Cardano:Shelleyハードフォーク後、24時間で「400以上のステークプール」が稼働

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)プロジェクトで開発を担当している「IOHK」は、2020年7月31日のツイートで先日実施されたShelley(シェリー)のハードフォーク後も順調にカルダノネットワークが成長していることを報告し、Shelleyハードフォークから24時間以内に400以上のステークプールが稼働していることを明らかにしました。

こちらから読む:カルダノ財団、スイスのFintech企業と提携「Cardano」関連ニュース

分散化が急速に進む「カルダノネットワーク」

カルダノ(Cardano/ADA)は2020年7月30日に、コミュニティの間で長い間待ち望まれていた「Shelleyハードフォーク」を無事に完了させました。これによってCardanoは第二段階目の開発段階にあたる「Shelleyの時代」へと突入しており、ADA保有者はメインネット上でADAのステーキングに参加することができるようになりました。

Cardanoブロックチェーンが採用している「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムは、保有しているADAの数量が多いほど取引承認の権利を得やすい仕組みとなっており、ADA保有者は世界中のコミュニティ内で立ち上げられる「ステークプール」の中から自分が信頼できるステークプールに自分のADAを委任する形でカルダノネットワークの運営に関わることができる仕組みとなっています。

「ステークプール」の数が少ない場合にはカルダノネットワークの取引承認をごく一部の人々が牛耳ってしまうことになるため、"ネットワークの分散化"という観点から見ると「ステークプールの数」は非常に重要となりますが、IOHKは2020年7月31日のツイートで『CardanoネットワークではShelleyハードフォーク後24時間以内に400以上のステークプールが稼働している』ということを報告しています。

Cardano Shelleyへのハードフォークから24時間も経たないうちに、400を超えるステークプールが稼働しています。

カルダノの分散化に向けたエキサイティングな新しい時代と明るい未来にようこそ。

ビットコイン(BTC)で採用されているような「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」と呼ばれる取引承認方法では、計算能力の高いマシンを大量に保有している一部のマイナーがネットワークを牛耳ってしまう可能性があり、従来のブロックチェーンネットワークも10に満たないマイニングプールによってコントロールされていることが多かったため「カルダノブロックチェーンのネットワーク上で400以上のステークプールが実際に稼働している」という事実は注目に値します。

また、Shelleyのテストネットが運用されていた段階では「合計1,000ほどのステークプールが稼働している」と報告されているため、今後もさらに多くのステークプールが登録を完了し、ネットワークの分散化も進むことになると予想されます。

カルダノの創設者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は以前から『単独で成功するのではなく、業界全体で成功する』という意思を語っており、ここ最近でも様々な企業・プロジェクトとの提携が発表されているため、カルダノプロジェクトの今後のさらなる発展にも期待が高まります。

2020年7月31日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今年3月に2.48円付近まで下落したものの、その後は順調に回復してきており、2020年7月31日時点では「1ADA=14.64円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年2月3日〜2020年7月31日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月3日〜2020年7月31日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CoinGecko「Chiliz関連ファントークン」の情報提供を開始|ウィジェットも利用可能に

CoinGecko「Chiliz関連ファントークン」の情報提供を開始|ウィジェットも利用可能に

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Symbol活用の加盟店共通ポイント「Symbol Shop Point」金融庁の許可獲得

Symbol活用の加盟店共通ポイント「Symbol Shop Point」金融庁の許可獲得

美容業界大手「RVH」がブロックチェーン企業を買収|マイニング関連事業にも

美容業界大手「RVH」がブロックチェーン企業を買収|マイニング関連事業にも

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

Sociosアプリ「バッジ・レベルアップ機能」追加|Fan Shopも近日公開

Sociosアプリ「バッジ・レベルアップ機能」追加|Fan Shopも近日公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

コイントレード:200 IOSTが全員もらえる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

コイントレード:200 IOSTが全員もらえる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

c0ban取引所運営のエクシア・デジタル・アセット「Coin Master」に商号変更

c0ban取引所運営のエクシア・デジタル・アセット「Coin Master」に商号変更

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

100倍になる可能性のある投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

ウクライナの薬局「Binance Pay」用いた仮想通貨決済に対応

ウクライナの薬局「Binance Pay」用いた仮想通貨決済に対応

Bitget「先物取引で賞品を勝ち取り、BTCを獲得」イベント開催中

Bitget「先物取引で賞品を勝ち取り、BTCを獲得」イベント開催中

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す