Cardano:Shelleyハードフォーク後、24時間で「400以上のステークプール」が稼働

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)プロジェクトで開発を担当している「IOHK」は、2020年7月31日のツイートで先日実施されたShelley(シェリー)のハードフォーク後も順調にカルダノネットワークが成長していることを報告し、Shelleyハードフォークから24時間以内に400以上のステークプールが稼働していることを明らかにしました。

こちらから読む:カルダノ財団、スイスのFintech企業と提携「Cardano」関連ニュース

分散化が急速に進む「カルダノネットワーク」

カルダノ(Cardano/ADA)は2020年7月30日に、コミュニティの間で長い間待ち望まれていた「Shelleyハードフォーク」を無事に完了させました。これによってCardanoは第二段階目の開発段階にあたる「Shelleyの時代」へと突入しており、ADA保有者はメインネット上でADAのステーキングに参加することができるようになりました。

Cardanoブロックチェーンが採用している「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムは、保有しているADAの数量が多いほど取引承認の権利を得やすい仕組みとなっており、ADA保有者は世界中のコミュニティ内で立ち上げられる「ステークプール」の中から自分が信頼できるステークプールに自分のADAを委任する形でカルダノネットワークの運営に関わることができる仕組みとなっています。

「ステークプール」の数が少ない場合にはカルダノネットワークの取引承認をごく一部の人々が牛耳ってしまうことになるため、"ネットワークの分散化"という観点から見ると「ステークプールの数」は非常に重要となりますが、IOHKは2020年7月31日のツイートで『CardanoネットワークではShelleyハードフォーク後24時間以内に400以上のステークプールが稼働している』ということを報告しています。

Cardano Shelleyへのハードフォークから24時間も経たないうちに、400を超えるステークプールが稼働しています。

カルダノの分散化に向けたエキサイティングな新しい時代と明るい未来にようこそ。

ビットコイン(BTC)で採用されているような「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」と呼ばれる取引承認方法では、計算能力の高いマシンを大量に保有している一部のマイナーがネットワークを牛耳ってしまう可能性があり、従来のブロックチェーンネットワークも10に満たないマイニングプールによってコントロールされていることが多かったため「カルダノブロックチェーンのネットワーク上で400以上のステークプールが実際に稼働している」という事実は注目に値します。

また、Shelleyのテストネットが運用されていた段階では「合計1,000ほどのステークプールが稼働している」と報告されているため、今後もさらに多くのステークプールが登録を完了し、ネットワークの分散化も進むことになると予想されます。

カルダノの創設者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は以前から『単独で成功するのではなく、業界全体で成功する』という意思を語っており、ここ最近でも様々な企業・プロジェクトとの提携が発表されているため、カルダノプロジェクトの今後のさらなる発展にも期待が高まります。

2020年7月31日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今年3月に2.48円付近まで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年7月31日時点では「1ADA=14.64円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年2月3日〜2020年7月31日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月3日〜2020年7月31日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Twitter CEO:Jay-Z氏とビットコイン基金「₿trust」を共同設立|BTC開発を促進

Twitter CEO:Jay-Z氏とビットコイン基金「₿trust」を共同設立|BTC開発を促進

作品閲覧でビットコインがもらえる「ギフト機能」運用開始:投げ銭投稿サイトBaskadia

作品閲覧でビットコインがもらえる「ギフト機能」運用開始:投げ銭投稿サイトBaskadia

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

注目度の高い仮想通貨ニュース

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

ビットポイント「恩をADAで返す!総額1億円キャンペーン」開始|約定金額の1%還元

ビットポイント「恩をADAで返す!総額1億円キャンペーン」開始|約定金額の1%還元

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す