【Travala.com】Binance Chainで「分散型旅行予約サービス」構築へ

by BITTIMES   

暗号資産(仮想通貨)に対応した旅行予約サービスを提供している「Travala.com(トラバラドットコム)」は2020年8月20日に、自社のオンライン旅行予約サービスを"非中央集権化"することを目的として「Binance Chain(バイナンスチェーン)」と提携したことを発表しました。

こちらから読む:Moonstake、"ADAのステーキング"に対応「暗号資産」関連ニュース

「次世代型のWeb3.0旅行ウェブサイト」構築へ

Travala.com(トラバラドットコム)は世界230カ国にある「220万以上のホテル・宿泊施設」や「600の航空会社」をオンライン上で予約できるサービスを提供している旅行予約プラットフォームであり、クレジットカードやPayPal(ペイパル)などの一般的な支払い方法に加えて、様々な種類の仮想通貨決済にも対応しています。

同社はサービス開始以降、予約可能な宿泊施設や利用可能な仮想通貨の拡大を続けていますが、今回の発表では「非中央集権型の旅行予約サービス」の提供に向けて、大手暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)が開発したコミュニティ主導のブロックチェーンソフトウェアシステムである「Binance Chain(バイナンスチェーン)」を活用していくことが報告されています。

Travala.comは自社のサービスと「Binance Chain」を組み合わせることによって「分散型レビュー・分散型宿泊施設予約・分散型紹介システム・トークンを用いた報酬システム」などの機能を搭載した"次世代型のWeb3.0旅行ウェブサイト"を立ち上げる予定だと説明しています。

「仲介者なしの旅行予約サービス」を実現

新しい旅行予約サービスが立ち上げられることによって、サービス利用者は仲介者を介さずに物件の所有者と直接取引を行うことができるようになります。このサービスが実現すると「Travala.com」はユーザー評価・係争の調停・管理の仕組みなどといった旅行予約サービスの提供に必要な技術を提供するのみになるとのことです。

同社は「分散型の宿泊施設予約システム」が実現した後には「非中央集権的なレビューサービス」を開発することに重点を置くことを計画しているとのことで、このレビューサービスでは投稿されたレビューをブロックチェーン上に記録することによって、投稿後にレビューの削除や編集が行えないようにしていると伝えられています。

また「偽レビュー」を防止するために"トークンを用いたインセンティブ"を活用することも計画されており、プラットフォーム上で予約して実際にその場所に訪れたユーザーだけがレビューを投稿できるようにする予定だと報告されています。

「Travala.com」は順調にサービスの拡大を続けており、利用可能な決済手段は記事執筆時点で30種類を超えているため、今回発表されたサービスが正式に開始されれば、同社のサービスは世界中の人々が利用する主流の旅行予約プラットフォームになっていくと期待されます。

>>「Travala.com」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

群馬県のメンズ脱毛専門店OHD「ビットコイン決済」導入へ|ETH・XRP対応も検討

群馬県のメンズ脱毛専門店OHD「ビットコイン決済」導入へ|ETH・XRP対応も検討

FXcoin株式会社「仮想通貨交換業者」のライセンス取得

FXcoin株式会社「仮想通貨交換業者」のライセンス取得

ソーシャル検索プラットフォーム「ソクシル」公開|ブロックチェーン用いた還元機能も検討

ソーシャル検索プラットフォーム「ソクシル」公開|ブロックチェーン用いた還元機能も検討

DMMビットコイン「BAT・QTUMのレバレッジ取引」提供へ|記念キャンペーンも開催

DMMビットコイン「BAT・QTUMのレバレッジ取引」提供へ|記念キャンペーンも開催

仮想通貨「1,000種類以上」のデータ配信を開始|インターコンチネンタル取引所(ICE)

仮想通貨「1,000種類以上」のデータ配信を開始|インターコンチネンタル取引所(ICE)

KLMオランダ航空:ブロックチェーンアプリで「子会社間の決済プロセス」を処理

KLMオランダ航空:ブロックチェーンアプリで「子会社間の決済プロセス」を処理

注目度の高い仮想通貨ニュース

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

Coinbase:米プロバスケリーグ「NBA・WNBA」と提携|公式仮想通貨パートナーに

Coinbase:米プロバスケリーグ「NBA・WNBA」と提携|公式仮想通貨パートナーに

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す