バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年7月28日に、オーストラリア向けの仮想通貨取引プラットフォームである「Binance Australia」を立ち上げたことを発表しました。これにより豪州の人々は豪ドル(AUD)を使用して仮想通貨を取引することができるようになりました。

こちらから読む:"Ripple Swell Regionals"本日から開催へ「暗号資産」関連ニュース

豪州向け取引所「Binance Australia」公開

BINANCE(バイナンス)は世界各国の規制に準拠して暗号資産取引サービスを提供するために、必要に応じて「Binance.com」とは別のサービスとして暗号資産取引プラットフォームを立ち上げてきていましたが、2020年7月28日には新たにオーストラリア向けの仮想通貨取引プラットフォームである「Binance Australia(バイナンス・オーストラリア)」を立ち上げたことが発表されました。

公式発表によると「Binance Australia」の利用者は"PayID"を使用して手数料無料で銀行口座から直接豪ドル(AUD)を入金することができると説明されています。また、地元の銀行口座を「Binance Australia」にリンクさせておけば、出金申請をするだけでAUDを引き出すこともできるとされています。

「Binance Australia」は現在、デスクトップとモバイル端末のWEBページから利用することができるとのことで、アプリからの取引は後日利用できるようになるとされています。なお「Binance Australia」では「Binance.com」で提供されている全ての機能を利用することができるとのことです。

BINANCEの創設者兼CEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は「Binance Australia」の立ち上げについて次のように語っています。

オーストラリアは前向きな政策をとることによってブロックチェーン・イノベーションの最前線に立ってきました。「Binance Australia」は豪ドルでデジタル通貨を取引するための安全かつ規制に基づいたプラットフォームを提供することによって、オーストラリアの人々がより気軽に暗号資産を利用できるようにし、"世界中でお金の自由を推進する"という私たちの使命を促進することを目指しています。

BINANCEはこれまでにも様々な国や地域で仮想通貨取引プラットフォームを立ち上げており、これまでには「ウガンダ・ジャージー・シンガポールアメリカイギリス韓国」など地域でも取引プラットフォームを発表しています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨マイニングに「スーパーコンピューター」を悪用|不正アクセス報告相次ぐ

仮想通貨マイニングに「スーパーコンピューター」を悪用|不正アクセス報告相次ぐ

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

Astar Network「KDDI」との協業で基本合意書締結|Astar zkEVMテストネットも公開

Astar Network「KDDI」との協業で基本合意書締結|Astar zkEVMテストネットも公開

ジャスミー:シリコンバレー拠点のゼロ知識証明技術「Mystiko.Network」と技術協力開始

ジャスミー:シリコンバレー拠点のゼロ知識証明技術「Mystiko.Network」と技術協力開始

BITPointが決済サービスにBitcoin Cash(BCH)を追加

BITPointが決済サービスにBitcoin Cash(BCH)を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

ビットコインブロックチェーン初のICO「Bitcoin Dogs」プレセール締め切りを迎える

ビットコインブロックチェーン初のICO「Bitcoin Dogs」プレセール締め切りを迎える

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す