受けています。

「IOHK」と「BeefChain」が関わりを持っていることは、2020年2月14日にIOHKがワイオミング大学に50万ドル(約5,500万円)相当のADAで支援金を送った際に明かされていましたが、今回の動画の中では両社が正式にパートナーシップを結んでいることが明らかにされています。両社は今回のパートナーシップを通じて以下のようなことに取り組むとされています。

  • プロセス検証プラグラムを通じて全ての基準が満たされていることを確認する
  • 牧場主と消費者を直接繋ぎ、牧場主の利益を増やす
  • 安全性を高めるために牧場から店舗まで食品を追跡する

食品の安全管理は世界中で重要な課題となっており、ここ数年では食品のサプライチェーン管理にブロックチェーン技術を活用する動きが活発化してきているため、今後はCardanoブロックチェーンを活用したサプライチェーン管理も増加する可能性があると予想されます。

IOHKが開発したカルダノネットワークのスケーリングソリューションである「Ouroboros Hydra(ウロボロス・ヒドラ)」は、理論上1秒あたり100万件のトランザクションを処理することができるとも説明されていたため、Cardanoブロックチェーンは様々な製品のサプライチェーン管理にも活用できると期待されます。

>>「IOHKが公開したYouTube動画」はこちら

2020年7月22日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、今月8日に14.38円付近まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年7月22日時点では「1ADA=12.92円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年6月22日〜2020年7月22日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年6月22日〜2020年7月22日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

Shiba Inuレイヤー2「Shibarium」ベータ版テスト開始|メタバース画像も公開

Shiba Inuレイヤー2「Shibarium」ベータ版テスト開始|メタバース画像も公開

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

ビットコインの大規模な価格変動は「アルトコイン暴落」の合図:アナリスト予想

ビットコインの大規模な価格変動は「アルトコイン暴落」の合図:アナリスト予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す