ビットフライヤー:イーサリアムクラシック(ETC)の「預入れ」一時停止へ

by BITTIMES

暗号資産取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」は2020年9月14日に、同社が取り扱っている「イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)」の預け入れを一時的に停止することを発表しました。

こちらから読む:GMOコイン、"Sparkトークン付与"対応を検討「国内ニュース」

ETC預入れ「9月15日17時から」一時停止に

bitFlyer(ビットフライヤー)は2020年9月15日に、同社が取り扱っている暗号資産「イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)」で"51%攻撃"と呼ばれるシステム攻撃が原因とみられる再編成(リオーグ)が発生していることを受けて、顧客保護のために日本時間2020年9月15日17時00分からETCの預け入れを一時的に停止することを発表しました。

イーサリアムクラシック(ETC)のネットワークでは、2020年8月初旬から採掘速度の50%以上を支配することによって不正な取引を行うシステム攻撃である「51%攻撃」が複数回発生しており、一部の暗号資産取引所では一度の攻撃で数億円規模の資産を失うなど大きな影響が出ています。

このような影響を受けて日本国内の暗号資産取引所でも「ETC関連サービスの一時停止」が発表されており、先日は暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」もETCの購入・売却・積立サービスを一時的に停止することを発表しています。

なお「ビットフライヤー」と「コインチェック」は共に『ETC関連サービスの再開日時は未定である』と説明しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

パリ・サンジェルマンFC:Sociosアプリで「$PSGデジタルコレクティブル」提供へ

パリ・サンジェルマンFC:Sociosアプリで「$PSGデジタルコレクティブル」提供へ

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説