【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)は日本時間2020年7月30日に大型アップグレードとなる「Shelley(シェリー)」への移行を無事完了しました。これに伴い現在は、新機能を搭載した新しいウォレットである「Daedalus 2.0.0(ダイダロス 2.0.0)」がリリースされている他、このウォレットを通じてステーキングに参加することもできるようになっています。

こちらから読む:Shelleyハードフォークの基礎知識「Cardano/ADA」関連ニュース

Cardano「Shelleyの時代」へ突入

カルダノ(Cardano/ADA)は予告されていた通り2020年7月30日に、カルダノネットワークの分散化に向けた重要なアップグレードとなる「Shelley(シェリー)」への移行を無事完了しました。

カルダノの開発段階は「Byron(バイロン)、Shelley(シェリー)、Goguen(ゴーグエン)、Basho(バショウ)、Voltaire(ボルテール)」という5段階に分かれており、これまでは「Byronの時代」とされていましたが、今回のアップグレードによってカルダノは「Shelleyの時代」へと突入することになります。

Shelley(シェリー)への移行で最も注目される点としては『ステーキングが可能になる』ということが挙げられます。これにより仮想通貨ADAを保有している人々は、ステークプールに委任して報酬を稼ぐことができるようになります。

ステーキングも可能な「Daedalus 2.0.0」公開

Daedalus-Wallet-Shelley

Shelleyへの移行が完了したことに伴い、現在はADAを安全に保管することができる公式デスクトップウォレットである「Daedalus Wallet(ダイダロス・ウォレット)」の最新バージョン「Daedalus 2.0.0」がリリースされています。

「Daedalus 2.0.0」はステークプールランキングや委任関連機能をはじめとするShelley関連の新機能をサポートした"史上初のShelleyメインネットウォレット"であり、このウォレットを使用することによってステーキングに参加することが可能です。

以前までのダイダロスウォレットは今回のアップグレードによって使用できなくなっているため、すでに以前のダイダロスウォレットを利用している場合は、ウォレットを起動すると自動的に「Daedalus 2.0.0」のダウンロードを求められることになります。初めてダイダロスを利用する方も、すでに利用していた方も「Daedalusのダウンロードページ」で最新版をダウンロードすることが可能です。

すでにダイダロスを利用していた方は、新しいウォレットを起動した後に「復元」のボタンを選択して「復元フレーズ」を入力することによって、以前までダイダロスで保管していたADAにアクセスすることができるようになります。

なお、ウォレットを復元した場合には「ウォレット残高とトランザクション履歴の同期」に多少時間がかかるため、同期が完了するまでは"正確なウォレット残高"が表示されず、最初は『残高 0ADA』となっていますが、このウォレット残高は同期が進むに連れて適切に表示されるようになっているため焦らずに待機してみてください。

「ダイダロスウォレットに追加された新機能」や「ステーキングの参加方法」などは、IOHKが公開している「Daedalus 2.0.0 リリースノート」のページに日本語で詳しく説明されているため、そちらをご確認ください。
>>「Daedalus 2.0.0 リリースノート」はこちら

2020年7月30日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今年5月頃までは5円前後で推移していたものの、今月26日にはその3倍以上となる16.11円まで回復しており、2020年7月30日時点では「1ADA=14.78円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年5月1日〜2020年7月30日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年5月1日〜2020年7月30日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

HashPort:ハードウェアウォレット開発企業「CoolBitX」と提携|NFTなどをグローバル展開

HashPort:ハードウェアウォレット開発企業「CoolBitX」と提携|NFTなどをグローバル展開

Chiliz Exchange:Samsunsporの「$SAMファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Samsunsporの「$SAMファントークン」本日取引開始

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitget:50,000USDTを山分けする「最強のキング取引大会」開始

Bitget:50,000USDTを山分けする「最強のキング取引大会」開始

LiveLike社:新ブロックチェーン「Chiliz Chain 2.0」に参加する初の企業に

LiveLike社:新ブロックチェーン「Chiliz Chain 2.0」に参加する初の企業に

Cardano(ADA)の大型アップグレード「Vasil」実施予定日が決定

Cardano(ADA)の大型アップグレード「Vasil」実施予定日が決定

Coincheck NFT:フクロウモチーフのNFT「Moonbirds」取扱いへ

Coincheck NFT:フクロウモチーフのNFT「Moonbirds」取扱いへ

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

OKCoinJapan:5,000DEPがもらえる「DEP取扱いキャンペーン第2弾」開始

OKCoinJapan:5,000DEPがもらえる「DEP取扱いキャンペーン第2弾」開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年8月28日〜9月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年8月28日〜9月3日

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

BitLending「PoW版ETH」誕生時には付与する方針|The Merge対応方針を発表

BitLending「PoW版ETH」誕生時には付与する方針|The Merge対応方針を発表

BINANCE「LUNC:オフチェーンバーン」対応方針を発表|オプトインボタンを用意

BINANCE「LUNC:オフチェーンバーン」対応方針を発表|オプトインボタンを用意

Kraken:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

Kraken:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す