ブロックチェーン技術GLS開発企業「アーリーワークス」約1億円の資金調達

by BITTIMES

独自のブロックチェーン技術「Grid Ledger System(GLS)」を開発している「株式会社アーリーワークス(Earlyworks)」は2020年7月31日に、株式会社FEインベストや複数の個人投資家・組合から総額約1億円の資金を調達したことを報告しました。

こちらから読む:日銀、CBDC検討に向け民間企業に情報提供を依頼「国内ニュース」

次世代型データベース事業などの販売・開発体制を強化

アーリーワークス(Earlyworks)はブロックチェーン技術を用いたシステムソリューションの企画・提案・設計・開発を行っている東京都の企業であり、独自のブロックチェーン技術である「Grid Ledger System(GLS)」を開発しています。

Grid Ledger System(GLS)は、中央集権技術と分散技術を細かい粒度で分解・解釈した上で、それらのパーツを宮大工のように技術力で融合させた"次世代型のハイブリッドブロックチェーンシステム"だとされており、スピードとセキュリティを両立しているだけでなく、大きな課題となっていたファイナリティについても課題を解消し、一つ一つのトランザクションがしっかり確定していくブロックチェーンを実現していると説明されています。

GLSの公式サイトによると、Grid Ledger Systemは「1トランザクションあたり0.2秒」という超高速な承認速度を実現している他、1秒間に4,000万件のトランザクションを処理することもでき、ブロックチェーンの課題であったファイナリティ処理を実装しているなど様々な特徴を有しているとされています。

アーリーワークスは今回調達した資金を通じて、次世代型データベース事業やブロックチェーン導入提案事業など販売体制と開発体制の強化に取り組むとしています。

同社に投資した「株式会社FEインベスト」の代表取締役社長である須関 智紀氏は「アーリーワークス社」や「Grid Ledger System」について次のようにコメントしています。

アーリーワークス社が有する「Grid Ledger System」は従来のブロックチェーン特有の課題を払拭し、超高度情報化社会の実現における様々な社会課題を基盤から確実に解決できるプロダクトであり、高い技術力、開発力を有する会社と評価しております。

これまで株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、日本電気通信システム株式会社並びにバレットグループ株式会社等の複数の事業会社との提携実績を踏まえ、今後確実に拡大していくと予想されるブロックチェーン市場やデータベース市場に大きな影響を与える会社と評価しており、日本だけでなく世界で通用する会社に成長していくことを期待しています。

アーリーワークスは2020年1月に、日本電気通信システム株式会社(NEC通信システム)と協力してブロックチェーン技術を活用した超高速次世代型ハイブリッドデータベース「SmokeDB」の構想実現に向けた共同研究を開始したことなども発表しています。

>>「アーリーワークス」の公式発表はこちら
>>「Grid Ledger System」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ginco×みずほフィナンシャルグループ「セキュリティトークンの実証実験」開始

Ginco×みずほフィナンシャルグループ「セキュリティトークンの実証実験」開始

ロナウジーニョ「Blockchainで世界に貢献したい」ICOやVRスタジアム開発予定

ロナウジーニョ「Blockchainで世界に貢献したい」ICOやVRスタジアム開発予定

コインチェック「IEO事業」開始を検討|ユーティリティトークンによる資金調達を支援

コインチェック「IEO事業」開始を検討|ユーティリティトークンによる資金調達を支援

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

暗号資産レンディングの「BitLending」紹介プログラム開始|サイトもリニューアル

暗号資産レンディングの「BitLending」紹介プログラム開始|サイトもリニューアル

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

注目度の高い仮想通貨ニュース

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

Bitcoin MinetrixのクラウドマイニングとBitcoinの半減期がプロジェクトへもたらす恩恵

Bitcoin MinetrixのクラウドマイニングとBitcoinの半減期がプロジェクトへもたらす恩恵

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Terraform Labs:法的問題解決に向け米国で破産申請「事業継続の方針」も強調

Terraform Labs:法的問題解決に向け米国で破産申請「事業継続の方針」も強調

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す