ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

by BITTIMES

Twitter(ツイッター)やSquare(スクエア)のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、2020年9月10日に「ロイター通信」とのインタビューに応じた際に『仮想通貨ビットコインはインターネットのネイティブ通貨に最も適している』との考えを改めて語り、ビットコインの可能性や解決すべき課題などについて説明を行いました。

こちらから読む:ビットバンク、新たに"XLM"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

Twitter CEOが語る「インターネットのネイティブ通貨」

Jack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は以前から仮想通貨ビットコイン(BTC)を強く支持している人物の一人として知られていましたが、2020年9月10日に「ロイター通信」とのインタビューに応じた際には『ビットコインはインターネットのネイティブ通貨に最も適している』との考えを改めて語っています。

TwitterのCEOであるJack Dorsey氏は『ビットコインは依然として最も成功する見込みのあるインターネットネイティブ通貨である』と語っています。

ジャック・ドーシー氏は『インターネットにはネイティブ通貨が必要である』と述べており、ビットコインがインターネットと同様に"コミュニティ主導"であるということから『ビットコインはインターネットのネイティブ通貨に最も適している』との考えを示しています。

「素晴らしいアイデアを持つ世界中の人々が誰でもコミュニティに参加できる」という特徴を持つビットコインを称賛しているドーシー氏は、世界中の人々を繋ぐインターネット上で世界共通の通貨が広く使用されるようになれば、各国の通貨を両替する必要がなくなり、インターネット上のサービスがさらに便利になると考えています。

ビットコインが解決すべき「複数の課題」

ジャック・ドーシー氏は『ビットコインはインターネットのネイティブ通貨に最も適している』との考えを示していますが、それと同時にビットコインが実際にインターネットのネイティブ通貨になるためには「より直感的で使いやすいもの」になる必要があると指摘しています。

具体的には「送金速度」や「効率性」などの面で課題があることが挙げられており、このような問題が技術の普及を妨げていると指摘されています。

ビットコインは過去数年間で世界中で知られる最も代表的な仮想通貨となりましたが、BTCを送金する際には複雑なウォレットアドレスを入力する必要があり、送金時間も平均で10分ほどかかるのが現状だと報告されています。

しかし現在は、少額のBTCを素早く安い手数料で送金することができる「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」や、『myname.crypto』などといった簡単な文字列で暗号資産の送受金を行うことができる「Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)」などの技術も実際のサービスで活用されてきているため、今後は仮想通貨の利便性の問題も解決に向かうことになるt期待されます。

また、ジャック・ドーシー氏がCEOを努めている「Square(スクエア)」も"任意の仮想通貨と法定通貨をリアルタイムに交換することができる決済サービス"に関する特許を取得するなど、仮想通貨の利便性を高めるためのサービス開発に力を入れているため、将来的にはインターネット上の様々なサービスでBTCが気軽にやり取りされる環境が実現する可能性もあると期待されます。

2020年9月11日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は先月18日に130万円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年9月11日時点では「1BTC=1,082,772円」で取引されています。

2020年6月13日〜2020年9月11日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年6月13日〜2020年9月11日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【2019年DApps市場レポート】アクティブユーザー数は「2倍以上」に

【2019年DApps市場レポート】アクティブユーザー数は「2倍以上」に

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

XRPはビットコインよりも「環境に優しく、低コスト」カナダの大学教授が報告

XRPはビットコインよりも「環境に優しく、低コスト」カナダの大学教授が報告

ビットコイン記念モデルは「隙間産業」開拓のヒント|BINANCE CEOがHublotを賞賛

ビットコイン記念モデルは「隙間産業」開拓のヒント|BINANCE CEOがHublotを賞賛

未来の「ブロックチェーンプロジェクト」が業界に大きな変化を起こす:マイケル・ノボグラッツ

未来の「ブロックチェーンプロジェクト」が業界に大きな変化を起こす:マイケル・ノボグラッツ

【人気アナリスト】ビットコイン価格予想「51万円」が今後の注目ポイントに?

【人気アナリスト】ビットコイン価格予想「51万円」が今後の注目ポイントに?

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

ConsenSys:JPモルガンのブロックチェーン「Quorum」を買収

ConsenSys:JPモルガンのブロックチェーン「Quorum」を買収

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

【日本セキュリティトークン協会】大手総合建設コンサルタント会社「長大」が入会

【日本セキュリティトークン協会】大手総合建設コンサルタント会社「長大」が入会

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す