バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

by BITTIMES

バハマの中央銀行が同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「Sand Dollars(サンドドル)」を2020年10月中に公開する予定であることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:マスターカード、"CBDCのテスト環境"提供へ「CBDC」関連ニュース

中央銀行デジタル通貨「10月中」に発行予定

バハマ中央銀行(CBOB)は自然災害対策なども踏まえて中央銀行デジタル通貨(CBDC)「Sand Dollars(サンドドル)」の発行に向けた取り組みを早い段階から開始していましたが、「Bloomberg」の報道によるとサンドドルは2020年10月中にも発行される予定だとされています。

中央銀行デジタル通貨はすでに複数の国で研究・開発が進められていますが、日常生活の決済などで利用できるCBDCが正式に発行されるのはサンドドルが初になるとも報じられています。

バハマは700を超える島によって構成されていますが、バハマ中央銀行のeソリューション担当アシスタントマネージャーであるChaozhen Chen(チャオジェン・チェン)氏はブルームバーグに対して『離島の住民の多くはデジタル決済インフラや銀行インフラにアクセスできない』と述べており、サンドドルの発行がバハマにおける金融包摂を目的としたものであることを説明しています。

離島の住民の多くはデジタル決済インフラや銀行インフラにアクセスできません。私たちは主権国家として必要なものにあわせてこの取り組みとソリューションをカスタマイズする必要がありました。

Sand Dollars(サンドドル)の仕組みについて

Sand Dollars(サンドドル)は米ドルのペッグ通貨でもあるバハマドル(BSD)に1対1の割合で裏付けられたデジタル通貨であり、利用者は携帯電話を使用して送受金・保管・決済を行うことができるようになっています。

すでにモバイル決済サービスを利用している人々からすると、サンドドルはそれらの電子マネーとそれほど大きく変わらないものの、法定通貨取引を円滑にするための取り組みを行なっている決済サービスプロバイダーからすると、サンドドルは決済プロセスを簡単にするための重要なものになると説明されています。

また「サンドドルはデジタル通貨ではあるものの、ビットコインイーサリアムなどの仮想通貨とは大きく異なるものである」ということも説明されています。ビットコインなどの暗号資産は一定の匿名性を有しており、法定通貨との直接的な結びつきがないものの、サンドドルは単純に「バハマドルのデジタル通貨バージョン」として機能します。

チェン氏によると、サンドドルは需要に応じて発行されることになっており、法定通貨の供給に悪影響を及ぼさないようにするためにサンドドルを発行する際にはその発行量に応じて物理的なバハマドルが焼却される仕組みになっているとされています。また「サンドドル」はバハマドルと同じ規制の対象となるため、マネーロンダリング防止対策や本人確認(KYC)が適用されることになるとのことです。

サンドドルは携帯電話を用いて管理・利用されることになりますが、バハマでは人口の約90%が携帯電話をすでに使用しているため、サンドドルも広く普及する可能性があると期待されています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)の大型アップグレード「Vasil」実施予定日が決定

Cardano(ADA)の大型アップグレード「Vasil」実施予定日が決定

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

コインチェック:国内初「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取り扱いへ

コインチェック:国内初「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取り扱いへ

ブロックチェーンゲーム資産の「市場価値」を簡単確認|Blockchain Game Infoに新機能追加

ブロックチェーンゲーム資産の「市場価値」を簡単確認|Blockchain Game Infoに新機能追加

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

HEXA:スマホゲームアプリ「トニーくん」シリーズのアプリアイコンNFT販売へ

HEXA:スマホゲームアプリ「トニーくん」シリーズのアプリアイコンNFT販売へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す