ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

by BITTIMES   

暗号資産取引所「bitbank(ビットバンク)」は2020年10月23日に、日本円の入金方法として新しく「GMOあおぞらネット銀行」を追加したことを発表しました。

こちらから読む:DMMビットコイン、国内初"BitMatch注文"提供へ「国内ニュース」

24時間365日リアルタイムで「振込・口座反映」が可能

bitbank(ビットバンク)は2020年10月23日に、日本円の入金方法として新しく「GMOあおぞらネット銀行」を追加したことを発表しました。GMOあおぞらネット銀行入金口を利用して日本円を入金した場合には、原則として24時間365日リアルタイムで日本円の振り込み・口座反映を行うことが可能です。

なお、ビットバンクは日本円の入金方法として「GMOあおぞらネット銀行」の他に「住信SBIネット銀行」も提供しています。bitbank側の日本円入金手数料は"無料"となっているため、ユーザーは自分が使用している銀行の入金手数料のみで入金を行うことが可能です。

ビットバンクはここ最近でサービスの拡大を図っており、今年9月には新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」の取り扱いを開始、10月5日には暗号資産6種類に対応した「暗号資産の販売所サービス」を開始しています。

ビットバンクは2020年10月24日時点で以下7種類の暗号資産を取り扱っています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
モナコイン(Monacoin/MONA)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCC)

>>「bitbank」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ASICS × Solana「限定モデルのランニングシューズ」を発売|STEPNで利用可能なNFTも

ASICS × Solana「限定モデルのランニングシューズ」を発売|STEPNで利用可能なNFTも

コインチェック:Symbol(XYM)エアドロップ「2月16日」に実施|貸暗号資産でもサポート

コインチェック:Symbol(XYM)エアドロップ「2月16日」に実施|貸暗号資産でもサポート

adidas:ブロックチェーンも扱うデジタル完結型ファッションスタジオ「The Fabricant」と提携

adidas:ブロックチェーンも扱うデジタル完結型ファッションスタジオ「The Fabricant」と提携

CoinMarketCap「トークンスワップ機能」提供開始|暗号資産の交換がより簡単に

CoinMarketCap「トークンスワップ機能」提供開始|暗号資産の交換がより簡単に

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

BINANCE:ブロックチェーンチャリティー活動を通じて「マルタの子供たち」を支援

BINANCE:ブロックチェーンチャリティー活動を通じて「マルタの子供たち」を支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説