バハマ中央銀行「CBDCと他国通貨の相互運用」を可能に|今月20日にも全国展開

by BITTIMES

バハマ中央銀行(CBOB)が同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「Sand Dollars(サンドドル)」をその他の国の法定通貨と相互運用できるようにすることを計画していることが「The Nassau Guardian」の報道で明らかになりました。サンドドルは2020年10月20日にも全国展開される予定だと報告されています。

こちらから読む:G7、中央銀行デジタル通貨の"重要3要素"を強調「CBDC」関連ニュース

「他国通貨・ウォレットとの連携」に向けて

バハマ中央銀行(CBOB)は同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「Sand Dollars(サンドドル)」のテストを2019年12月から開始しており、これまでにはエグズーマ島やアバコ諸島などで実際に試験導入が行われたことが報告されていましたが、今回の報道ではバハマ中央銀行が"サンドドルとグローバル通貨の相互運用"に取り組んでいることが報告されています。

地元メディアである「The Nassau Guardian」の報道によると、バハマ中央銀行の電子ソリューション担当アシスタントマネージャーであるBobby Chen(ボビー・チェン)氏は『サンドドルは現在国内のみで使用されているものの、最終的に他の国際的な通貨と相互運用が可能になるソリューションに取り組んでいる』と語ったと報じられています。

また、バハマ中央銀行の銀行部門責任者であるCleopatra Davis(クレオパトラ・デイビス)氏は『サンドドルとその他ウォレットの相互運用性も非常に重要である』ともコメントており、これによってユーザーは銀行口座との間でサンドドルを移動することができるようになり、法定通貨への変換が更に容易になると説明しています。

「APIカードレス・オフライン機能」の重要性も強調

Cleopatra Davis(クレオパトラ・デイビス)氏は、サンドドルの全国展開に向けた重要な取り組みとして「APIカードレス」や「オフライン機能」も挙げています。

バハマではスマートフォンなどを有していない人々のために「カード型のウォレット」も展開しているものの、新型コロナウイルス の影響で"非接触型システム"の必要性が高まっているため、カードなしでサンドドルにアクセスできる仕組みが必要であることが説明されています。

「オフライン機能」は昨年から重要性が強調されている機能の1つであり、ハリケーンなどの自然災害が発生して携帯電話回線が使用できなくなった場合に、オフライン環境下で通貨をやり取りできる仕組みが必要であることが説明されています。

Sand Dollars(サンドドル)は以前の報道で『2020年10月に発行される予定』だと報じられていましたが、今回の報道では『バハマ中央銀行は2020年10月20日にデジタル法定通貨を全国的にリリースする予定』だと報告されています。

>>「The Nassau Guardian」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

BOSCH:IOTA用いた「電子決済システム」で特許申請

BOSCH:IOTA用いた「電子決済システム」で特許申請

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

注目度の高い仮想通貨ニュース

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す