Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)の創設者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、先日YouTube上で公開した動画の中でプロジェクトの進捗状況や今後のパートナーシップなどについて語り、仮想通貨業界で特に注目されているプロジェクトの1つである「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携する可能性があることなどを明かしました。

こちらから読む:BINANCE、複数のADA関連サービス追加「Cardano/ADA」関連ニュース

「Chainlinkとの提携」やがて公式発表か?

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2020年7月25日にYouTube上で公開した1時間ほどの動画の中で、カルダノプロジェクトの進捗状況や今後のパートナーシップなどについて語りました。

動画の視聴者から「カルダノ独自のオラクルソリューション」や「Chainlinkの創設者Sergey Nazarov(セルゲイ・ナザロフ)氏との話し合いの結果」などについて質問を受けたホスキンソン氏は、具体的な詳細は明らかにしなかったものの『チェーンリンクは素晴らしい製品だ』と語り、やがて話し合いの内容やパートナーシップに関する公式声明を出すと説明しました。

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は「異なるブロックチェーン同士」や「データプロバイダー・Web API・IoTデバイス・支払いシステム」などといった"ブロックチェーン外部のデータ"とブロックチェーンを安全かつ信頼性の高い方法で繋ぐことができるオープンソースの分散型オラクルネットワークであるため、チェーンリンクとカルダノが提携した場合にはカルダノブロックチェーンと外部データを組み合わせた様々なサービスを提供できるようになると期待されます。

カルダノブロックチェーンは"高性能な第三世代のブロックチェーン技術"となっているため、チェーンリンクを活用すれば実社会でのカルダノ技術活用がさらに加速することになると予想されます。

通信会社「World Mobile」との契約なども

ホスキンソン氏はこの他にもアフリカ・エチオピア・タンザニアなどの地域で進められているプロジェクトなどについても語り、タンザニアでモバイルネットワークを展開している通信会社「World Mobile(ワールドモバイル)」との契約などについても語っています。

ホスキンソン氏がCEOを務めているカルダノプロジェクトの開発担当企業「IOHK」は、以前から「World Mobile」と協力していたとのことで、その詳細に関してもまもなく公式発表が行われるとのことです。

Cardanoプロジェクトからはここ数ヶ月間で続々とパートナーシップが発表されており、最近ではカルダノネットワークの分散化に向けた重要な開発段階である「Shelley(シェリー)」への移行が日本時間2020年07月30日午前6時44分頃に実施されることも発表されています。

これまでに報じられている内容を考慮して考えると、Shelleyへの移行後には新しいプロジェクトに関するさらに多くの発表が行われることになると予想されるため、今後の公式発表には大きな注目が集まっています。

2020年7月28日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、先日26日に16.29円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年7月28日時点では「1ADA=14.81円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年4月29日〜2020年7月28日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月29日〜2020年7月28日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

BINANCE「エイプコイン(ApeCoin/APE)」取扱い開始|大手取引所への上場続く

BINANCE「エイプコイン(ApeCoin/APE)」取扱い開始|大手取引所への上場続く

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

関東財務局:FTX Japanの業務停止命令「2023年3月」まで延長|資産の国内保有命令も

関東財務局:FTX Japanの業務停止命令「2023年3月」まで延長|資産の国内保有命令も

KADOKAWA:Web3向けオープンソースIP「GIRYPTO(ギリプト)」を発表

KADOKAWA:Web3向けオープンソースIP「GIRYPTO(ギリプト)」を発表

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

UST・LUNA市場操作の疑いで「FTX創業者」を捜査|Do Kwon氏もコメント

UST・LUNA市場操作の疑いで「FTX創業者」を捜査|Do Kwon氏もコメント

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

メルカリ:アプリ内で「暗号資産ビットコインの購入機能」提供へ

メルカリ:アプリ内で「暗号資産ビットコインの購入機能」提供へ

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

Bitgetワールドカップ・コピートレードPK大会|50,000USDT・ファントークン獲得のチャンス

Bitgetワールドカップ・コピートレードPK大会|50,000USDT・ファントークン獲得のチャンス

SBI VCトレード「XRP保有者に対するFLRトークンの配布・取扱い」について続報

SBI VCトレード「XRP保有者に対するFLRトークンの配布・取扱い」について続報

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す