Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

by BITTIMES

現在世界各国では「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」に向けた本格的な研究・開発が進められていますが、Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は2020年9月24日に投稿したツイートで『CBDCを開発・導入する際には"相互運用性"を持たせることが非常に重要である』ということを説明しています。

こちらから読む:Ontology、自動車大手"ダイムラー"と提携「暗号資産」関連ニュース

CBDC導入における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple(リップル)社は2020年9月24日に『相互運用性は中央銀行デジタル通貨(CBDC)の勝者と敗者を決定する』というタイトルの記事を公開しました。

この記事では「CBDCの発行が現実化してきている現代社会では"相互運用性"が非常に重要になる」ということが説明されており、Ripple社がそのような相互運用性を実現するために「決済サービスプロバイダー・金融機関・フィンテック企業」などといった様々な企業・組織と協力して開発に取り組んでいることが強調されています。

Ripple社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は2020年9月24日のツイートでこの記事を引用し、『世界中でCBDCの導入が検討されているが、相互運用性を優先しなかった場合にはこれまでと同様の"連携が取れていない孤立したシステム"が再構築されるだけである』と説明を行いました。

世界中の中央銀行の70%以上がCBDCの導入を検討しています。そして非常に明確なことの1つは「相互運用性が重要である」ということです。これを優先しなかった場合には、同じサイロ化されたシステムを再構築するだけです。

XRPは中央銀行デジタル通貨の「架け橋」に

一部では『中央銀行デジタル通貨が発行されるようになれば、XRPのような仮想通貨はその立場を脅かされることになる』といった意見が出ていますが、ガーリングハウス氏はそのようには考えておらず『XRPは様々な中央銀行デジタル通貨の"架け橋"になる』と確信しています。

Ripple社が提供している決済ネットワークやソリューションは、中央銀行デジタル通貨を含めた様々な通貨・デジタル資産をスムーズかつ低コストで交換できる環境を実現しているため、CBDCと競争するのではなく、CBDCの利便性をさらに高めるツールとして機能することになると予想されます。

リップル社は先日公開した記事の中で『私たちはCBDCの出現を歓迎する』と述べており、『私たちは引き続き世界中の中央銀行と協力して、CBDCと独立したデジタル資産が共存・相互補完できる環境を構築し、情報と同じようにお金が自由に移動する"価値のあるインターネット"を実現する』と語っています。

私たちは世界中に住む何十億もの人々に恩恵を与えるであろうデジタル通貨と送金システムの導入と発展を推進する新たな存在として「CBDC」の出現を歓迎します。ただし新たに開発される各CBDCは、相互運用性を考慮して設計を行い、インターネットを介した情報のグローバル化においてこれほどの成功を収めたオープン標準とプロトコルの一種を利用することが重要です。

私たちは『1つのデジタル資産が全てを支配することになる』とは考えていません。また"分散型"であろうと"政府支援型"であろうと「支配的なデジタル通貨」が世界経済にとって良いことだとも思っていません。その代わりに私たちは、引き続き世界中の各中央銀行と協力して、CBDCと独立したデジタル資産が共存・相互補完できる環境を構築し、お金が今日の情報と同じように自由に行き来できる"価値のインターネット(IoV)"を実現します。

>>「Ripple社」が公開した記事はこちら

2020年9月27日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月24日に23円付近まで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年9月27日時点では「1XRP=25.81円」で取引されています。

2020年4月1日〜2020年9月27日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月1日〜2020年9月27日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

NEM&Symbol:新体制構築などに向けたハードフォーク「Harlock・Cyprus」を発表

NEM&Symbol:新体制構築などに向けたハードフォーク「Harlock・Cyprus」を発表

ビットコイン、ついに「上昇トレンド」突入か|S2Fモデルで強気相場前のシグナル点灯

ビットコイン、ついに「上昇トレンド」突入か|S2Fモデルで強気相場前のシグナル点灯

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

モスバーガー:メタバース上の月面空間に「初の仮想店舗」展開へ|9月14日オープン

モスバーガー:メタバース上の月面空間に「初の仮想店舗」展開へ|9月14日オープン

NFTマーケットプレイス「HEXA(ヘキサ)」とは?基本情報・特徴などを解説

NFTマーケットプレイス「HEXA(ヘキサ)」とは?基本情報・特徴などを解説

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

米議員「アルゴリズム型ステーブルコインの発行禁止する法案」準備か=報道

米議員「アルゴリズム型ステーブルコインの発行禁止する法案」準備か=報道

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

ロシア:友好国との国際貿易で「ステーブルコイン決済基盤」を構築=報道

ロシア:友好国との国際貿易で「ステーブルコイン決済基盤」を構築=報道

DMMビットコイン:CHZ取扱記念「ファントークンプレゼントキャンペーン」開始

DMMビットコイン:CHZ取扱記念「ファントークンプレゼントキャンペーン」開始

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

DappRadar:カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン対応へ

DappRadar:カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン対応へ

Tesla:サイバートラック関連アイテムの販売「DOGE決済のみ」に対応

Tesla:サイバートラック関連アイテムの販売「DOGE決済のみ」に対応

Huobi Japan:販売所・取引所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱いへ

Chiliz:メキシコのサッカークラブ「Tigres UANL」と提携|$TIGRESファントークン発行へ

Chiliz:メキシコのサッカークラブ「Tigres UANL」と提携|$TIGRESファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す