BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年7月23日に、ドイツとヨーロッパでサービスを拡大するために、ドイツでライセンスを取得している大手投資会社「CM-Equity」と提携したことを発表しました。

こちらから読む:Apple共同創設者、YouTubeの詐欺動画で訴訟「暗号資産」関連ニュース

ドイツ・ヨーロッパ市場向けにサービス拡大へ

BINANCE(バイナンス)が提携を結んだ「CM-Equity」は、ドイツの規制当局である「ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)」から正式にライセンスを取得している大手投資会社であり、暗号資産の管理・仲介サービスを提供しています。

ドイツでは2020年1月に新しい法律が施行されたため、同国の人々向けに暗号資産サービスを提供する企業は現地の仮想通貨企業と同レベルの規制を受けることになり、必要なライセンスを取得する必要がありますが、「CM-Equity」と提携を結んだことによって、BINANCEはドイツとヨーロッパの顧客向けにサービスを拡大することができるようになると伝えられています。

BinanceのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は今回の提携について次のように語っています。

「CM-Equity」と力を合わせることによって、BINANCEは現地の規制を遵守しながらヨーロッパでサービスを拡大することができます。私たちは「CM-Equity」との長期的なパートナーシップを通じてデジタル資産業界を持続可能な方法で成長させ、ヨーロッパのクライアントへとサービスを拡大できることを楽しみにしています。

「CM-Equity」のCEOであるMichael Kott氏は、BINANCEとの提携について次のように語っています。

市場で最高のトレード体験を提供する世界一の企業「BINANCE」と協力できることに興奮しています。当社の認可されたデジタル資産プラットフォームは、BINANCEが提供する最高の流動性と摩擦のないサービスの恩恵を受けます。

BINANCEは『CM-Equityのサービスを使用することによって、ヨーロッパのBINANCEユーザーは最先端のインフラストラクチャーと最高のセキュリティで暗号資産やその他の金融商品を取引できるようになる』と説明しています。

今回の提携を通じて提供されるサービスの詳細は明らかにされていませんが、パートナーシップを通じた今後の計画は後日改めて発表すると報告されています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

ブロックチェーンゲーム「Gods Unchained」開発企業、1,500万ドルの資金調達

ブロックチェーンゲーム「Gods Unchained」開発企業、1,500万ドルの資金調達

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

通信大手Vodafone「カルダノ基盤のNFTコレクション発行」を計画

通信大手Vodafone「カルダノ基盤のNFTコレクション発行」を計画

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

注目度の高い仮想通貨ニュース

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す