バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

by BITTIMES

バハマの中央銀行が同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「Sand Dollars(サンドドル)」を2020年10月中に公開する予定であることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:マスターカード、"CBDCのテスト環境"提供へ「CBDC」関連ニュース

中央銀行デジタル通貨「10月中」に発行予定

バハマ中央銀行(CBOB)は自然災害対策なども踏まえて中央銀行デジタル通貨(CBDC)「Sand Dollars(サンドドル)」の発行に向けた取り組みを早い段階から開始していましたが、「Bloomberg」の報道によるとサンドドルは2020年10月中にも発行される予定だとされています。

中央銀行デジタル通貨はすでに複数の国で研究・開発が進められていますが、日常生活の決済などで利用できるCBDCが正式に発行されるのはサンドドルが初になるとも報じられています。

バハマは700を超える島によって構成されていますが、バハマ中央銀行のeソリューション担当アシスタントマネージャーであるChaozhen Chen(チャオジェン・チェン)氏はブルームバーグに対して『離島の住民の多くはデジタル決済インフラや銀行インフラにアクセスできない』と述べており、サンドドルの発行がバハマにおける金融包摂を目的としたものであることを説明しています。

離島の住民の多くはデジタル決済インフラや銀行インフラにアクセスできません。私たちは主権国家として必要なものにあわせてこの取り組みとソリューションをカスタマイズする必要がありました。

Sand Dollars(サンドドル)の仕組みについて

Sand Dollars(サンドドル)は米ドルのペッグ通貨でもあるバハマドル(BSD)に1対1の割合で裏付けられたデジタル通貨であり、利用者は携帯電話を使用して送受金・保管・決済を行うことができるようになっています。

すでにモバイル決済サービスを利用している人々からすると、サンドドルはそれらの電子マネーとそれほど大きく変わらないものの、法定通貨取引を円滑にするための取り組みを行なっている決済サービスプロバイダーからすると、サンドドルは決済プロセスを簡単にするための重要なものになると説明されています。

また「サンドドルはデジタル通貨ではあるものの、ビットコインイーサリアムなどの仮想通貨とは大きく異なるものである」ということも説明されています。ビットコインなどの暗号資産は一定の匿名性を有しており、法定通貨との直接的な結びつきがないものの、サンドドルは単純に「バハマドルのデジタル通貨バージョン」として機能します。

チェン氏によると、サンドドルは需要に応じて発行されることになっており、法定通貨の供給に悪影響を及ぼさないようにするためにサンドドルを発行する際にはその発行量に応じて物理的なバハマドルが焼却される仕組みになっているとされています。また「サンドドル」はバハマドルと同じ規制の対象となるため、マネーロンダリング防止対策や本人確認(KYC)が適用されることになるとのことです。

サンドドルは携帯電話を用いて管理・利用されることになりますが、バハマでは人口の約90%が携帯電話をすでに使用しているため、サンドドルも広く普及する可能性があると期待されています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

英規制当局「仮想通貨ATMに停止命令」一般利用者にも注意喚起

英規制当局「仮想通貨ATMに停止命令」一般利用者にも注意喚起

Socios.com:NBA所属のプロバスケチーム「Portland Trail Blazers」と提携

Socios.com:NBA所属のプロバスケチーム「Portland Trail Blazers」と提携

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ネオ(NEO)の「先物取引」提供へ

ジャスミー×日本旅行「旅行産業のDXに向けた実証実験」の検討を開始

ジャスミー×日本旅行「旅行産業のDXに向けた実証実験」の検討を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

中央アフリカ共和国:BTC法定通貨化に続き「鉱物資源のトークン化」を計画

中央アフリカ共和国:BTC法定通貨化に続き「鉱物資源のトークン化」を計画

Kraken:現金5,000円が当たる「新規口座開設キャンペーン」開始

Kraken:現金5,000円が当たる「新規口座開設キャンペーン」開始

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

100%国内太陽光発電のマイニング運用サービス「FUELSOLAR」提供開始:FUELHASH

100%国内太陽光発電のマイニング運用サービス「FUELSOLAR」提供開始:FUELHASH

前澤友作氏:Web3で遊ぼう「MZ CLUB」立ち上げ|各種プロジェクトとコラボ

前澤友作氏:Web3で遊ぼう「MZ CLUB」立ち上げ|各種プロジェクトとコラボ

Zaif:最大3,000円相当のカイカコインがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

Zaif:最大3,000円相当のカイカコインがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

カルダノ創設者:米国下院農業委員会で「暗号資産・ブロックチェーン」について講演へ

カルダノ創設者:米国下院農業委員会で「暗号資産・ブロックチェーン」について講演へ

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」発表|PLT Placeで販売予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」発表|PLT Placeで販売予定

メタバース特化ブロックチェーン「MOOI Network」を正式ローンチ:POST VOYAGER

メタバース特化ブロックチェーン「MOOI Network」を正式ローンチ:POST VOYAGER

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す