日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

by BITTIMES

ブロックチェーン関連事業を手掛けている「株式会社LayerX」は2020年7月29日に、"すべての経済活動をデジタル化する"というミッションのもとで、デジタル通貨スマートシティ・パブリックブロックチェーンの3つを研究開発の柱に据えた「LayerX Labs(レイヤーエックス・ラボ)」を2020年8月1日に開設することを発表しました。

こちらから読む:SBI、デジタル通貨「Sコイン」の実証実験開始「国内ニュース」

「行政機関・中央銀行・学術機関・民間企業」と共同研究

LayerX(レイヤーエックス)は、ブロックチェーンの社会実装に向けた研究開発を独自で数多く手掛けている東京都中央区の企業であり、Etherum2.0の研究や、次世代のプライバシー技術である「Zerochain」や「Anonify」などといったソフトウェアの開発に取り組んできました。

ここ最近では日本国内でもデジタル化の動きが本格化してきており、「次世代型行政サービス(デジタル・ガバメント)」や「スマートシティの社会実装」の実現が重要な政策課題となっている他、先日は日本銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究を本格化させるための新組織「デジタル通貨グループ」を設立したことなども報告されています。

LayerXは今回の発表の中で『このようなデジタル社会を実現するためには、サイロ化されたシステムから脱却し、複数のシステムやサービスを横断した新たなプラットフォーム(System of Systems)が必要であり、ここにブロックチェーンの社会実装の機会があると考えている』と述べており、今後ブロックチェーン技術の社会実装を推進するための研究開発を一層発展させるためには「長期的な研究開発領域の柱を明確に据えること」に加えて「外部知見を積極的に取り入れること」が必要不可欠であるため、行政機関・中央銀行等・学術機関・民間企業との共同研究をさらに進めることを通じて、更なる社会への適用を加速すべく2020年8月から「LayerX Labs(レイヤーエックス・ラボ)」を開設することを決定したと説明しています。

LayerX Labsの「取組テーマ」と「活動内容」について

(画像:LayerX)(画像:LayerX)

LayerX Labs(レイヤーエックス・ラボ)が2020年度に取り組むテーマとしては、以下の3点が挙げられています。

  1. デジタル通貨・決済
  2. スマートシティ(特に組織やサービスをまたぐデジタル化)
  3. パブリックブロックチェーン

また「LayerX Labs」が行っていく具体的な内容としては以下のようなことが挙げられています。

  1. 行政機関・中央銀行等・学術機関及び民間企業との共同研究
  2. 基礎技術研究として学術論文の執筆やオープンソースコミュニティへの貢献(例:Anonify、Cordage)
  3. 外部識者を招聘したアドバイザリーボード(仮)の設置
  4. ホワイトペーパーやニュースレター等を通じた研究成果の発信

LayerXは『LayerX Labsの設立を通じて、行政機関・中央銀行・学術機関・民間企業と連携しながら、これまで以上にブロックチェーン技術の実用化にむけた研究開発を加速していく』と説明しています。

>>「LayerX」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Jリーグ公認ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」オープンβ版配信開始NEW

Jリーグ公認ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」オープンβ版配信開始

ベルギープロサッカー「KMSKダインゼ」DEA社のPlay to Earnゲームにギルドとして参入

ベルギープロサッカー「KMSKダインゼ」DEA社のPlay to Earnゲームにギルドとして参入

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

仮想通貨取引所Bitfinex「合計87種類」の取引ペア削除へ

仮想通貨取引所Bitfinex「合計87種類」の取引ペア削除へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

タツノコプロ60周年記念NFT第2弾「新造人間キャシャーン」数量限定販売へ

タツノコプロ60周年記念NFT第2弾「新造人間キャシャーン」数量限定販売へ

マクロ環境の低迷が続く中、暗号分野も厳しいベアマーケットが到来

マクロ環境の低迷が続く中、暗号分野も厳しいベアマーケットが到来

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

南アフリカ最大級のスーパーマーケット「仮想通貨決済」の対応店舗を拡大

南アフリカ最大級のスーパーマーケット「仮想通貨決済」の対応店舗を拡大

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す