ブロックチェーン技術GLS開発企業「アーリーワークス」約1億円の資金調達

by BITTIMES

独自のブロックチェーン技術「Grid Ledger System(GLS)」を開発している「株式会社アーリーワークス(Earlyworks)」は2020年7月31日に、株式会社FEインベストや複数の個人投資家・組合から総額約1億円の資金を調達したことを報告しました。

こちらから読む:日銀、CBDC検討に向け民間企業に情報提供を依頼「国内ニュース」

次世代型データベース事業などの販売・開発体制を強化

アーリーワークス(Earlyworks)はブロックチェーン技術を用いたシステムソリューションの企画・提案・設計・開発を行っている東京都の企業であり、独自のブロックチェーン技術である「Grid Ledger System(GLS)」を開発しています。

Grid Ledger System(GLS)は、中央集権技術と分散技術を細かい粒度で分解・解釈した上で、それらのパーツを宮大工のように技術力で融合させた"次世代型のハイブリッドブロックチェーンシステム"だとされており、スピードとセキュリティを両立しているだけでなく、大きな課題となっていたファイナリティについても課題を解消し、一つ一つのトランザクションがしっかり確定していくブロックチェーンを実現していると説明されています。

GLSの公式サイトによると、Grid Ledger Systemは「1トランザクションあたり0.2秒」という超高速な承認速度を実現している他、1秒間に4,000万件のトランザクションを処理することもでき、ブロックチェーンの課題であったファイナリティ処理を実装しているなど様々な特徴を有しているとされています。

アーリーワークスは今回調達した資金を通じて、次世代型データベース事業やブロックチェーン導入提案事業など販売体制と開発体制の強化に取り組むとしています。

同社に投資した「株式会社FEインベスト」の代表取締役社長である須関 智紀氏は「アーリーワークス社」や「Grid Ledger System」について次のようにコメントしています。

アーリーワークス社が有する「Grid Ledger System」は従来のブロックチェーン特有の課題を払拭し、超高度情報化社会の実現における様々な社会課題を基盤から確実に解決できるプロダクトであり、高い技術力、開発力を有する会社と評価しております。

これまで株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、日本電気通信システム株式会社並びにバレットグループ株式会社等の複数の事業会社との提携実績を踏まえ、今後確実に拡大していくと予想されるブロックチェーン市場やデータベース市場に大きな影響を与える会社と評価しており、日本だけでなく世界で通用する会社に成長していくことを期待しています。

アーリーワークスは2020年1月に、日本電気通信システム株式会社(NEC通信システム)と協力してブロックチェーン技術を活用した超高速次世代型ハイブリッドデータベース「SmokeDB」の構想実現に向けた共同研究を開始したことなども発表しています。

>>「アーリーワークス」の公式発表はこちら
>>「Grid Ledger System」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Blockchain Game Alliance:ゲーム業界の大手企業がブロックチェーン同盟を締結

Blockchain Game Alliance:ゲーム業界の大手企業がブロックチェーン同盟を締結

【要注意】コインチェック装った「フィッシング詐欺・なりすまし行為」複数確認

【要注意】コインチェック装った「フィッシング詐欺・なりすまし行為」複数確認

マクロミルポイント「仮想通貨3銘柄」への交換が可能に|コインチェックが新サービス

マクロミルポイント「仮想通貨3銘柄」への交換が可能に|コインチェックが新サービス

TRON Arcade:日本のブロックチェーンゲーム投資会社「gumi Cryptos」と提携

TRON Arcade:日本のブロックチェーンゲーム投資会社「gumi Cryptos」と提携

なりすまし防止機能付きブロックチェーン投票サービス「bVote」を開発:bitFlyer Blockchain

なりすまし防止機能付きブロックチェーン投票サービス「bVote」を開発:bitFlyer Blockchain

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引「イスラム法の範囲内」でも容認する方針:マレーシア証券取引委員会

暗号資産取引「イスラム法の範囲内」でも容認する方針:マレーシア証券取引委員会

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

暗号資産が「SNSアカウント情報」だけで送金可能に|LINE・Twitterなど11種類に対応

暗号資産が「SNSアカウント情報」だけで送金可能に|LINE・Twitterなど11種類に対応

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Samsung Blockchain Wallet「ディセントラランド(Decentraland)」をサポート

Samsung Blockchain Wallet「ディセントラランド(Decentraland)」をサポート

暗号資産取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットフライヤー「NEM・Stellar」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ビットフライヤー「NEM・Stellar」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

doublejump.tokyo:SNS情報で利用できるウォレット開発会社「Torus Labs」と提携

doublejump.tokyo:SNS情報で利用できるウォレット開発会社「Torus Labs」と提携

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

GMOコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

GMOコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

暗号資産自動売買サービス「QUOREA」運営企業、投資助言業の登録を完了

暗号資産自動売買サービス「QUOREA」運営企業、投資助言業の登録を完了

イラン政府:暗号資産マイニング事業者に「1ヶ月以内の情報登録」を命令

イラン政府:暗号資産マイニング事業者に「1ヶ月以内の情報登録」を命令

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す