コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

by BITTIMES

コインチェック(Coincheck)は2020年9月10日に、同社が以前から事業化を検討してきたバーチャル株主総会支援事業を本格化し、本日10日からバーチャル株主総会の運営を支援するサービス「Sharely(シェアリー)」の提供を開始することを発表しました。同社はサービスの提供開始を記念した「初年度利用料割引キャンペーン」も実施しています。

こちらから読む:ビットポイント、"独自のブロックチェーン基盤"開発へ「国内ニュース」

バーチャル株主総会支援サービス「Sharely」提供開始

コインチェック(Coincheck)が提供する「Sharely(シェアリー)」は、企業が滞りなく株主総会をオンライン開催でき、株主が滞りなくオンライン参加できるようバーチャル株主総会の運営を総合的に支援するサービスであり、「出席型」および「参加型」のどちらのバーチャル株主総会にも対応可能なクラウドシステムの提供に加えて「バーチャル株主総会に合わせたシナリオや運営方法の提案」や「当日の運営サポート」なども提供しています。

2020年6月からバーチャル株主総会支援の事業化を検討していた同社は、わずか3ヶ月という期間でサービスの設計およびシステムの開発を行い、すでに複数の上場企業に「Sharely」を提供していましたが、本日10日には「Sharely」のサービス提供を正式に開始したことが発表されています。

Sharely(シェアリー)の「特徴」や「主な機能」としては以下のようなものが挙げられています。

【特徴】
・参加型から出席型まで対応可能
・既存の業者との連携が可能
・企業それぞれのニーズに合わせてカスタマイズ可能
・経済産業省の実務ガイドライン準拠したシナリオの提案や運営サポート

【主な機能】
・リアルタイムに状況がわかる議決権行使機能
・株主からの質問受付・回答チャット機能
・登壇者のリモート参加も可能な動画配信機能
・資料配布機能
・株主のなりすまし防止機能

バーチャル株主総会をより簡単に開催できる環境を

コインチェックが2020年7月に上場企業400社超の経営者と株主総会担当者を対象に実施した「バーチャル株主総会検討状況」に関するアンケート調査では、『直近の株主総会を"バーチャル株主総会"として開催しない』と回答した企業は16%に留まり、IT・情報通信業界ではわずか6%となっていたと報告されています。

新型コロナウイルスの感染拡大などによってデジタル化が進んできている現代社会において『今後はより一層バーチャル株主総会が普及していくことになる』と予想しているコインチェックは『より多くの企業がより簡単に、滞りなく"バーチャル株主総会"を開催できるようなサービスの提供することを通じて、株主総会への参加をより身近なものに変え、資産運用や投資を始めるきっかけを提供していきたいと考えている』と説明しています。

また今回の発表では、サービス提供開始を記念して、2020年9月30日までに問い合わせを行った企業を対象に初年度の利用料が割引になる「初年度利用料割引キャンペーン」を実施することも発表されています。「Sharelyの詳細」や「問い合わせ方法」などは以下の「公式発表ページ」または「Sharely公式サイト」をご覧ください。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら
>>「Sharely」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットフライヤー「NEM・Stellar」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ビットフライヤー「NEM・Stellar」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

インフレ局面で投資するなら「債券よりもビットコイン」資産家レイ・ダリオ氏

インフレ局面で投資するなら「債券よりもビットコイン」資産家レイ・ダリオ氏

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FXcoin:最大5万円がもらえる「法人口座開設申込受付開始記念キャンペーン」開催へ

FXcoin:最大5万円がもらえる「法人口座開設申込受付開始記念キャンペーン」開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

クレジットカード決済+サブスク機能付のNFTマーケットプレイス「LimiteT」公開

クレジットカード決済+サブスク機能付のNFTマーケットプレイス「LimiteT」公開

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

香取慎吾氏「NFTアートチャリティプロジェクト」開催へ|寄付金はパラサポに全額寄付

香取慎吾氏「NFTアートチャリティプロジェクト」開催へ|寄付金はパラサポに全額寄付

仮想通貨マイニングの「詐欺アプリ」に要注意|120以上の偽アプリが現在も稼働=報告

仮想通貨マイニングの「詐欺アプリ」に要注意|120以上の偽アプリが現在も稼働=報告

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

Huobi Japan:スマホ画面に仮想通貨価格を表示「フローティングウィンドウ機能」追加

Huobi Japan:スマホ画面に仮想通貨価格を表示「フローティングウィンドウ機能」追加

SBI VCトレード:2021年9月16日に「新規2銘柄」取扱いへ

SBI VCトレード:2021年9月16日に「新規2銘柄」取扱いへ

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す