バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

by BITTIMES

バハマの中央銀行が同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「Sand Dollars(サンドドル)」を2020年10月中に公開する予定であることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:マスターカード、"CBDCのテスト環境"提供へ「CBDC」関連ニュース

中央銀行デジタル通貨「10月中」に発行予定

バハマ中央銀行(CBOB)は自然災害対策なども踏まえて中央銀行デジタル通貨(CBDC)「Sand Dollars(サンドドル)」の発行に向けた取り組みを早い段階から開始していましたが、「Bloomberg」の報道によるとサンドドルは2020年10月中にも発行される予定だとされています。

中央銀行デジタル通貨はすでに複数の国で研究・開発が進められていますが、日常生活の決済などで利用できるCBDCが正式に発行されるのはサンドドルが初になるとも報じられています。

バハマは700を超える島によって構成されていますが、バハマ中央銀行のeソリューション担当アシスタントマネージャーであるChaozhen Chen(チャオジェン・チェン)氏はブルームバーグに対して『離島の住民の多くはデジタル決済インフラや銀行インフラにアクセスできない』と述べており、サンドドルの発行がバハマにおける金融包摂を目的としたものであることを説明しています。

離島の住民の多くはデジタル決済インフラや銀行インフラにアクセスできません。私たちは主権国家として必要なものにあわせてこの取り組みとソリューションをカスタマイズする必要がありました。

Sand Dollars(サンドドル)の仕組みについて

Sand Dollars(サンドドル)は米ドルのペッグ通貨でもあるバハマドル(BSD)に1対1の割合で裏付けられたデジタル通貨であり、利用者は携帯電話を使用して送受金・保管・決済を行うことができるようになっています。

すでにモバイル決済サービスを利用している人々からすると、サンドドルはそれらの電子マネーとそれほど大きく変わらないものの、法定通貨取引を円滑にするための取り組みを行なっている決済サービスプロバイダーからすると、サンドドルは決済プロセスを簡単にするための重要なものになると説明されています。

また「サンドドルはデジタル通貨ではあるものの、ビットコインイーサリアムなどの仮想通貨とは大きく異なるものである」ということも説明されています。ビットコインなどの暗号資産は一定の匿名性を有しており、法定通貨との直接的な結びつきがないものの、サンドドルは単純に「バハマドルのデジタル通貨バージョン」として機能します。

チェン氏によると、サンドドルは需要に応じて発行されることになっており、法定通貨の供給に悪影響を及ぼさないようにするためにサンドドルを発行する際にはその発行量に応じて物理的なバハマドルが焼却される仕組みになっているとされています。また「サンドドル」はバハマドルと同じ規制の対象となるため、マネーロンダリング防止対策や本人確認(KYC)が適用されることになるとのことです。

サンドドルは携帯電話を用いて管理・利用されることになりますが、バハマでは人口の約90%が携帯電話をすでに使用しているため、サンドドルも広く普及する可能性があると期待されています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン認証された「公式グッズオークション」開催:サクラメント・キングス

ブロックチェーン認証された「公式グッズオークション」開催:サクラメント・キングス

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

ブロックチェーンは汚職を防止し、建設業界に「信頼」をもたらす:オートデスクCEO

ブロックチェーンは汚職を防止し、建設業界に「信頼」をもたらす:オートデスクCEO

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

長期的視野で「貯蓄」を|ビットコイン「1,000万円」超えを予想:元GoldmanSachsアナリスト

長期的視野で「貯蓄」を|ビットコイン「1,000万円」超えを予想:元GoldmanSachsアナリスト

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月14日〜20日

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す